地方創生SDGs官民連携プラットフォームへ、WakeAi(ワケアイ)が参加 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

地方創生SDGs官民連携プラットフォームへ、WakeAi(ワケアイ)が参加

PR TIMES

社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)を運営する株式会社WakeAi(本社:東京都港区、代表取締役社長:慎 祥允)は、このたび地方創生SDGs官民連携プラットフォームへ参加いたしました。



- 株式会社WakeAi



https://wakeai.net/

社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)を運営する株式会社WakeAiは、このたび内閣府が運営する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参加することを決定いたしました。WakeAiは今後もSDGs実現に向けた具体的な活動を行う事業体として、新しいロールモデルとなれるような企業となることを目指してまいります。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて



SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、

広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、内閣府が設置した地方創生SDGs官民連携プラットフォームです。



https://future-city.go.jp/

地方創生SDGsとは



地方創生は、少子高齢化に歯止めをかけ、地域の人口減少と地域経済の縮小を克服し、将来にわたって成長力を確保することを目指しています。



地方が将来にわたって成長力を確保するには、人々が安心して暮らせるような、持続可能なまちづくりと地域活性化が重要です。

特に、急速な人口減少が進む地域では、くらしの基盤の維持・再生を図ることが必要です。



持続可能なまちづくりや地域活性化に向けて取組を推進するに当たっては、SDGsの理念に沿って進めることにより、政策全体の全体最適化、地域課題解決の加速化という相乗効果が期待でき、地方創生の取組の一層の充実・深化につなげることができるため、SDGsを原動力とした地方創生を推進します。



SDGsにおいては、17のゴール、169のターゲットが設定されるとともに、進捗状況を測るための約230の指標(達成度を測定するための評価尺度)が提示されています。

これらを活用することにより、行政、民間事業者、市民等の異なるステークホルダー間で地方創生に向けた共通言語を持つことが可能となり、政策目標の理解が進展し、自治体業務の合理的な連携の促進が可能となります。

これらによって、地方創生の課題解決を一層促進することが期待されます。



出典:地方創生SGDsホームページ

WakeAi(ワケアイ)とは



新型コロナウイルスの影響により事業が立ち行かなくなってしまった事業者の商品を通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」でき、フードロスや食品ロス削減を推進、SDGsの実現も目指す「社会貢献型通販モール」です。



https://wakeai.net/



36万人のユーザーコミュニティを持つ国内最大のコロナ支援Facebookグループも運営。

2020年8月のクローズドオープンを経て2020年10月に正式リリース。すでに累計115,000件以上の注文を受注しています。

WakeAi(ワケアイ)が目指すSGDs実現に向けた取り組み

コロナ禍によって経済的打撃を受けた生産者様・事業者様を支援するために立ち上がったWakeAi(ワケアイ)ですが、今や社会貢献型通販モールWakeAi(ワケアイ)として、非常に多くの支援者ユーザーさまとご一緒に、事業者さまの商品を購入することで「買って応援、食べて応援」を実現でき、WakeAiの輪を広げることができております。



本来であればコロナ禍によって売り先を失った在庫や商品などを、消費者さまがお求めやすく買うだけで事業者支援をできるというWakeAiのシステムは、SDGs実現のための具体的な活動を行える可能性を多分に有しており、現時点において以下のような目標に向けた具体的活動を行っております。

12.つくる責任 つかう責任



生産者や事業者が抱える在庫や商品などを、廃棄することなく販売する場をご用意することで、フードロスや食品ロス削減のための支援を行っております。

また、今後も生産者や事業者が持続可能な形で経済活動を続けることのできる場の構築を目指して参ります。



関連情報:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000018230.html

1.貧困をなくそう



海外だけでなく、国内においても貧困問題が顕在化してきております。

特にシングルマザーやシングルファザーなどのひとり親家庭において、隠れ貧困層のような家庭が数多く存在する現実があります。

WakeAiは1月に初めてチャレンジした「WakeAiフードバンク(第一弾)」という活動によって、その問題の大きさを目の当たりにしました。

今後は「WakeAiフードバンク」の活動を持続可能な形で継続する方法を模索し、具体的な形で貧困をなくす活動に向き合ってまいります。



関連情報:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000072264.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000072264.html

8.働きがいも経済成長も



社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)の運営を通じて生まれたエコシステムを軸に、WakeAiに参加する事業者さまの経済的復元や経済的拡大によって副次的に発生する、地方での雇用の創出や回復、WakeAiから派生した新たな雇用の創出、また企業内での業務を、単なる惰性的な業務ではなく、社会貢献活動の一貫としてやりがいのある仕事として感じてもらえるような、働きがいと経済成長を両立させることのできる仕組みを構築することを目指してまいります。



関連情報:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000018230.html



その他SGDs(17の目標)にある目標もターゲットに見据えた上で、SDGs実現に向けたあらゆる活動を模索してまいります。



WakeAiは今後、SDGsの実現に向けた具体的な活動として、【WakeAi(ワケアイ】という企業体が行う事業活動が、1つの新しい形のロールモデルとなれますよう、今後もあらゆる可能性を見出してしてまいりたいと思っております。

■WakeAi運営会社

株式会社WakeAi

URL:https://wakeai.net/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい