#エイプリルフー ノーベル文学賞決定! 中村航「BanG Dream! バンドリ」 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

#エイプリルフー ノーベル文学賞決定! 中村航「BanG Dream! バンドリ」

PR TIMES

- ステキコンテンツ合同会社



スウェーデン・ステキデミーは4月1日、2021年のノーベル文学賞を岐阜県出身の日本人作家、中村航(52)に授与すると発表した。賞金は10スウェーデン・クローナ。



発表の瞬間、会場の報道陣から驚きの声が漏れ、拍手が続いた。

受賞の決め手となった作品は、『BanG Dream! バンドリ』。

授賞理由は「心を揺さぶる力を持った小説を通じ、5人の女子高生がバンドを結成する過程を丁寧に描き、激しい尊みを生み出した」。授賞式は適当な日にストックホルムで開く。



中村氏は同日、取材に対し「よっしゃ! 受賞すると思っていなかったので、びっくりしちゃった。バンドリーマーに感謝の気持ちをお届けしたい」と語った。

中村氏は1969年岐阜県大垣市生まれ。2002年に『リレキショ』で第39回文藝賞を受賞してデビュー。2003年に『夏休み』、『ぐるぐるまわるすべり台』で2回連続で芥川賞候補に。『100回泣くこと』はベストセラーとなり、『トリガール!』『デビクロくんの恋と魔法』など映画化された作品も多い。最新作は『広告の会社、作りました』。



芥川賞を受賞することはできなかったが、ノーベル文学賞を受賞したことについて、中村氏は「芥川賞も直木賞も、いまからどっちも取りにいく」と語った。また、中村氏が昨年立ち上げた出版社「ステキブックス」が3月に刊行した『僕らは風に吹かれて』(河邉徹 著)は好評発売中。



・『僕らは風に吹かれて』特設ページ

https://sutekibooks.com/special/bokurawa/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい