“日本初”インフルエンサーによる独立系VC「iFund」が設立~YouTuberであるJJコンビのジロー、ジョージが参画~ 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“日本初”インフルエンサーによる独立系VC「iFund」が設立~YouTuberであるJJコンビのジロー、ジョージが参画~

PR TIMES

日本初、インフルエンサーによるセレブリティファンドの設立。インフルエンサー独自の視点による投資、ハンズオンを提供



- iFund株式会社



YouTuberとして活動する明神洸次郎(JJコンビ:ジロー)、北濱丈司(JJコンビ:ジョージ)などは、この度独立系ベンチャーキャピタル「iFund」(名称:iFund1号投資事業有限責任組合)を設立したことを発表いたします。

【設立の経緯】

明神洸次郎、北濱丈司はこれまでに複数のスタートアップ企業に対して個人投資を実施して参りました。iFundの設立を通してこれまで以上にスタートアップへのリスク投資をスケールアップさせ、新たな産業の創出のお手伝いをさせていただきたいと思います。

近年、投資金額の増加から日本でのスタートアップ企業は盛り上がりを見せています。独立系VCをはじめ、CVCや政府系ファンドなど様々なアプローチでのエコシステムへの支援が充実してきております。しかし海外に目を向けるとアシュトン・カッチャーのUberなどへの投資、ウィル・スミスと本田圭佑の「ドリーマーズ・ファンド」の設立など日本以上に多くのプレーヤーがスタートアップに関わり始めております。アスリートやインフルエンサーはプレーヤーとしての寿命が短い職業の1つであり、現役時代に築いた金銭やインフルエンス力の資産運用の方法の1つとして「ベンチャー投資」がトレンドとなっています。

そのような時代背景を受けて、この度iFundは事業会社や投資家のみならずインフルエンサーやアスリートなどをLPとして迎えた日本初のファンドの設立を行って参ります。



【投資方針】

主にプレシード~シード期のIT分野のスタートアップ企業を投資対象としております。YouTuberはインターネットによって近年生まれた職業であり、何もなかった一個人が多くの人々を楽しませられる可能性を肌で感じてきました。AR/VR、eSports、マーケティングなどの分野のtoC領域を中心に世界を魅了する可能性を秘めた起業家達に投資させていただきます。

iFundのインフルエンス力によって、スタートアップ企業の提供する素晴らしい体験を多くの人に伝えるお手伝いをさせていただければと思います。



【ファンド概要】

名称:iFund1号投資事業有限責任組合

無限責任組合員:iFund有限責任事業組合

主な組合員:明神洸次郎、北濱丈司、加藤匠馬

ファンド規模:5億円(予定)

主な投資対象:AR/VR、eSports、マーケティングなどのコンシューマー向けサービスを提供するITスタートアップ企業



【お問い合わせ】

HP:http://ifund.jp

Twitter:https://twitter.com/hironaka_ryoya (担当、弘中)

Mail:info@ifund.jp


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい