【オリックス】宝塚歌劇団 星組トップ娘役 舞空瞳さん起用 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【オリックス】宝塚歌劇団 星組トップ娘役 舞空瞳さん起用

PR TIMES

オリックスグループの社会貢献活動を表現した広告を展開



- オリックス株式会社



オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、宝塚歌劇団 星組トップ娘役の舞空瞳さんを起用し、オリックスグループの社会貢献活動を表現したグラフィック広告などを展開します。



オリックスグループは、新しい価値と環境の創造を目指し、社会に貢献することを企業理念として掲げています。事業を通じて社会課題の解決に貢献することに加え、事業活動だけではカバーしきれない領域においては、「公益財団法人 オリックス宮内財団」として、さまざまな支援活動を行ってきました。



このたび展開するグラフィック広告では、青空の下で優雅に踊る舞空瞳さんの生き生きとした姿を通して、活力ある社会の実現を目指してさまざまな取り組みをつづけるオリックスグループの思いを表現しています。本広告は、雑誌やオリックスグループが協賛する各種イベントのパンフレットなどに掲載するほか、オリックスグループが展開する情報発信サイト「MOVE ON!」(https://www.orix.co.jp/grp/move_on/entry/2019/11/25/110000)にてご紹介しています。

■オリックスグループの社会貢献について

オリックスグループは創業時より、事業活動を通じて新たな価値を提供し、社会に貢献することを目指して、事業を展開しています。社会の課題やニーズがある領域に事業機会があると考え、世の中の変化を機敏にとらえながら、新たな分野への挑戦を続けてきました。現在では、脱炭素社会への移行に寄与する再生可能エネルギー事業、地域活性化につながるコンセッション事業など、さまざまな事業を通して社会課題の解決に貢献しています。



一方で、社会には事業活動だけでは解決できない課題も多くあると考え、こうした部分でも企業としての役割を果たすため、2006年4月にオリックス社会貢献基金(2010年に公益財団法人 オリックス宮内財団へと移行)を設立。社会福祉、将来を担う子ども・青少年の支援、環境保全、文化芸術、国際協力などの分野でさまざまな取り組みをつづけてきました。企業に求められる役割がより一層大きくなる現代において、真に「豊かな社会」の実現に寄与することを目指し、これからも活動をつづけていきます。



※社会貢献活動についての詳細は、オリックスグループサイトをご参照ください。



https://www.orix.co.jp/grp/company/sustainability/contribution/index.html

■舞空瞳さん プロフィール

出身地:神奈川県横浜市



誕生日:8月27日



身 長:164cm



愛 称:ひっとん

【舞台歴】

2016年 『THE ENTERTAINER!』で初舞台。花組に配属。

2018年 『MESSIAH―異聞・天草四郎―』新人公演初ヒロイン

2019年  4月29日付で星組へ組替え。

     『GOD OF STARS-食聖-』新人公演ヒロイン

     10月14日付で、星組 礼真琴の相手役としてトップ娘役に就任。

【今後のスケジュール】

2019年 11月~12月 梅田芸術劇場メインホール/東京建物 Brillia HALL公演

『ロックオペラ モーツァルト』

2020年 2月~3月 宝塚大劇場公演『眩耀の谷~舞い降りた新星~』

『Ray-星の光線-』


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい