「海宝直人 CONCERT 2019『I hope.』」WOWOWでいよいよ10/30(水)に放送!ミュージカルのヒストリーのみならず、海宝自身の過去・現在・未来が凝縮したコンサート! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「海宝直人 CONCERT 2019『I hope.』」WOWOWでいよいよ10/30(水)に放送!ミュージカルのヒストリーのみならず、海宝自身の過去・現在・未来が凝縮したコンサート!

PR TIMES

海宝直人 CONCERT 2019「I hope.」10月30日(水)夜9:00 WOWOWライブ



- 株式会社WOWOW



https://www.wowow.co.jp/detail/116182

心に響く歌声とあたたかみのある演技で人々を魅了するミュージカル俳優、海宝直人。珠玉の歌声を堪能できる「海宝直人 CONCERT 2019『I hope.』」が2019年8月10・11日オーチャードホールにて開催された。この模様をWOWOWで10月30日に放送する。

ミュージカルの名曲の数々がマッシュアップされた華麗なオーバチュアに続き、「That’s Entertainment」(『バンド・ワゴン』)で海宝が登場! 豊かな歌声を響かせながら、タップダンスを踊るというサプライズからステージは始まった。軽やかに歌い踊る姿に、観客の空気は一気にヒートアップする。



今回のコンサートのテーマは“ミュージカル・ヒストリー”。昨年のオーチャードホールでのコンサートの経験から「このホールにはクラシックな響きが似合う」と思い、このテーマをセレクトしたという。



特筆すべきなのは、選曲もトーク部分の構成台本もすべて海宝自身が行っているということ。7歳のとき、ミュージカル『美女と野獣』のチップ役で初舞台。以来、『ライオンキング』『ノートルダムの鐘』『アラジン』『レ・ミゼラブル』など数々の作品で主役・大役を演じ、昨年はロンドン・ウェストエンドデビューを果たした“ミュージカルの申し子”。海宝の選曲と歌唱からは「ミュージカルの魅力を伝えたい」という深い想いがあふれ出す。まさに“ミュージカル愛”が詰まったコンサートなのだ。



ドラマティックでありながら、繊細な心の動きを伝える海宝の歌声は唯一無二の響きを持つ。さらに、長年海宝とタッグを組んでコンサートを作り上げてきた気鋭の音楽監督(バンドマスター)、森亮平が世界観を伝える編曲と演奏で作品全編の魅力を圧縮して一曲に注ぎ込む。たとえば、『オペラ座の怪人』のナンバーでは、ファントムが仮面の下に自分の真実を隠して生きてきた人生を歌う「マスカレード(Masquerade)」の一節を歌の冒頭に取り入れることで、ファントムのキャラクターが浮き彫りに。続く「ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト(The Music of the Night)」で、歌声がオーチャードホール全体を包み込む。



海宝自身が大好きな作品という『ウィキッド』より「自由を求めて(Defying Gravity)」。本来は女性が演じるエルファバ役のナンバーが聴けるのも、コンサートならでは。自由を求めるエルファバの激しさと海宝のパワーある歌声が重なり合って、ステージに壮大なドラマが生み出され、客席からはショーストップとなるほどの大拍手が巻き起こった。海宝が主演した『アラジン』より、「自慢の息子(Proud of Your Boy)」の伸びやかな響きも印象的。『ミー&マイガール』の「街灯の下で(Leaning on a Lamppost)」の闊達なロマンティックさ、「道化をよこして(Send in the Clowns)」(『リトル・ナイト・ミュージック』)での哀愁と、一曲ごとに色彩豊かな歌声で様々な表情を見せ、その表現力の幅広さにも驚かされる。サービス精神あふれる海宝はオープニングのタップダンス以外にもサプライズを仕掛ける。“チャレンジ企画”と称して「Vienna」(ドラマ『SMASH』)のピアノ弾き語りに挑戦。終わった後「どれだけ緊張するか!」と見せた笑顔が微笑ましい。

一方、大のミュージカルマニアを自認する海宝が楽曲の合間に語るトークは、さながら“ミュージカル講座”のよう。作品の意外なエピソードやミュージカル界の変遷などが語られて、思わず“海宝先生”と呼びたくなるような見事なレクチャーぶり。このコンサートを見るだけで、ミュージカル通になれそうだ。



コンサートを盛り上げるゲストとして吉原光夫(10日)、昆夏美(11日)が出演。『レ・ミゼラブル』などで共演する二人だけに、普段ミュージカルの舞台ではなかなか見られないナチュラルな素顔を覗かせた。さらに11日に登場したスペシャルゲストは、ふなっしー。海宝と数々の共通点を持つことから、ご当地キャラ史上初のオーチャードホール出演が実現した。



2020年は『ミス・サイゴン』『アナスタシア』と大作ミュージカルの出演が決定しているが、公演に先駆けてこのコンサートで楽曲が披露された。昆夏美とのデュエット「世界が終わる夜のように(The Last Night of the World)」(『ミス・サイゴン』)、「My Petersburg」(『アナスタシア』)は海宝が演じている姿が早くも目に浮かぶような歌唱で、来年の舞台への期待が大いに高まった。



アンコールは『レ・ミゼラブル』から2曲。海宝は同作でマリウス役を演じたが、ジャベール役の「星よ(Stars)」、バルジャン役の「彼を帰して(Bring Him Home)」を歌う。今の海宝だからできる表現で奥行き深く聴かせて、「いつかこれらの役を演じる姿が見たい」と思わせる圧巻の歌唱だった。



番組では、福岡・博多で行った、海宝、吉原、昆による撮り下ろしトークの模様も放送。お互いにリスペクトし合う者同士の気の置けないトークが注目される。



見る者を勇気づけ、明日への活力を与える海宝の歌声には希望がある。ミュージカルのヒストリーのみならず、海宝自身の過去・現在・未来が凝縮したコンサートとなった「I hope.」。息遣いまで伝わる映像で、感動のステージを味わい尽くしてほしい。



(C)岩村美佳



【WOWOW番組情報】

海宝直人 CONCERT 2019「I hope.」

10月30日(水)夜9:00 WOWOWライブ




【番組オフィシャルHP】

https://www.wowow.co.jp/detail/116182


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい