高橋大輔選手の13年間密着取材が待望の書籍化!『誰も知らない高橋大輔』10月25日発売! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高橋大輔選手の13年間密着取材が待望の書籍化!『誰も知らない高橋大輔』10月25日発売!

PR TIMES
居川大輔著『誰も知らない高橋大輔』より

居川大輔著『誰も知らない高橋大輔』より

- 株式会社KADOKAWA



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、居川大輔著『誰も知らない高橋大輔』を2019年10月25日(金)に発売いたします。

2018年、突然の4年ぶり現役復帰を表明し、世間を賑わせたフィギュアスケーター・高橋大輔選手。同年の全日本選手権では、2位に輝きました。長いブランクを経た後の演技は、これまでと同じく多くの人びとを魅了し、勇気や感動を与えてくれました。



本書は、高橋選手が19歳の頃から密着取材を続けてきた、関西テレビ放送株式会社で担当ディレクター(当時)居川大輔氏による初の著書。関西テレビで放送された同名のドキュメンタリー番組「誰も知らない高橋大輔」(2014年放送)および「新・誰も知らない高橋大輔」(2018年放送)を元に、約13年間の記録を再構成し書籍化しました。



2018年復帰への舞台裏をはじめ、ケガに悩み苦しんだシーズンや、バンクーバー五輪で銅メダルを獲得後の印象的なひと言、時にはくやしさをにじませる姿など、優しく控えめな高橋大輔氏を“選手”として、また“人間”としても捉えてきた瞬間は、まさに「これまで誰も知らなかった」と言えるでしょう。



4年のブランクを経て、たくさん失敗をしても、できなくなった自分を受け入れ、再び競技者としてフィギュアスケートの世界に戻ってきた高橋選手。前向きに生き生きとスケートを楽しむ姿は、多くの人の“生き方”のヒントを与えてくれるものになっています。

そのほか、コーチ・長光歌子氏や映像を撮り続けてきたカメラマン・松田博之氏のコラムからも、選手像が見えてきます。



※高橋選手の高は、はしごだかです。



【書誌情報】

書名:誰も知らない高橋大輔

著者:居川大輔

定価:本体1,600円+税

体裁:四六判並製、単行本

頁数:224頁予定

ISBN:9784041086179

https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000107/

★特典:Amazon限定版(ポストカード2枚つき)、通常版(ポストカード1枚つき)の2種類。



【著者略歴】

居川 大輔(いかわ だいすけ)


1998年関西テレビ放送株式会社に入社。2000年から2019年夏までスポーツ部に所属。

フィギュアスケート以外には、中継ディレクターとして野球、ゴルフ、マラソン、ボクシングなどを担当。また、関西地区で土曜日の夕方5時から放送されている「こやぶるSPORTS」の元プロデューサー。2019年秋現在も、スポーツ番組のほか、多数のバラエティ番組を担当している。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい