洗って繰り返し使える、涼感キシリトールタイプの「ゆったりラクラクのび~るマスク」販売に関するお知らせ 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

洗って繰り返し使える、涼感キシリトールタイプの「ゆったりラクラクのび~るマスク」販売に関するお知らせ

PR TIMES
ふつうサイズ(カラーアソート) 

ふつうサイズ(カラーアソート) 

2.温度センサーによるマスクと肌との空間温度の検証

2.温度センサーによるマスクと肌との空間温度の検証

1.サーモグラフによる着用後の肌温度検証

1.サーモグラフによる着用後の肌温度検証

ソフトな風合いなのに丈夫さも追及

ソフトな風合いなのに丈夫さも追及

高い伸縮性で顔にしっかりフィット

高い伸縮性で顔にしっかりフィット

ふつうサイズ(ホワイト)

ふつうサイズ(ホワイト)

おおきめサイズ(カラーアソート)

おおきめサイズ(カラーアソート)

不織布マスクとの温度差 最大マイナス2.2℃を実現!



- 福助株式会社



 レッグ・インナーウエアの福助株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:佐橋由文 以下 福助)は、マスク着用における暑さ・ムレ対策として、涼感キシリトールタイプの「ゆったりラクラクのび~るマスク ひんやりタイプ」を販売することとなりましたのでお知らせします。

 この「ゆったりラクラクのび~るマスク ひんやりタイプ」は、当社の国内ストッキング工場において生産し好評発売中の「ゆったりラクラクのび~るマスク」に、夏向け仕様として“キシリトール加工”を施したもの。キシリトールには、息などに含まれる水分を吸って生地表面の温度を下げる効果があり、弊社内試験※では不織布マスクとの温度差最大マイナス2.2℃を実証。引き続きマスク着用が求められるこれからの季節に適しています。



 さらに今回は、定番のホワイトに加え、カラーアソート(3色セット)が新たに加わり、日常の必須アイテムとなったマスクをファッションの一部としても選んでいただけます。



 マスクの編地はストッキング製造に使用する原料と技術を採用し、縫製を必要としない全てが一体となった構造で、高い伸縮性とやわらかさに優れた生地によって、やさしく、そしてしっかりと顔にフィットします。また、無縫製であることに加えストッキング生地独自の滑らかさで肌あたりが良いのも特徴です。

筒状の構造でフロント部分の内側は開閉できる仕様になっており、ガーゼやフィルターなどを入れてご使用いただくことも可能。洗濯して繰り返し使用することが可能なので、長い期間お使いいただくことができます。

※試験では、「ゆったりラクラクのび~るマスク」と一般的な不織布マスクを比較。

サーモグラフによる着用後の肌温度検証と、温度センサーによるマスクと肌との空間温度の検証の2種類を実施しました。

1. サーモグラフによる着用後の肌温度検証

2. 温度センサーによるマスクと肌との空間温度の検証

マスクを着用して、その行動時の温度の変化をマスク内側に設置した温度センサーにて計測。

試験者複数名のなかで、不織布マスクと福助マスクの空間温度差に- 2.2℃の差が結果が出た試験者がおりました。

【 商品概要 】

商 品 名 : ゆったりラクラクのび~るマスク ひんやりタイプ



販売価格 : 1セット3枚入り ¥1,200(税別)



特   徴 :

■涼感キシリトール加工

■ストッキングの編機で作られた、ゆったり伸びて着け心地のよい無縫製(シームレス)マスク

■いつも清潔、洗えるマスク

■柔らか素材で、耳への負担を軽減

■優れた伸縮性で心地よいフィツト感

■無縫製で肌当たりが良いソフトタッチ



サ イ ズ : ふつう ・ おおきめ(2サイズともに男女共有)



カラー展開: 

■ふつうサイズ   :000(ホワイト)、001(サックス、ピンク、グレー)

■おおきめサイズ :000(ホワイト)、002(カーキ、ブルー、グレー)



素  材: ナイロン・ポリウレタン



販売形状 : 個包装(3枚入り)



生 産 国: 日本(自社鳥取工場)



販売予定 :  2020年7月22日(水)15時より、福助オンラインストア( https://www.fukuske.com/ )

ならびに福助楽天市場店(https://www.rakuten.ne.jp/gold/fukuske/ ) にて予約販売を承ります。

直営店舗並びにその他チャネルについても順次販売を予定しております。

なお、ご予約に関する事前のお問い合わせはいたしかねますので、ご了承くださいますようお願いいたします。

【 商品画像 】

【 パッケージ 】



「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と言い残したという言い伝えのある半人半魚の「アマビエ」。

この状況が一日も早く終息することを願い、「アマビエ」をパッケージに描きました。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい