千葉県印西市はニュータウンだけではなかった!この地に伝わる?謎を読み解く連載企画“ミステリー・イン・印西”。遂に完結! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

千葉県印西市はニュータウンだけではなかった!この地に伝わる?謎を読み解く連載企画“ミステリー・イン・印西”。遂に完結!

PR TIMES

同市出身の推理作家・白井智之が、印西にまつわる謎を解決!?果たして謎は解けるのか?結末はいかに!



- 株式会社ポニーキャニオン



 

 千葉県印西市では、シティプロモーションの一環として、市民とともに新しい“印西らしさ”をつくるプロジェクト特設サイト「MAKE INZAI ORIGINAL(メイク・インザイ・オリジナル)」を一昨年開設。(株)ポニーキャニオンによって制作された同サイト内の連載企画「MYSTERY in INZAI(ミステリー・イン・インザイ)」が遂に完結した。

 「MYSTERY in INZAI」とは、市民から募集した印西にまつわる疑問や日常風景で見かける謎を、同市出身の推理作家、白井智之氏が、推理作家ならではの視点と発想で読み解く企画。

 市内の日常風景で見かける謎から、戦時中にこの地に実在した印旛飛行場の謎、奈良時代に創建されたといわれる、真言宗豊山派の寺院である松虫寺に伝わる「松虫姫の伝説」の謎などが10回にわたり連載されている。

 白井智之氏といえば、『人間の顔は食べづらい』『東京結合人間』『お前の彼女は二階で茹で死に』『少女を殺す100の方法』・・・・そんな作品タイトルからも想像される奇想天外な世界観と、そこで展開する精緻な推理劇にファンも多い本格ミステリー作家である。白井氏自身もメディアへの露出は少なく、インタビューはあっても顔出しはせず、まさに「謎」の作家。同市出身者ならではの解釈やディテールの表現も見どころのひとつである。



 さらに、同じく「MAKE INZAI ORIGINAL」内で連載中の、同市に暮らす個性的な人材に焦点を当てたインタビュー企画「インザイのジンザイ」も最終話を公開。市内で働く方や甲子園球児等を取り上げてきた本企画のラストを締めくくるのは、市のマスコットキャラクター“いんザイ君”。インタビューは成立しているのか?同サイトでは、その他様々なプロジェクトが公開されているので、合わせて特設サイトを確認してほしい。

特設サイトは以下。

MAKE INZAI ORIGINAL: http://makeinzaioriginal.com



白井智之(シライ・トモユキ)

 1990年千葉県印西市生まれ。東北大学法学部卒業。第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補作『人間の顔は食べづらい』で、2014年にデビュー。2015年に刊行した『東京結合人間』が第69回日本推理作家協会賞候補、2016年に刊行した『おやすみ人面瘡』が第17回本格ミステリ大賞候補となる。他の著作に『少女を殺す100の方法』『お前の彼女は二階で茹で死に』『そして誰も死ななかった』がある。新刊に『名探偵のはらわた』。

◆印西市とは・・・◆

 印西市は、千葉県北西部に位置し、東京の都心から約40km、千葉市から約20km、成田国際空港から約15kmに位置する、人口10万人の市。印西市と周辺2市に広がる「千葉ニュータウン」があり、三方を利根川、印旛沼、手賀沼に囲まれた水と緑豊かな環境で、都心のベッドタウンとして、東京からの通勤圏にもなっている同市。暮らしやすい市として近年人口が増加している。

■印西市HP http://www.city.inzai.lg.jp/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい