日本女子陸上競技 長距離ランナーアース製薬が新谷仁美選手とパフォーマンスパートナー契約を締結 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本女子陸上競技 長距離ランナーアース製薬が新谷仁美選手とパフォーマンスパートナー契約を締結

PR TIMES
新谷仁美選手

新谷仁美選手

- アース製薬株式会社



 アース製薬株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:川端克宜、以下 「アース製薬」)は、積水化学女子陸上競技部(セキスイフェアリーズ)に所属する、新谷仁美選手とのパフォーマンスパートナー契約を締結いたしました。

【パフォーマンスパートナー契約締結の背景】

新谷仁美選手は、2020年の日本陸上競技選手権10000mで優勝。見事に東京2020オリンピックの陸上女子10000mで日本女子代表に内定しました。とにかく結果にこだわり「勝負の年」と語る2021年、新谷選手が目指すのは、東京2020オリンピックでのメダル獲得です。



輝かしいトップアスリートとしての活躍だけではなく、ひとりの女性として様々なチャレンジをし、スポーツ界に変革をもたらそうと日々奮闘している新谷選手を応援するため、この度パフォーマンスパートナー契約を締結いたしました。



【新谷仁美選手のコメント】

この度、アース製薬様とパフォーマンスパートナー契約を締結させて頂くことになりました。

私が大事にしている「結果」を出すには、体のメンテナンスは欠かせません。メンテナンスの中でも入浴を効果的に行うコンディショニングは重要視してまいりました。そのため、アース製薬様の入浴剤や日用品などを通して、疲労回復や競技力向上のサポートをして頂けることをとても嬉しく、また頼もしく思っております。

最高のパフォーマンスを皆様にお見せできるようにアース製薬様と共に歩んで参りたいと思っております。



【新谷仁美選手のプロフィール】

●所属:積水化学女子陸上競技部(セキスイフェアリーズ)

●競技:陸上競技 長距離走

●生年月日:1988年2月26日

●出身地:岡山県総社市

●出身校:興譲館高校

●経歴:

・2005年 興譲館高校 全国高校駅伝で優勝

・2006年 豊田自動織機 女子陸上競技部に入部

・2014年 右足裏の故障により引退を表明

・2018年 5年のブランクを経てNIKE TOKYO TC所属で復帰

・2019年 所属先のNIKE TOKYO TCが成績不振を理由に解散

・2020年 積水化学女子陸上競技部(セキスイフェアリーズ)に移籍

      東京2020オリンピック選考会10000m 日本新記録で優勝(東京2020オリンピック代表内定)

●主な成績:

・2012年6月 第96回日本選手権女子5000m 優勝(ロンドンオリンピック出場決定)

・2013年6月 第97回日本選手権女子10000m 優勝

・2013年8月 世界陸上モスクワ大会10000m 5位(唯一の日本女子代表)

・2020年1月 Aramco Houston Half Marathon 優勝(14年ぶりにハーフマラソン日本新記録樹立)

・2020年12月 日本陸上競技選手権10000m 優勝(日本新記録、東京2020オリンピック代表内定)



アース製薬は、「生命と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する。」の経営理念のもと、これからも世界中のより多くの人々の暮らしに寄り添い、さらに豊かで快適な生活を実現できるよう貢献してまいります。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい