日本初※!缶のふたを全開すると泡が自然に発生する商品!『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』4月20日(火)発売!コンビニエンスストアでは4月6日(火)先行発売! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本初※!缶のふたを全開すると泡が自然に発生する商品!『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』4月20日(火)発売!コンビニエンスストアでは4月6日(火)先行発売!

PR TIMES

- アサヒビール株式会社



 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、家庭内での飲用をより楽しく、ワクワクさせる、新しい価値を提供する商品として『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』を4月20日(火)から全国で発売します。酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日(火)から先行発売します。

※フルオープンかつ自然発泡する缶を用いた日本初の商品。(2020年9月Mintel社製品データベース及び当社調べ)



 『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』は、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる商品です。缶のふたが全開することで、麦芽の香りが感じやすくなるとともに口に流れる液量が多くなり、“生ジョッキ”のような感覚で飲用することができます。開栓直後に自然発生する泡は、缶体内側の特殊塗料により、通常の缶からビールをグラスに注いだ時に発生する泡よりもきめ細かく、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持されます。開栓したふたと缶体の飲み口は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造により、手や口を切る恐れがなく、安心して飲用することができます。

 パッケージデザインは、銀色の缶体をベースに「SUPER“DRY”」と「ASAHI」のロゴで「スーパードライ」らしさを表現するとともに、缶体上部の「泡が出る」「ゴクゴク飲める」という文言と、ビールの液色や“生ジョッキ”のイラストで商品の特長を訴求しています。



 店頭販促や広告では、「日本初。 開けた瞬間、まるで生ジョッキのうまさ。」をキーメッセージとしたプロモーション活動を積極的に展開します。TVCMに加え、WEBやSNSなどデジタルを活用した情報発信を強化することで、飲用喚起を図ります。



 当社が実施した調査によると「自宅では飲食店のような本格的な生ビールが味わえない」ことに不満を感じているお客さまは6割を超えています。本商品の発売を通じて、自宅などにおいて、飲食店で飲む樽生ビールのような味わいを気軽に楽しみたいというニーズにお応えします。



 「スーパードライ」は、1987年の発売以来“さらりとした飲み口、キレ味さえる辛口の生ビール”をコンセプトに品質・鮮度向上へ向けた挑戦を積み重ねてきました。中長期のブランドテーマを“THE JAPAN BRAND”と設定し、“最高品質の提供”と“飲用機会の拡大”を見据えた取り組みを強化しています。ブランドメッセージ“ビールがうまい。この瞬間がたまらない。”の下、様々な取り組みを展開することで、ビール需要の活性化に取り組みます。また、「スーパードライ」の一貫したブランド価値や特別な飲用体験を消費者に提供することで、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。



<商品開発担当>

アサヒビール株式会社 ビールマーケティング部 ブランドマネージャー 中島 健


 お客さまの声から、「お店で注文した生ビールがきた時のワクワク感とあのうまさを、家でも楽しみたい」というインサイトにたどり着き、商品開発がスタートしました。手や口を切らずに安全に全開するふたの開発、お店の生ジョッキと同等の泡立ちの実現など、お客さまが驚く商品になるまでさまざまな高いハードルがありましたが、スーパードライの歴史は挑戦の積み重ねです。“日本初”の生ジョッキ缶発売という大きな挑戦に向かって、全部門一丸となって、開発に取り組んできました。

 このスーパードライ生ジョッキ缶を通じてお客さまをワクワクさせ、ビールのうまさや楽しさを伝達し、当社のビジョン「すべてのお客さまに、最高の明日を。」を実現していきます。

【商品概要】

商品名:アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶

品目:ビール

発売品種:缶340ml

アルコール分:5%

発売日:4月20日(火)※コンビニエンスストアは4月6日(火)

製造工場:茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場

発売地区:全国

価格:オープン価格

商品情報:https://www.asahibeer.co.jp/superdry/namajokkikan/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい