MSI、7度の日本代表経験を持つ世界的なオーバークロッカー清水貴裕氏と、製品開発を含む専属契約の締結を発表 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

MSI、7度の日本代表経験を持つ世界的なオーバークロッカー清水貴裕氏と、製品開発を含む専属契約の締結を発表

PR TIMES

- エムエスアイコンピュータージャパン株式会社



 この度、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社(以下、MSI)は、世界的に活躍するオーバークロッカーの清水貴裕氏と専属契約を締結したことをお知らせいたします。



 清水氏は、各メディアでの執筆活動やYouTubeでの情報発信、イベント登壇や製品開発と幅広く活躍する日本を代表するトップオーバークロッカーです。

 この協業で、MSIは清水氏の競技活動及び、メディア活動をサポートする他、清水氏のフィードバックをより良い製品開発に役立てるとともに、MSIブランドの認知向上に一丸となって努めてまいります。

 今後は、清水氏のテストをクリアした認証マザーボードの展開や、専属契約を記念したキャンペーンを予定しております。



(左:エムエスアイコンピュータージャパン株式会社代表取締役社長Ricky Chiang、右:清水貴裕氏、

MSIスペシャルアドバイザー就任記念特別マザーボード「MEG B550 UNIFY-X Shimizu Edition」を手に記念撮影)



 オーバークロッカーとは、CPUやVGAなどの様々な部品を定格以上の周波数で動作させる競技であるオーバークロックをする人のことを指します。競技では安定性や発熱と引き換えに部品の性能を限界まで引き出すことが求められ、高度な知識と経験が求められます。



■エムエスアイコンピュータージャパン株式会社 代表取締役社長 Ricky Chiangのメッセージ

 オーバークロッカーとして世界トップレベルの実力で、豊富な製品知識や経験を持つ清水氏との協業は、MSIだけでなく業界全体の発展に大きく寄与すると思います。MSIの魅力を多くの方に知って頂けるよう、努めてまいります。



■清水貴裕氏のメッセージ

 革新的なアプローチで業界をリードするMSIと協業できることを喜ばしく思います。長年活動して得た知識や経験を製品開発やマーケティングの分野で共有し、MSIだけでなく自作PC業界全体の発展のため尽力して参る所存です。



■清水貴裕氏のプロフィール

 パソコンの速さを競う競技“オーバークロック”の世界大会に日本代表として7回出場。競技だけでなく、製品プロデュースやイベント登壇、各媒体での記事執筆からYouTubeチャンネルでの情報発信まで幅広く活躍中。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい