ポケモンGO究極ツール「ポケットオートキャッチ2」、再発売後2週間で販売台数2000台を突破! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポケモンGO究極ツール「ポケットオートキャッチ2」、再発売後2週間で販売台数2000台を突破!

PR TIMES

「ながらスマホ」する必要なく、スマホ無しで自動でポケモンやアイテムをゲット



- ゲーム貿易株式会社



ゲーム周辺機器を扱うゲーム貿易株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Brook Accessory社製「ポケモンGO用ポケットオートキャッチ2」(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B081M2JQK7?th=1)を7月下旬より2ヶ月ぶりに再発売開始し、2週間で販売台数2000台を突破いたしましたのでお知らせいたします。

<2ヶ月ぶりの再販売後も好調!2週間で販売台数2000台を突破>



5月中旬からライバル業者の嫌がらせにより、Amazonで販売が停止されていました。その間、お客様からたくさんのお問い合わせをいただいていましたが、2ヶ月ぶりに出品が復活し、再発売開始されました。再発売開始後、2週間で販売台数2000台を突破いたしました。前作「ポケモンGO 用 ポケットオートキャッチ」も合わせると、販売台数70000台を突破いたしました。



<公開後3ヶ月間で販売台数8000台を突破し大反響>



2020年2月13日、3月5日、7月21日には、Yahoo!ニュースでも掲載され、Yahoo!ゲームの一日のアクセスランキングはトップになりました。Amazonの「おもちゃ」大カテゴリーのベストセラーランキングでも堂々の第3位になり、Amazonで一日の販売台数が250台を突破。公開後3ヶ月間(2019年12月2日~2020年3月2日)で販売台数8000台を突破し大反響を呼んでいます。

<ポケットオートキャッチ2は家でも大活躍!>



新型コロナウイルス感染予防のため、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」は、自宅にいても、どこにいても楽しめるようにアップデートされました。自宅にいながら、ポケモンやアイテムのゲットを楽しむことができますので、ポケットオートキャッチ2は自宅でも多くのユーザーに重宝されて、使用されています。

<新商品ポケットオートキャッチ2について>



2019年12月1日から運転中の「ながらスマホ」の罰則等が大幅に強化されました。携帯電話の使用時の違反点数・反則金なども約3倍と大幅に引き上げられ、事故・交通の危険に結びついた場合は、即免許停止になります。

運転中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を操作する「ながらスマホ」での死亡事故も後を絶ちません。運転中の「ポケモンGO操作」「ながらスマホ」は殺人行為と言っても過言ではありません。

そこで考えられた商品が、「ポケットオートキャッチ2」です。スマホ無しで、簡単・手軽にポケモンやアイテムを自動的にゲットでき、色違いポケモンも捕獲できます。バイブレーションや画面のアイコンでステータスを確認できます。「ながらスマホ」罰則の大幅強化により、今後の「ポケモンGO」活動の必須のツールとして話題を呼んでいます。



<ダイエットや健康増進にも役立つ!>



また『ポケモンGO』は、世界各地にいるさまざまなポケモンを捕まえたり、実際に歩き回ることでゲームを進めることができるため、文部科学省の外局であるスポーツ庁からスポーツだと認定されています。ダイエットや健康増進にも役立ちます。今後、ポケットオートキャッチ2がますます活躍しそうです。

<新機種のポケットオートキャッチ2の特徴>



・スマホ無しで自動的にポケモンやアイテムをゲット

・防水機能追加

・電池容量が1.5倍増し

(旧型が12時間のところ、新機種は1.5倍の最大18時間)

<商品内容>



・ポケットオートキャッチ2本体

・オリジナル図解取扱説明書(日本語)

・ 充電ケーブル、スマートバンド

<Amazonより購入はこちら。購入より1年間の保証付き>

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B081M2JQK7?th=1



※コピー商品対策のために、必ず上記URLを含めてご紹介をお願い致します

<会社概要>



日本総代理店

会社名:ゲーム貿易株式会社

代表者:竹内亮介

所在地:東京都渋谷区松濤1-3-5-205

設立 :2019年8月

twitter:https://twitter.com/Game_Trading_JP/

HP  :http://www.game-trading.com/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい