FMヨコハマ、地元神奈川の高校と連携協定を締結 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

FMヨコハマ、地元神奈川の高校と連携協定を締結

PR TIMES
左:横浜エフエム放送(株) 代表取締役社長 兒玉智彦 右:神奈川県立商工高等学校 校長 塩原正美

左:横浜エフエム放送(株) 代表取締役社長 兒玉智彦 右:神奈川県立商工高等学校 校長 塩原正美

【2021年4月1日より】



- 横浜エフエム放送株式会社



この度、横浜エフエム放送株式会社と神奈川県立商工高等学校は、相互に連携し交流を深めることにより、より実践的な教育、人材育成と地域社会貢献を目的に包括連携協定を締結しました。



        



FMヨコハマで、ラジオの新たな価値の創造を目指し展開している「エフヨコラボ」。その活動のひとつである「Fヨコ学校へ行く!」では、小学校や高校での授業を行ってまいりました。その中で、昨年、一昨年と神奈川県立商工高等学校(横浜市保土ヶ谷区今井町)と生徒のキャリア育成や地域貢献などを目的に、地域の取材やラジオ出演、番組作り、文化祭参加などの交流を実施。今後は、以下の内容を中心に連携協定を結び、更なる展開を行ってまいります。

<包括連携協定の主な内容>

・地域社会の貢献に関すること

・ラジオ事業に関する情報の共有に関すること

・教職員の資質向上(知識修得)に関すること

・就労支援に関すること



◆「エフヨコラボ」とは

エフヨコラボとは、「ラジオの新たな価値の創造」を目指して立ち上げたFMヨコハマの実験室です。学生がラジオやイベントに参加する企画「学校へ行こう」や、ラジオとの親和性の高く、変革著しい「カーライフ事業」への参画。更に、動画などの映像も意識したFMヨコハマ発のユーチューバー企画「エフチューバー」など、

今後も、ラジオの既成概念にとらわれない新しい企画・アイデアを生み出していきます。

同時に、FMヨコハマのホームグラウンドである「神奈川エリア」の更なる発展を目指して活動していきます。

FMヨコハマ

FMヨコハマは、神奈川県のFMラジオ局。周波数84.7MHz、関東一円でお聴きいただけます。

パソコン・スマホからは、radiko(https://radiko.jp/#!/live/YFM)でお聴きください。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい