Bloomee LIFE【2020版】toCサブスクリプション カオスマップ100を公開 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Bloomee LIFE【2020版】toCサブスクリプション カオスマップ100を公開

PR TIMES

今年注目すべきtoCサブスクを網羅!2020年版カオスマップが登場



- 株式会社Crunch Style



お花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」https://bloomeelife.com/を運営する株式会社Crunch Style(本社:東京都品川区、代表取締役:武井亮太)は、2020年度版toCサブスクリプションサービスのカオスマップを公開します。

■2020版toCサブスクリプション カオスマップ100の傾向

2019年にBloomee LIFEが発表した「toCサブスク カオスマップ2019」以降も、様々な最新サービスが登場し、toCサブスクのサービス数は年々増加しています。

2020年も更に盛り上がりを見せるサブスク業界。2020版カオスマップ100の企業から見えたカオスマップの傾向をまとめます。

1、大手企業の参入

有形商品を扱っているケースが多く、TOYOTAの「KINTO」や資生堂の「oputune」、キッコーマン「BOTTLE BREW」など、大手メーカーの参入が相次いでいます。



2、サステナブルで心に響く情緒的なサービスの市場拡大

お得にサービスを利用でき、自分の興味の幅が広げられるということが、サブスクサービスの需要が高まっているポイントでもありますが、ユーザーは定額制で長く使い続けるサービスだからこそ社会・環境に配慮したものを選んでいる傾向にあります。

2020年は自分の購買行動が社会貢献に繋がっているのかという、機能ではなく情緒的なサービスがユーザーから選ばれていくと考えられます。



3、データ活用による顧客体験の活発化

最新のテクノロジーを、単にデータを集めるだけではなく、ユーザーに提供する価値や体験を高める手段として、いかに生かすかという視点を持ったサービスが多いことも傾向としてあげられます。

■2020年のサブスクリプションサービスで提供すべき二つの価値とは

ユーザーの購買心理はサービスの価格や機能性だけではなく、企業やブランドが提供する「体験」に価値を見出すように変化しています。

世界では、サブスクの消費を担うミレニアル世代の78%が「モノ」よりも「体験」にお金を使い、その72%は今後もより多くの金額を「体験」に使いたいと回答しています。(※)

ユーザーは、単なる機能を受動的に受け取るのではなく、主体的に企業と関わりながら、定期購入を通して、継続的な新しい体験を求めています。また、サービス利用体験により発生する満足感や喜びというようなポジティブな感情を体験することで、サービスに信頼を重ねていきます。



定期購入による「継続的な新しい体験」と「サービスによって作られる感情体験」、

この二つの”体験”こそが2020年のtoCサブスクリプションサービスで提供すべき価値
だと考えられます。

■お花の定期便「Bloomee LIFE」が提供する心に響くユーザー体験

Bloomee LIFEは、お花を届けるという機能だけではなく、継続的な新しい体験とお花のある暮らしを通して豊かな感情体験を提供しているサービスです。

全国約100店舗のお花屋さんから毎週異なる季節のお花が届き、季節ごとのパッケージでポストに届くので、お花が届いたその瞬間から、新たな感動体験が始まります。

2020年も、お花のある暮らしでユーザーの心に響く体験を提案すべく、信頼を重ね、様々な新たな価値を提供していきます。

Bloomee LIFEでは一緒に働く仲間を募集しています!

https://www.crunchstyle.jp/recruits

カオスマップに関してのご意見をお待ちしています。

サービスを提供されている事業者の方で、各社のロゴを使用させていただいておりますが、使用上問題のある場合はpr.crunchstyle@gmail.comあてにご連絡いただければ削除等対応いたします。



【会社概要】

株式会社Crunch Style

「毎日にちょっとした感動を」というミッションを掲げ、お花のサブスクリプションサービスを展開しています。

代表者:武井 亮太

設立:2014年9月

所在地:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-2-2松楽ビル5階

URL:https://www.crunchstyle.jp/

▼本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社Crunch Style 広報担当

TEL:03-6383-4970

お問い合わせ先:https://www.crunchstyle.jp/contacts

▼素材提供・ご取材案内

以下、ご提供可能な素材や、ご取材可能例です。

・toCサブスクサービスや花き業界の現状

・お花のサブスクサービスのイメージ写真や、お届けしているお花の写真

・実際にお届けしているお花のサンプル複数個

・提携する生花店の作業風景

・実際に使っていただいているユーザー様のお宅訪問・インタビュー

・CEOインタビュー

その他必要に応じてご用意いたします。お気軽に上記までお問い合わせください。

※参考:米オンラインチケットサービス会社Eventbriteの調査

http://eventbrite-s3.s3.amazonaws.com/marketing/Millennials_Research/Gen_PR_Final.pdf


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい