10月1日より新インセンティブプログラム「Kyashポイント」を提供開始 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

10月1日より新インセンティブプログラム「Kyashポイント」を提供開始

PR TIMES

- 株式会社Kyash



ウォレットアプリ「Kyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供する

株式会社 Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)は、10月1日より、新たなインセンティブプログラム「Kyashポイント」の提供を開始します。

Kyashポイントについて

リアルカードをお持ちの方は決済金額の1%(一部除く)がKyashポイントとしてリアルタイムに付与され、1ポイントからKyash残高へチャージでき、お買い物や送金に使えるようになります。



<Kyashポイントの特徴>

・100円につき1ポイントが付与されます。

・リアルタイムにポイントが貯まります。

・1ポイント=1円としてKyash残高にチャージできます。



<対象取引と還元率>

リアルカードを有効化済みの方

・対象となる取引:オンライン決済または実店舗決済

・対象外となる取引:QUICPayによる決済、その他一部の取引

・還元率:決済金額の1%(小数点未満切り捨て)



バーチャルカードのみ発行の方

・対象となる取引:オンライン決済

・対象外となる取引:QUICPayによる決済、その他一部の取引

・還元率:決済金額の0.5%(小数点未満切り捨て)



Kyashポイント開始に伴い、これまで提供してまいりました「2%キャッシュバック」は2019年9月30日をもちまして終了いたします。

キャッシュレス・消費者還元事業対象期間中の還元について

10月1日よりキャッシュレス・消費者還元事業がスタートし、対象期間中に対象加盟店で決済すると5%または2%のポイント還元が受けられます。

Kyashをご利用いただいた場合は、通常のKyashポイント1%に加えて、さらに5%または2%の消費者還元ポイントが上乗せされます。



詳細はこちらご覧ください。

https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360032606292



この機会に、ぜひKyashを利用したキャッシュレス決済をご活用ください。

今後の展開 ~ チャレンジャーバンク*へ ~

Kyashは今後、決済領域からサービスの枠を広げチャレンジャーバンクを目指してまいります。

そのために、まずは決済領域においていつでもどこでも安心して使えることを重視し、そして新たなライセンス取得によるバンキングサービスの提供を予定しています。

Kyashはユーザーのライフスタイルに寄り添ったサービスの提供を行ってまいります。



*銀行免許・カード発行権(または類する免許:日本では資金移動ライセンス等)を自社で保有し、各種金融サービスを提供するFintechを指します



【会社概要】

会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)

所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号

代表者:代表取締役 鷹取 真一(一般社団法人 Fintech 協会理事 )

設立:2015 年 1 月 23 日

資本金:27億7,493万円(資本準備金含む)

主要株主:Goodwater Capital、JAFCO、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、SBI Investment、新生企業投資、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、凸版印刷、等

業務内容:ウォレットアプリ「Kyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」の運営

URL:https://kyash.co


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい