埼玉県内で初 信用金庫内の保育園「ココファン・ナーサリー川口芝」新規開園 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

埼玉県内で初 信用金庫内の保育園「ココファン・ナーサリー川口芝」新規開園

PR TIMES

- 株式会社 学研ホールディングス



株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ココファン・ナーサリー(本社:東京都品川区/代表取締役社長:小早川 仁、以下当社)は、2020年4月1日に、埼玉県川口市において認可保育園「ココファン・ナーサリー川口芝」(以下、当園)を開園します。当園は城北信用金庫(本店:東京都荒川区/理事長:大前孝太郎)に併設しており、信用金庫内に保育園が設置されるのは埼玉県で初となります。



川口市は東京のベッドタウンとして、子育て世帯人口が増加しています。特に当園周辺は川口市の「平成31年度 認可保育所整備事業者の重点募集地域」に指定されており、保育施設のニーズが高いエリアとなっていました。当園は認可保育事業を通し、地域の子育て支援に尽力していきます。

■子育て支援・地域貢献の拠点を目指す



今回の開発では、地域のにぎわいや豊かな暮らし、金融業務の枠を超えた部分でも、多様な価値の提供に取り組む城北信用金庫と、地域の中で多世代が安心して暮らし続けられる街づくりに取り組んでいる学研ココファン・ナーサリーが手を組み、保育園としての機能を果たしながら、地域と共生し、交流やつながりが生まれる場所を目指しています。 学研ココファン・ナーサリーでは、「多世代交流」に力を入れており、当園も近隣の高齢者住宅・施設との定期的な交流を予定しています。親や保育士とは違う高齢者とのふれあいは、子どもの社会性、コミュニケーション力の発達に大きな効果をもたらします。また、子どもとのふれあいが高齢者の生きがい創出などにつながることも実証されています。この交流などを通し、園での「子育て支援」のみならず、地域に住まう人々の暮らしにプラスとなる「地域貢献」の活動拠点としての役割を担っていくことを目指します。

■園長・支店長コメント



【ココファン・川口芝 鈴木 昌子園長】



「安心・安全な場所であるということはもちろん、あたたかい空気に満ちた保育園にしていきたいと思います。他の先生方と一緒に、子どもたちや保護者の方、そして地域の皆さまにとって『やさしく、頼れる』場所をつくってまいります。」



【城北信用金庫 蕨支店 支店長 原 健一様】



「子どもたちの笑顔あふれる環境が誕生したことに、無限の可能性を感じています。子育て世帯にとって身近な頼れる存在となり、豊かな暮らしをサポートしてまいります。そして、地域のお客様に寄り添い、親子三世代で楽しくご来店いただけるような店舗運営にチャレンジしてまいります。」



今後も当社は、保護者が安心して子どもを預けることのできる場所であり、子どもの豊かな成長をサポートするパートナーとして、質の高い保育サービスを提供し、子育て支援に貢献してまいります。

■ココファン・ナーサリー川口芝 園概要



●所在地

 埼玉県川口市芝樋ノ爪一丁目7-48 城北信用金庫蕨支店芝出張所2階

(JR京浜東北線「蕨駅」徒歩6分)

●対象年齢:0歳~就学前

●園児定員:70名(予定)

●開園時間:7:30-20:30(延長保育18:30-20:30)

●休園日:日・祝日、年末年始(12/29~1/3)

■株式会社学研ココファン・ナーサリー 概要



0歳から小学生までの育ちのサポートと、子育て世帯が安心して子どもを預けられる環境づくりなど、幅広い子育て支援サービスを提供。



●設立:2008年

●事業内容:子育て支援施設(保育園・子ども園・学童保育施設・児童発達支援施設)の運営

●運営子育て支援施設:認可保育園35園、認証保育園7園、認定こども園2園、認可外保育園1園

 学童保育施設26施設、児童発達支援施設1施設 (2020年4月時点)


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい