岩手県北バス:「盛宮106特急」(盛岡・宮古間2階建て都市間バス)を導入 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩手県北バス:「盛宮106特急」(盛岡・宮古間2階建て都市間バス)を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES
盛宮106特急

盛宮106特急

バス停

バス停

ワイドビューシート

ワイドビューシート

ビジネスシート

ビジネスシート

スタンダードシート

スタンダードシート

「ワイドビューシート」、「ビジネスシート」を装備した53人乗り2階建て車両を盛岡・宮古間に導入します



- 株式会社みちのりホールディングス



岩手県北バスでは、盛岡・宮古間を運行する都市間バスにスウェーデン・スカニア社製の最新鋭2 階建てバス「盛宮106 特急」を導入します。「盛宮106 特急」は、盛岡駅と宮古駅間の特急便で、宮古の浄土ヶ浜パークホテルにも乗り入れます。この車両には2 種類の3 列シートを用意し、眼前に広がるパノラマをお楽しみいただけます。尚、スカニア社製バスへの3列シートの導入は日本初です。



本車両の導入に伴い、下記のとおり出発式・試乗会を執り行います。

●出発式

・7 月31 日(水) 12:45-13:15

・盛岡駅東口 7 番乗り場

●報道関係者向け試乗会

同日 10:30-11:30

・ 盛岡駅西口

*新型車両にて、盛岡市内ルートを巡ります(約20 分)



岩手県北自動車株式会社(以下、岩手県北バス)では、盛岡・宮古間を運行する都市間バスにスウェーデン・スカニア社製の最新鋭2 階建てバス「盛宮106 特急」を導入します。

「盛宮106 特急」は、1日1往復、盛岡駅と宮古駅間の特急便で、宮古の浄土ヶ浜パークホテルにも乗り入れます。この車両には2 種類の3 列シートを用意しました。2階最前列部には「ワイドビューシート」を配し、眼前に広がるパノラマをお楽しみいただけます。1階の落ち着いた空間には「ビジネスシート」を配し、Wi-Fi・AC 電源・USB・テーブル・個別照明を用意し、お客様のビジネスユースをサポートします。尚、スカニア社製バスへの3列シートの導入は日本初です。また、通常の4列シート「スタンダードシート」でも足もとは広々とし、2階からの印象的な光景とともに爽快な旅を提供します。



【盛宮106 特急について】

■運行経路


●盛岡駅―宮古駅・浄土ヶ浜パークホテル直行

●毎日1 往復

●下記以外の途中停留所を通過する特急運行です

■車両

●車両: スウェーデン・スカニア社製

●シート: ワイドビューシート(2 階・最前列・6 席)

ビジネスシート(1 階・6 席)

スタンダードシート(2 階・41 席)

●主要装備: フリーWi-Fi ・ AC 電源(全席) ・ USB(窓側席)・個別照明(全席) ・カップホルダー(全席)・テーブル(ビジネスシート・ワイドビューシートのみ)・トイレ ・ 車いす対応(1 台)

【MEX®デザイン】

MEX®は、気鋭のデザイナー川西康之氏*による、これまでの高速バスにないデザインを実現しています。昼と夜、田園や海岸、山間部や都市部、様々な風景に映える「シャンパンゴールド」を基調に、どんな環境でも温かくお客様をお迎えする「みちのりオレンジ」でエントランスを包み込みました。MEX®のロゴは、躍動感とスマートさを表現しています。MEX®は、皆さまの旅を美しく豊かに演出します。

*:川西康之氏:株式会社イチバンセン一級建築士事務所代表取締役

代表的な仕事に、土佐くろしお鉄道中村駅リノベーション設計統括、観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」設計デザイン統括など。

グッドデザイン賞中小企業庁長官賞、ブルネル賞優秀賞、英国デザイン協会国際デザインアワード最優秀賞など受賞多数。

グッドデザイン賞選考委員。



【予約・購入について】

■全席指定(事前予約)

7 月4 日から予約受付開始

片道運賃(小人運賃): ビジネスシート 2,500 円(1,490 円)

ワイドビューシート 2,500 円(1,490 円)

スタンダードシート 2,030 円(1,020 円)

●Web:ハイウエイバスドットコム https://www.highwaybus.com/gp/index

●お問い合わせ:岩手県北バス インフォメーション tel 019-641-1212


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい