スポーツインターネットメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社の資本業務提携について 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スポーツインターネットメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社の資本業務提携について

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

- 株式会社運動通信社

株式会社運動通信社(本社:東京都港区、代表取締役社長 黒飛功二朗、以下、運動通信社)は、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 山本敏博)、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ (本社:東京都港区、代表取締役社長 矢嶋弘毅)、株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員 木村弘毅)、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 野間省伸)、プロサッカー選手の本田圭佑氏が手がける個人ファンド「KSK Angel Fund」(本社:5000 Parkway Calabasas Ste 230,Calabasas,CA 91302,United States)を引受先とする7.4億円の第三者割当増資、およびスポーツブルのコンテンツ調達、広告ビジネス、新規事業開発の強化を目的に資本業務提携したことをお知らせいたします。



■概要

これまで運動通信社は、2016年11月よりKDDI株式会社(以下KDDI)とともに共同でインターネットスポーツメディア「SPORTSBULL(スポーツブル)」を運営してまいりました。40種類以上の幅広い競技を、速報データ、記事、コラム、動画を完全無料で生活者の皆様に配信することで日本のスポーツ文化の底上げを目的にインターネットスポーツメディア事業を推進してまいりました。またSPORTSBULLは、アマチュアスポーツ、マイナースポーツ注力をミッションとして掲げており、特に学生スポーツに関してはライブ配信にこだわり、これまで多くの学生スポーツの大会等を応援してまいりました。その結果、最高アクセス数としてMAU1,300万、DAU300万を記録(2018年8月)し、メディア事業として一定の手応えを確信いたしました。今回の第三者割当増資、資本業務提携により、各事業会社と密に連携し、これまでのメディア事業のさらなる成長と、メディア事業を核とした新規事業領域へのチャレンジを目指します。

新規事業領域としては大きく二つ想定しており、一つ目は、「スポーツ体験創出事業」。二つ目は、「スポーツIP創出事業」です。

・「スポーツ体験創出事業」とは、実際のスポーツ観戦、運動体験を増幅させるサービス提供を意味しておりニーズのあるお客様が有料でご利用いただくサービスです。(詳細は個別で今後リリース予定)

・「スポーツIP創出事業」とは、生活者とスポーツをもっと身近に感じてもらえるスポーツ新規IPの立ち上げとともに、広域なエンターテイメント事業として展開するものです。(詳細は個別で今後リリース予定)

これら新規事業領域に共通することは、日本のスポーツ接触総量を拡大し、より多くのお客様にスポーツを楽しむ環境を提供するというビジョンと、これまでのメディア事業がそのインフラとなることでその価値が増幅することが挙げられます。

今回の資本業務提携をきっかけに、日本のスポーツ文化向上にむけてより一層の事業推進を行ってまいります。



<代表からのコメント>

「日本を世界が憧れるスポーツ大国にする。」というビジョンを掲げ、これまで2年半、SPORTSBULL事業をKDDI様とともに二人三脚で推進してまいりました。多くのスポーツコンテンツと出会い、その盛り上げのためにスタッフ達と精一杯のアイデアを出してチャレンジを繰り返してきました。その原動力は、チームの勝ち負けや、自己の成長にこだわる一人一人のアスリートと、そのアスリートを応援する周囲の方の熱量に魅了されたことに他なりません。

日本のスポーツ界はこれから大きな転換期を迎えると考えています。それはテクノロジーの進歩だけでなく、スポーツの持つ本来の魅力、感動の力が今の日本にとってますます重要になってくるではないかと感じています。この価値最大化は、私たちベンチャー企業一社の力だけでは到底なし得ません。これまで協力を頂いた会社様に加え、今回新たに資本業務提携を結んで頂いた会社様の保有するビジョン、ノウハウ、アセットをスポーツブル事業と組み合わせることにより、少しでも日本のスポーツ界、お客様に対して新たな価値提供を可能に出来ればと考えています。

株式会社運動通信社 代表取締役社長 黒飛功二朗



<代表プロフィール>

1980年生まれ。神戸大学経営学部卒業。株式会社電通に入社。

放送局担当、デジタル担当を経て独立。独立後、夏の高校野球のライブ配信事業「バーチャル高校野球」のプロデュースを筆頭に、 数多くのスポーツインターネットサービスの立ち上げに携わる。スポーツインターネットメディア事業に特化した株式会社運動通信社を設立、代表取締役社長に就任。



■「SPORTS BULL(スポーツブル)」について

「SPORTS BULL」は、60社を超える良質なスポーツ媒体と連携し、話題のスポーツニュース記事、動画をいち早くお届けします。40種類以上の幅広い競技、プロだけでなくアマチュアスポーツの情報も豊富です。ここでしか見ることのできないライブ配信や、オリジナル番組も配信しています。

サービス名:SPORTS BULL(スポーツブル)

対応:iOSアプリ、Androidアプリ、ブラウザ(PC/スマートフォン)

サービスURL:https://sportsbull.jp

App Store URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1086719653

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.undotsushin&hl=ja

■株式会社運動通信社 会社概要

社名    株式会社運動通信社

設立日   2015年5月1日

所在地   東京都港区西新橋2-19-5

代表者 代表取締役社長 黒飛功二朗

事業内容  インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」の運営など

URL https://sportsbull.jp/about/company/



■株式会社電通 会社概要

社名    株式会社電通

設立日   1901年7月1日

所在地   東京都港区東新橋1-8-1

代表者   代表取締役社長執行役員 山本敏博

事業内容  「Integrated Communication Design」を事業領域としたコミュニケーション関連の統合的ソリューションの提供、経営・事業コンサルティングなど

URL http://www.dentsu.co.jp/



■株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 会社概要

社名    株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

設立日   2003年12月1日

所在地   東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー

代表者   代表取締役社長 矢嶋弘毅

事業内容  総合メディア事業会社

URL https://www.hakuhodody-media.co.jp/corporate_profile/profile/



■株式会社ミクシィ 会社概要

社名    株式会社ミクシィ

設立日   1999年6月3日

所在地   東京都渋谷区東1-2-20住友不動産渋谷ファーストタワー7F

代表者   代表取締役社長執行役員 木村弘毅

事業内容  エンターテインメント事業(デジタルエンターテインメント、ライブエクスペリエンス、スポーツ)、ライフスタイル事業(メディア、ウェルネス)

URL https://mixi.co.jp/company/profile/



■株式会社講談社 会社概要

社名    株式会社講談社

創業    1909年11月

所在地   東京都文京区音羽2-12-21

代表者   代表取締役社長 野間省伸

事業内容  出版事業、海外事業、デジタル事業

URL https://www.kodansha.co.jp/about.html



■KSK Angel Fund ファンド概要

ファンド名 KSK Angel Fund

所在地   5000 Parkway Calabasas Ste 230,Calabasas,CA 91302,United States

代表者   本田圭佑

URL http://www.kskangel.com/about



<この件に関する報道関係の皆様からのお問合せ先>

株式会社運動通信社

TEL: 03-6435-8048 FAX: 03-6435-8148

Email: info@sportsbull.jp


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい