「一般社団法人 ちはやふる基金」設立のお知らせ 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「一般社団法人 ちはやふる基金」設立のお知らせ

PR TIMES
公式サイトOGP

公式サイトOGP

ちはやふる基金ロゴ

ちはやふる基金ロゴ

“かるたを愛するみんなのために” 漫画家 末次由紀が発起人



- 一般社団法人 ちはやふる基金



このたび、漫画作品『ちはやふる』著者の末次 由紀(すえつぐ ゆき 以下、末次)を発起人とし、競技かるたの情報発信や各種大会の運営支援、また小倉百人一首のさらなる普及振興を目的とした「一般社団法人 ちはやふる基金」(所在地:東京都港区、理事長:本保美由紀、以下、弊基金とする)を設立いたしました。

【一般社団法人 ちはやふる基金】

発起人:末次 由紀 (すえつぐ ゆき)

代表理事:本保 美由紀 (ほんぽ みゆき)

所在地:東京都港区



公式サイトURL 

https://chihayafund.com

■ 背景

 『ちはやふる』は、2008年より女性向け漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社)にて連載中の、競技かるたに打ち込む高校生の成長を描く漫画作品です。本作の連載開始以来、国内における競技かるた人口は大幅な増加傾向にあり、現在ではその数100万人に達すると言われています。これに伴い、今日まで競技かるたの普及振興、選手の育成支援、大会運営等に携わってこられた関係各所は、人的、金銭的な運営負担の増大を始めとした、新たな課題に直面している現実があります。

 弊基金では、「かるたに恩返しがしたい」という末次の強い意向のもと、“かるたを愛するみんなのために”をスローガンに、関係各所にかかる運営負担軽減のための多角的な支援、及び競技かるたと小倉百人一首のさらなる振興を目的とした、継続的な情報発信を行って参ります。



■発起人・末次 由紀より設立のご挨拶



“競技かるたで、仲間と楽しい時間を過ごしてもらいたい。

競技かるたからもらった、たくさんのものに恩返しをしたい。

かるたの競技人口は右肩上がりを続けています。

だからこそ、競技かるたに親しみを持つ子どもたちに

「ずっとかるたを続けていたい」

という夢をもって、強くなっていってもらいたい。

競技かるたを通じて、百人一首の文化に触れ、

世界中に友達を作ってもらいたい。

これまで競技かるたの世界を支えてきた皆様と連携し、

子どもたちの情熱を応援するとりくみが必要だ

——そういう想いから、ちはやふる基金を立ち上げるに至りました。

ご理解、ご協力いただけますと幸いです。”

末次 由紀



【末次 由紀 プロフィール】

福岡県生まれ。1992年『太陽のロマンス』で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が『なかよし増刊』(講談社)に掲載されデビュー。07年から『BE・LOVE』(講談社)で『ちはやふる』の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年『ちはやふる』で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。



■ ちはやふる基金のとりくみ

 弊基金では、個人サポーター及び企業スポンサーからの寄付金、また『ちはやふる』関連グッズ販売の収益金をもとに、次のような取り組みを継続的に行って参ります。



1. 競技かるた・小倉百人一首の情報発信

2. 各種競技かるた大会の、人的・金銭的な運営支援

3. 競技かるたを志す子どもたちへの啓発支援

4. 競技かるたファンの育成支援




■ ちはやふる小倉山杯に協賛、賞金を拠出

 弊基金は2020年2月23日(日)に、嵐山文華館(所在地:京都府京都市)にて開催される「小倉百人一首競技かるた 第1回 ちはやふる小倉山杯」(主催:一般社団法人 全日本かるた協会)に協賛します。また本大会において、トップ選手のさらなる技術向上の一助となることを祈念し、優勝者に100万円、準優勝者には50万円の賞金を基金より拠出します。



【第1回 ちはやふる小倉山杯 大会概要】

主催:一般社団法人 全日本かるた協会

共催:公益財団法人 小倉百人一首文化財団

協賛:一般社団法人 ちはやふる基金

協力:BE・LOVE編集部

大会実施日:令和2年2月23日(日)

午前10時開会式(午後5時30分終了予定)

会場:嵯峨嵐山文華館(競技会場:2階畳ギャラリー 和室大広間)

<概要>

2019年~2020年にかけてのタイトル保持者(第66期名人 第66期準名人 第64期クイーン、第64期準クイーン、全日本選手権者(2019年4月実施)全国選抜大会優勝者(2019年3月実施)、全国女流選手権大会優勝者(2019年6月実施))と、2019年1月から12月までの全日本かるた協会主催・公認大会のA級優勝者の中から8名(男女4名ずつ)が出場し、3回戦で優勝から4位までを決定する。



出場選手は以下の通り。

桑原 圭太郎(8段)/京都大学かるた会

岸田 諭(8段)/篠山かるた会

坪井 寛行(7段)/東京大学かるた会

中島 宇一(5段)/東京大学かるた会



本多 恭子(6段)/大津あきのた会

山下 恵令(6段)/東京明静会

荒川 裕理(6段)/京都小倉かるた会

山添 百合(6段)/京都小倉かるた会



ちはやふる小倉山杯公式サイトURL 

https://ogurayama.chihayafund.com


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい