【国立科学博物館 筑波実験植物園】一生に一度しか咲かない花!高さ6.65mの巨大な草、アガベ・サルミアナ・フェロクスが開花しました!≪見ごろ:2020年6月末頃まで≫ 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【国立科学博物館 筑波実験植物園】一生に一度しか咲かない花!高さ6.65mの巨大な草、アガベ・サルミアナ・フェロクスが開花しました!≪見ごろ:2020年6月末頃まで≫

PR TIMES
高さ6.65mにも成長した (筑波実験植物園)

高さ6.65mにも成長した (筑波実験植物園)

2019年12月20日に花芽の伸びはじめ (筑波実験植物園)

2019年12月20日に花芽の伸びはじめ (筑波実験植物園)

アガベ・サルミアナ・フェロクスの満開の様子

アガベ・サルミアナ・フェロクスの満開の様子

アガベ・サルミアナ・フェロクスの花

アガベ・サルミアナ・フェロクスの花

5月7日アガベ・サルミアナ・フェロクスのつぼみ

5月7日アガベ・サルミアナ・フェロクスのつぼみ

筑波実験植物園

筑波実験植物園

- 文化庁



 国立科学博物館 筑波実験植物園(園長 樋口正信)では、アガベ・サルミアナ・フェロクスが開花しました。

34年間の時を経て今回が初めての開花です。見頃は2020年6月末頃までと予想しています。

【詳細URL:http://www.tbg.kahaku.go.jp/】

 花芽が確認されたのが2019年12月。冬の寒さにも負けず、5ヶ月以上かけて伸びました。

はじめはゆっくりでしたが、暖かくなってからぐんぐん成長しました。花序は現在、高さ6.65mに伸びました。



この株が当園にやってきたのは1986年、今から34年前のことです。今回が初めての開花です。大切に守られ、育てられ、6月にようやく開花しました。たいへん見応えのある植物ですが、開花すると枯死してしまいます。


アガベ・サルミアナ・フェロクス Agave salmiana var. ferox



 クサスギカズラ科リュウゼツラン属の1種。メキシコの乾いた草原に生えています。株の直径は3m以上、花序は7~8mにもなる巨大な草です。筑波実験植物園の株の花序は現在、高さ6.65mに伸びました。

メキシコでは、プルケと呼ばれるお酒の原料として使われます。

筑波実験植物園

【開館時間】9:00~16:30(入園は16:00まで)

【休 館 日】毎週月曜日(祝日・休日の場合は開園)

      祝日・休日の翌日(土曜・日曜日の場合は開園)

      年末年始(12月28日~1月4日)

【入 館 料】 一般・大学生 320円

      高校生(高等専門学校生含む)以下および65歳以上 無料

【所 在 地】〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1

【問い合わせ】029-851-5159(代表)

【公式サイト】http://www.tbg.kahaku.go.jp/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい