東京初上陸!ホリエモン発案のエンタメパン屋「小麦の奴隷」が期間限定で清澄白河にPOPUPストアを出店。北海道で大注目の「ザックザクカレーパン」がやってくる! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京初上陸!ホリエモン発案のエンタメパン屋「小麦の奴隷」が期間限定で清澄白河にPOPUPストアを出店。北海道で大注目の「ザックザクカレーパン」がやってくる!

PR TIMES
POP UPストア MITSUME清澄白河

POP UPストア MITSUME清澄白河

- アイエムエムフードサービス株式会社



北海道広尾郡大樹町。ロケットの町で知られる人口5,400人程度の小さな田舎町。大樹町で生まれたエンタメパン屋「小麦の奴隷」がPOPUPストアを期間限定で出店します。大人気のカレーパンを中心に本家の味を初披露。



株式会社こむぎの(北海道広尾郡大樹町西本通26番地 代表 橋本玄樹)が展開する新地方活性型ベーカリーブランド「小麦の奴隷(こむぎのどれい)」は、2020年春の開業と同時に行列のできる人気店となりました。多い日で300個以上作り上げるカレーパンは、開業約3ヶ月で1万個販売を達成。開業にあたっては、クラウドファンディングで資金を集め、都市部から若いオーナーが移住して始めるなど、新しいわくわくが沢山詰まったベーカリーブランドです。

●東京初上陸!大人気のザックザクカレーパンをひっさげ小麦の奴隷がやってくる!

日時 2020年10月3日(土)~ 2020年10月4日(日) 9:30~17:00(両日、売り切れ次第終了)

場所 MITSUME 清澄白河

住所 江東区常盤1-15-1 1F

●新・地方活性型ベーカリー 小麦の奴隷とは??

新・地方活性型ベーカリーと銘打ち堀江貴文氏発案の下、整体師や役者など多彩な経歴を持つ橋本玄樹氏、レモネードフランチャイズをわずか2年で60店舗にまで拡大させた手腕をもつ河村征治氏がタッグを組み起ち上げた、株式会社こむぎの(北海道大樹町)が展開するベーカリーフランチャイズ店です。

『田舎でオシャレなパン屋FCを展開するビジネス誰かやらない?』堀江氏が運営するHIU(堀江貴文イノベーション大学校)でのひと言から橋本氏が手を挙げスタートしたベーカリープロジェクト。豊かな地元の食材とこだわりの冷凍生地を使い、パン職人経験がなくても、フランチャイズ経験がなくても、老若男女問わず一から始められるサポート体制を整えました。深夜からの仕込みや重い粉類の運搬はもう必要ありません。今日食べてもまた明日食べたくなる、そんなパンを誰でも作ることができるのです。



フランチャイズ第1号店は北海道十勝は大樹町。株式会社こむぎのの代表でもあるオーナーの橋本さんは夫婦で大樹町に移住。開店資金をクラウドファンディングで募るなどSNSを駆使し、地元企業への行商販売スタイルなど、さまざまな新しい取り組みに挑戦しています。新聞やラジオなど地元メディアにも取り上げられ、小さな町に大きな活気を与える存在となっています。



当日ご用意するのは売り切れ必須のこちらの二品です。



●カレーパングランプリ2020決勝進出中! ザックザクカレーパン

なんといっても1番人気は北海道でもっともザックザクな食感と十勝大樹町高松農場さんのジャガイモがたっぷり入ったザックザクカレーパン。人口約5,400人の大樹町でわずか3カ月で1万個を売上げた名物商品です。カレーパングランプリ2020(主催:日本カレーパン協会)に決勝進出中!1個250円(税込)。この機会にぜひご賞味ください。

●感動のコラボが実現!「Comptoir Feu(コントワール フー)」

皆さんはかつて5,000円のカレーパンにめぐりあったことがあるでしょうか。

大阪は北新地に住所、電話番号非公開の知る人ぞ知る完全紹介制のレストランがあります。

その名は「Comptoir Feu(コントワール フー)」。 天才シェフが旬の最高級の食材を使い至高の一皿にまで昇華させる妙技は名だたる美食家を魅了し続けています。

そんな超がつく銘店と小麦の奴隷の感動のコラボが実現しました!フランスボルドーの上質の赤ワインとフォンドボーをベースに静岡のプラチナオニオンをたっぷりと加え濃厚で香り高く仕上げたルーに、小麦の奴隷の地元、十 勝のA5ランクの十勝和牛をゴロっと合わせ表面には豪華金粉をちりばめたゴールデンカレーパンに仕上げました。1個5,000円(税込)限定50個。一口食べれば心揺さぶる味に感動し、きっとめぐりあいに感謝することでしょう。



●人口5000人弱。地方で利益を上げる!小麦の奴隷フランチャイズ加盟店一次募集を開始。

小麦の奴隷ブランドを全国に広げるパートナーとして、フランチャイズ加盟店の一次募集を開始しています。

これまでの一般的なパン屋とは一線を画すスマート化された製造工程を構築。有名店とのコラボなど様々な新しい取り組みも予定しています。老若男女問いません。

9月5日、小麦の奴隷フランチャイズ説明会がYouTubeライブ配信されました。

▶https://youtu.be/SlovrMbX4hw

●進化するベーカリーフランチャイズ

ベーカリーの仕事は、開店のために深夜や早朝からの仕込みが当然とされてきました。重い粉運びから始まり、計量、調合、温度湿度管理。そして渾身の力を込める捏ね(機械の場合は多額の初期投資が必要)立ちっぱなしの長時間に及ぶ業務はブラックとも言われています。

そこに小麦の奴隷は挑戦しました。こだわりの冷凍生地の開発に成功したのです。粉運びから捏ねまでの工程をカットすることにより、業務の負担を大幅に削減することができました。

そこからのステップは成形、発酵、焼成と生生地(なまきじ)も冷凍生地も同じで店のオリジナリティの見せどころです。もちろん生生地(なまきじ)と冷凍生地に味の違いはありません。

何より働く人の負担が大幅に減ることにより、新製品の開発や販促活動に注力できることが特徴です。



●YouTuber、焼き肉店、ロケット開発、高校教育まで・・・多彩な輝きを放つ堀江氏から目が離せない

多彩な活動で、もはやテレビやネットで見ない日はないかもしれない、ホリエモンこと堀江貴文氏。注目したいのが『堀江貴文イノベーション大学校』(以下、HIU)です。自身の思いを具現化するために設立されたオンラインサロンということですが、会員数は1,300人を超え、オンラインサロン国内最大級の規模を誇ります。今回の小麦の奴隷1号店のオーナー橋本さんもその会員の1人。そしてその舞台となった北海道十勝の大樹町は堀江氏が創業した宇宙ベンチャー企業のロケット発射拠点です。若者の主体性を重んじ、自らの経験に基づくヒントやツール、チャンスまでもを惜しげもなく提供し、関わった地域の活性化にまで貢献してしまうその手腕が次はどこへ向かうのか・・今後の堀江氏から目が離せません。



■会社概要

会社名:株式会社こむぎの

本 社:北海道広尾郡大樹町西本通26番地

設 立:2020年9月

代 表:代表取締役 橋本 玄樹


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい