doublejump.tokyoが、NFTを核にエンターテイメントのDXを推進する、NFT事業支援サービス「NFTPLUS」を発表! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

doublejump.tokyoが、NFTを核にエンターテイメントのDXを推進する、NFT事業支援サービス「NFTPLUS」を発表!

PR TIMES

- doublejump.tokyo inc.



ブロックチェーン技術を用いたコンテンツ開発を行うdoublejump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、NFT(※1)事業支援サービス『NFTPLUS』を開始することを発表しました。

■『NFTPLUS』提供開始の背景

doublejump.tokyoは、これまでブロックチェーン技術を活用したNFTゲームを中心に、先駆的にNFT活用のユースケースを多数創出してまいりました。

昨今NFTが世界的に盛り上がりを見せる中、doublejump.tokyoは「世界に誇る日本のコンテンツホルダー・クリエイターの皆様の価値の最大化」を、NFTを通じてサポート・プロデュースしてまいります。

今後、メタバースとよばれるようなバーチャル空間上で人々がコミュニケーションをはかり、様々なアイテムを纏い、サービスを利用するという世界線が期待されています。従来であればサービスに閉じたアイテムでしたが、NFTを用いることでサービスの垣根を超えてメタバース的活用が可能になると考えています。そうした世界が、現在のリアル世界以上の市場となり、日本のコンテンツホルダー・クリエイターの皆様が国境を超えて活躍できる場となることを願い、NFTの新たなユースケースを積極的に模索し、チャレンジしてまいります。



■NFT事業支援サービス「NFTPLUS」について

1.NFTプロデュース事業

コンテンツホルダーの実現したいニーズにあわせ、NFT発行・販売の戦略策定、コンセプト設計、UI/UXデザイン、開発やさらには採用するブロックチェーン選定やNFT特有の法務、税務までをワンストップで提供。



2.NFT発行販売サポート事業

NFTプロデュースを実施する上で必要な、NFT発行・販売の要素をフレームワークとして活用し、顧客ニーズに合わせた最適なソリューションを提供いたします。

二次流通収益分配処理や上場企業の会計処理に対応できる売上集計や、独自コントラクトの発行も支援いたします。



■今後の展望

IPコンテンツホルダー様を中心にNFT事業の立ち上げ支援や、既存事業とNFTの連携検討、NFTを活用したDX支援など推進してまいりたいと考えております。

NFTを中心としたブロックチェーンの知見や、グローバルNFTマーケット、ブロックチェーンプロジェクトとのコネクションを活用し、サービスやプロダクトに依存しないソリューションを提供いたします。



※1 NFT(Non-Fungible Token)は、ゲームのキャラクターやアイテム、トレーディングカードから、アートや権利のデジタル化といったユースケースが期待される代替性のないトークンを表す言葉。トークンはブロックチェーン上で、所有、譲渡を管理することができる。代表的な規格にイーサリアムで利用されるERC-721がある。



■double jump.tokyoについて

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、数多くのゲーム(モバイルソーシャルゲーム、PCオンラインゲーム、家庭用ゲーム等)およびプラットフォームの開発・運営、ブロックチェーン技術および暗号資産を含むファイナンスにおけるノウハウを有するメンバーにより、2018年4月3日に設立。

ブロックチェーンゲーム開発基盤「MCH+」を軸に、「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などの人気ブロックチェーンゲームの提供、NFT販売のプロデュースを行っている。



会社名:double jump.tokyo株式会社

所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7

代表者:代表取締役 上野広伸

事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売

ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/



■本件に関する協業検討・メディアに関するお問い合わせ先はこちら



担当:double jump.tokyo株式会社 松谷(マツヤ)

メールアドレス:contact@nftplus.io


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい