2020年にブランド誕生50周年を迎える「ダーバン」  「継承」をテーマとしたプロモーション始動! 吉田鋼太郎・藤原竜也を新広告キャラクターとして起用 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2020年にブランド誕生50周年を迎える「ダーバン」  「継承」をテーマとしたプロモーション始動! 吉田鋼太郎・藤原竜也を新広告キャラクターとして起用

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

新広告ビジュアル・スペシャルインタビュームービーを、2019年8月2日(金)より公開



- 株式会社レナウン



株式会社レナウン(本社:東京都江東区有明・代表取締役社長:神保 佳幸)が展開するビジネスブランド「ダーバン」は、2020年にブランド誕生50周年を迎えます。50周年に向けたプロモーションの広告キャラクターとして、俳優の吉田鋼太郎さん、藤原竜也さんを起用。お二人が出演する新たなブランドの広告ビジュアルとスペシャルインタビュームービーを、2019年8月2日(金)より公開いたします。(D’URBAN 公式サイト:http://www.durban.jp/)

 ダーバンは、日本発のナショナルブランドとして1970年にデビュー。ブランド誕生以来、コンテンポラリーなスタイリングと卓越した技術に裏打ちされた高い品質で、多くのビジネスパーソンの支持を獲得してきました。1971年には、フランスの名俳優であり世界のトップスターであるアラン・ドロンを起用し、大きな脚光を浴びました。1996年には、日本特有の高温多湿な気候に合わせ日本毛織と「超涼服」の共同開発に着手。表地だけでなく、芯地や裏地まで涼しく型崩れしにくく、且つソフトでハリがあり軽さを実現した「新・アジア服”MONSOON(モンスーン)“」は、その機能性を高く評価されました。「ダーバン」は、デビュー以来、半世紀に渡り常に時代のニーズをいち早く捉え、挑戦し続けてきました。



 このダーバンは、2020年にブランド誕生50周年を迎え、これからもスーツ作りにおけるプロフェッショナル魂を繋いでいく意味を込めて「継承」をプロモーションコンセプトとして設定しました。D’URBANのロゴの中にある「D」、「N」、「A」はまさに50年受け継がれてきた、スーツ作りのDNA。そして頭文字のD’はスーツ作りの情熱であり血統の意味も表すため、プロモーションを象徴する50周年記念のロゴマークを赤いD’マークに設定しました。



 プロモーションビジュアルは、共演実績が多く、公私に渡り親交がある俳優の吉田鋼太郎さんと藤原竜也さんを広告キャラクターとして起用。リアルな先輩、後輩の人間関係の中にある憧れ、尊敬などを役者として活躍するお二人のリアルな関係を嘘なく切り取りたかったという理由から、お二人の起用が決定いたしました。



 吉田さん、藤原さんが出演するダーバンの新たな広告ビジュアルでは、よくあるスーツを着たマネキンのような表現ではなく、二人の間にある空気感も含めお互いの共通する場所である、劇場を舞台に撮影。ダーバンのスーツが持つ魅力の訴求に加え、二人の人間性も伝わるような広告ビジュアルとなりました。吉田さんは、バーズアイ素材のダブルブレスト、貫禄あるスタイリンングとなっています。一方、藤原さんは同じバーズアイ素材のピークドラペル、華やかな印象的なスーツを身に纏い撮影に臨みました。また、新広告ビジュアルの公開に合わせ、お二人のインタビュームービーも同時に公開いたします。「ダーバン」に対して、吉田さんは「少年時代に放映されていたダーバンのCMは、今でも心の中に残っている。自分が60歳となった今でも続いており、今回そのダーバンのスーツを着用させて頂けていることが信じられない。今後も日本を代表するスーツブランドとして疾走してほしい。」とコメント。一方、藤原さんは「ダーバンは長い歴史を突っ走ってきた。『継承』というテーマを意識し、僕自身もたくさんの方にダーバンの魅力を広めていくべく頑張りたい。」と力強く意気込みを語りました。また、当社代表の神保は「50年続いてきたダーバンは日本のビジネスマンに誇りを与えてきた。吉田さん・藤原さんお二人のチカラを借りて、多くの人たちに知ってもらいたい」とコメント。



 ダーバンでは、50周年に向け、1.本物の価値を発信、2.ビジネスライフスタイル全般のサポート、3.サステイナブルなビジネスモデルの展開に注力してまいります。



新広告ビジュアル/着用衣装について

■着用衣装について

●衣装の特徴

無地柄のスーツとして提案するグレートーンのバーズアイは、オリジナル素材の 「Silk r.a.s.o.」。落ち着いた雰囲気で貫録のある印象を与えてくれる1着。光の加減によって表情を変える素材が、正統派ビジネススタイルをより都会的な着こなしに演出します。デザインは6つボタン、チェンジポケット付きのダブルブレスト。クラシックさのある素材とモダンなデザインの融合は大人の遊び心を演出します。



●プライス

・スーツ  1009400*15-96 ¥129,000~(オーダープライス)

・シャツ  1609421231-90 ¥21,000

・ネクタイ 1609480601-39 ¥18,000

・チーフ  1609486204-87 ¥6,000



●衣装の特徴

無地柄のスーツとして提案するグレートーンのバーズアイは、オリジナル素材の 「Silk r.a.s.o.」。落ち着いた雰囲気で貫録のある印象を与えてくれる1着。光の加減によって表情を変える素材が、正統派ビジネススタイルをより都会的な着こなしに演出します。デザインは2つボタンのピークドラペル。一般的なノッチドラペルをピークドラペルに変えるだけでよりドレッシーな印象になります。



●プライス

・スーツ  1009400815-96 ¥110,000

・シャツ  1609421231-90 ¥21,000

・ネクタイ 1609480506-98 ¥16,000

・チーフ  1609486204-97 ¥6,000



スペシャルインタビュー・メイキングムービーについて

■スペシャルインタビュー「D’URBAN presents 吉田鋼太郎・藤原竜也 Special Interview」


「ダーバン」のスーツを着用した上での感想や、二人の共通項である役者にまつわる質問のほか、50周年プロモーションのコンセプトである“継承”についてのお二人の考えを収録したスペシャルインタビュームービーを公開いたします。

■スペシャルインタビュームービー概要

・タイトル

 D’URBAN presents 吉田鋼太郎・藤原竜也 Special Interview(スペシャルインタビュー)

・出演

 吉田鋼太郎、藤原竜也

・放映開始日

 2019年8月2日(金)

・URL

 http://www.durban.jp/50thspecial_2019aw/



■メイキングムービー「D’URBAN presents 吉田鋼太郎・藤原竜也 Cross Talk」 ※8月下旬公開予定

お二人が初めて出会った時の第一印象や、撮影を終えての感想などお二人のオフシーンにまつわるインタビューを実施。加えて、2020年にブランド50周年を迎える「ダーバン」に対する想い、ブランドアンバサダーに起用された上での意気込みを収録しています。



■メイキングムービー概要

・タイトル

 D’URBAN presents 吉田鋼太郎・藤原竜也 Cross Talk(メイキングムービー)

・出演

 吉田鋼太郎、藤原竜也

・放映開始日

 2019年8月下旬公開予定

・URL

 http://www.durban.jp/50thspecial_2019aw/



プロフィール

■吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう)

生年月日:1959/01/14 出身地:東京都

高校生のときにシェイクスピア喜劇を見て俳優を志し、上智大学在学中に初舞台を踏む。大学中退後、劇団四季などを経て1997年に劇団「AUN」を旗揚げし、主宰者として出演するだけでなく演出も手がける。シェイクスピア劇やギリシャ悲劇などの古典に定評があり、「グリークス」から「NINAGAWA マクベス」まで蜷川幸雄演出の舞台にも数多く出演した。TVドラマ「半沢直樹」で堺雅人演じる主人公の上司役で注目を集め、NHK連続テレビ小説「花子とアン」の九州の石炭王・伝助役で広く知られるように。この頃からTVドラマに引っ張りだこになり、映画でも「ちょっと今から仕事やめてくる」や「三度目の殺人」、「噓を愛する女」などで活躍する。2014年、舞台「ヘンリー四世」の演技で芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞。2016年、他界した蜷川の後を継ぎ「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督に就任した。



■藤原 竜也(ふじわら たつや)

生年月日:1982/05/15 出身地:埼玉県

1997年、蜷川幸雄演出「身毒丸」の主役オーディションで14歳にしてグランプリを獲得。以降、蜷川作品をはじめ多くの舞台で座長を務める。2000年、「仮面学園」の主演で銀幕デビュー。続いて深作欣二監督の遺作となった「バトル・ロワイアル」では、迫真の演技で日本アカデミー賞主演男優賞と新人俳優賞をダブル受賞、若手実力派俳優の筆頭になる。その後、「デスノート」前・後編や、「カイジ」シリーズなど人気漫画の実写映画化作品に主演。その他、「パレード」、「藁の楯 わらのたて」、実写版「るろうに剣心」3部作の「京都大火編」と「伝説の最期編」といった話題作で存在感を放ち、「僕だけがいない街」、「22年目の告白-私が殺人犯ですー」、「Diner ダイナー」などで主演を務める。近年のTVドラマの出演作に、「ST 赤と白の捜査ファイル」、「そして、誰もいなくなった」、「リバース」などがある。



ご参考:ダーバン/レナウンについて

■ダーバンについて

「日本一のかっこいいスーツ」を常に追求し、時代に合わせてアップデートした提案をし続けるダーバン。欧米人に比べると肩甲骨の出っ張りが大きい、胸板が小さい、体型に凹凸がある、などの特徴を踏まえた「丸くて、かっこいいスーツ」を作り続けてきました。スーツの生産はすべて自社工場であり高い技術を持つ「ダーバン宮崎ソーイング」で行っています。



■レナウンについて

 新しさへ立ち向かうチャレンジ精神を常に持ち続け、ファッションを通じて、お客様の新鮮で心豊かなライフスタイルの想像に貢献する「感性創造企業」を目指していきます。



【会社概要】

会社名  株式会社レナウン

本社住所 〒135-8210 東京都江東区有明三丁目6番11号 TFTビル東館6F

代表者  代表取締役社長執行役員 神保 佳幸

従業員数 927名(2019年2月期 連結)

事業内容 アパレル製品および雑貨の企画・製造・販売

売上高  636億6,400万円(2019年2月期連結)


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい