新型コロナウイルス感染症に対する千葉県佐倉市独自の取り組み・支援をおこなっています 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新型コロナウイルス感染症に対する千葉県佐倉市独自の取り組み・支援をおこなっています

PR TIMES

- 佐倉市



 新型コロナウイルス感染症に対し、佐倉市独自の新しい取り組み・支援を開始しました。詳細は次のURLまたは各ホームページをご覧ください。

【新型コロナウイルス感染症にかかる取り組み・支援情報一覧】

 http://www.city.sakura.lg.jp/0000027051.html



【事業者向け支援】

■小規模事業者応援給付金

売上が大きく減少している小規模事業者の事業継続を支援するため、10万円を給付します。

対象:常時使用する従業員の数が20人以下(宿泊業及び娯楽業を除く、サービス業・商業に属する業種は5人以下)の会社及び個人事業者(農林漁業を営む者を除く)

条件:

(1)市内に主たる事業所等を有し、今後も事業を継続する意思があること

(2)新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、今年の任意のひと月の売上高(事業収入)が前年同月と比較して50%以上減少していること など

問い合わせ:産業振興課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000027019.html



■融資制度借入利息の補給拡充

市内事業者の資金繰りを支援するため、佐倉市中小企業資金融資制度を利用する事業者が支払う借入利息に対する助成(利子補給)の補助率を引き上げました。(運転資金メニュー、5月以降新規申込分に限ります。)

対象:佐倉市でセーフティネット保証4号の認定を受けた事業者

補給率:利率の100分の99(2分の1から引き上げ)

期間:対象融資期間の全期間(最長5年間)

問い合わせ:産業振興課



■市内商業・サービス業者への代金先払い及び寄付システムの導入

売上が減少している市内商業・サービス業者(飲食店等)の事業継続を支援するため、民間インターネットサービスを活用した代金先払い及び寄付の仕組みを作ります。

(1)先払い 応援したい参加店舗のメニューを選んで電子チケットの先行購入ができます。コロナの収束後、お店を訪問し、電子チケットを使用します。

(2)寄付 全参加店舗への寄付を受け付けます。集まった寄付は参加店舗で均等配分します。

※利用購入及び店舗の参加には、登録が必要です。

※開始時期未定

問い合わせ:産業振興課



■障害福祉施設等感染拡大予防のための支援

市内通所サービス事業所等に対し、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、環境改善や衛生用品等必要な物資に係る費用を補助します。

対象:市内通所サービス事業所など

条件:支給額:1事業所6万円(1万円×6か月)

支給対象経費:マスクや手袋、アルコール等の消毒液などの衛生物資

問い合わせ:障害福祉課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000027043.html



■障害福祉を支えるひと支援

新型コロナウイルスの感染リスクを抱えながらも働き続けている施設等従事者を支援するために、市内事業所に特別手当などにかかる経費を支給します。

対象:入所施設及び障害福祉サービス等事業所

支給額:

(1)入所施設:1施設×100万円

(2)障害福祉サービス等事業所:1事業所×20万円

支給対象経費:従事者の処遇改善(特別手当の上乗せ等)経費

※従事者の同意等、一定の要件下で、感染対策等、職場環境を改善するための経費も可とする。

問い合わせ:障害福祉課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000027035.html



■居宅介護事業所感染拡大予防のための支援

デイサービスなどの居宅介護サービス事業所に対し、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、環境改善や衛生用品等必要な物資に係る費用を補助します。

対象:市内居宅介護サービス事業所

支給額:1事業所 6万円(1万円×6か月)

支給対象経費:マスクや手袋、アルコール等の消毒液など衛生物資、防護機材の購入に係る経費

問い合わせ:介護保険課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000026882.html



■介護を支えるひと支援

新型コロナウイルスの感染リスクを抱えながらも働き続けている施設等従事者を支援するため、市内事業所に特別手当などにかかる経費を支給します。

対象:次の(1)~(4)の介護施設及び介護サービス事業所

支給額:

(1)介護老人福祉施設及び介護老人保健施設(定員50人以上)1施設あたり100万円

(2)介護老人福祉施設及び介護老人保健施設(定員50人未満)1施設あたり50万円

(3)その他の入居施設(サービス付き高齢者住宅除く)1施設あたり30万円

(4)居宅介護サービス事業所1事業所あたり20万円

支給対象経費:介護従事者の処遇改善(特別手当の上乗せ等)経費

※従事者の同意等、一定の要件下で、感染対策等職場環境を改善するための経費も可とする。

問い合わせ:介護保険課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000026881.html



【個人・世帯向け支援一覧】

■生活困窮者自立支援(住宅確保給付金の支給)

新型コロナウイルス感染症の影響による離職や収入が減少したことなどにより住居を失ったかた、または失うおそれの高いかたに、一定期間(原則3か月)家賃相当額を支給することにより、住居及び就労機会等の確保に向けた支援を行います。

対象:離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にあるかた。

支給額(上限額):単身世帯41,000円、2人世帯49,000円、3人~5人世帯53,000円、6人世帯57,000円、7人以上世帯64,000円

申請受付中(予約制)

問い合わせ:くらしサポートセンター佐倉

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000013369.html



■ひとり親家庭等への臨時給付金

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響による、学校などの臨時休業や事業所の休業などにより、特に生活や就業に影響を受けやすいと考えられる、ひとり親世帯などに対する支援を行います。

対象者 令和2年4・5・6月分の児童扶養手当受給者(全部支給停止世帯は除く)

支給額:1世帯あたり3万円+手当対象児童1人につき1万円

支給日:7月下旬~8月上旬

申請不要(児童扶養手当支給口座に振込)

問い合わせ:児童青少年課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000026937.html



■子育て世代の相談窓口(臨床心理士による電話相談)

あなたのこころが新型コロナウイルスに負けないための「パパママの声を聴かせて ~臨床心理士による電話相談~」を開設します。

対象者:子育て中の保護者及び妊婦

内容:保育所等や学校の再開等に伴うお子さまと保護者のかたのこころの相談に、臨床心理士がお話を聴いて助言を行います。

実施期間:6月~令和3年2月 ※月に1回~4回

6・7月の日程:6月23日(火)、30日(火)、7月6日(月)、13日(月)

時間:午後1時~4時

※1回の相談時間のめやすは30分~1時間程度となります。

※予約制ではありません。

問い合わせ:子育て支援課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000027040.html



臨床心理士の相談のほか、保健師、助産師、栄養士、歯科衛生士、言語聴覚士などの専門職による相談も実施しています。

相談先:健康管理センター、西部保健センター、南部保健センター、子育て支援課、志津北部地域子育て包括支援センター

※対応する専門職は場所により異なります。詳細は次のURLをご覧ください。

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000027051.html



■幼稚園等の臨時休園に伴う預かり保育料補助

幼稚園または認定こども園の臨時休園期間中に、保育が必要な子が利用した預かり保育料相当額を支給します。

対象者:幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)に在籍する子の預かり保育利用者(保育要件を有する施設等利用給付認定者に限る)

支給額:令和2年4・5月に利用した預かり保育料相当額

申請受付中(幼稚園を経由)

※6月上旬に幼稚園などに申請済みのかたは、再度の申請は不要

問い合わせ:子育て支援課

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000027069.html



■準要保護世帯の児童・生徒に対する給食費相当額の支援

就学援助制度で認定した準要保護世帯の経済負担の軽減を図るため、学校給食を提供できなかった期間、学校給食費相当額を支給します。

対象者:就学援助制度で認定した準要保護世帯

支給額:給食費の2か月分

支給日:9月頃

申請受付中(各学校を経由)

問い合わせ:学務課


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい