辻希美さんがYouTubeデビュー!!公式YouTubeチャンネル「辻ちゃんネル」を開設 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辻希美さんがYouTubeデビュー!!公式YouTubeチャンネル「辻ちゃんネル」を開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

- ママ向け情報や美容情報などを配信 -



- 楽天株式会社



タレントの辻希美さん(注1)は、公式YouTubeチャンネル「辻ちゃんネル」を、自身の「モーニング娘。CDデビュー日」にあたる本日5月17日に開設しました。

 「辻ちゃんネル」は、辻希美さんが自身のライフスタイルの紹介やママ向け情報、美容情報などを不定期で配信していく公式YouTubeチャンネルです。本日配信された記念すべき1本目の動画では、改めての自己紹介やチャンネル開設の経緯、今後の意気込みなどが語られています。



 楽天グループの動画クリエータープロダクションであるMIHA株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田中 利昌、以下「MIHA」)は今回、辻希美さんを「ALLIANCE CREATOR」として起用しました。辻希美さんはこれまでも、Instagram公式アウントのフォロワーが86万人以上(注2)、またオフィシャルブログ「のんピース」は1日1,200万件のアクセス数を記録するなど、母親として4児の育児の傍ら、日々の様子を綴るSNSが人気を集めています。



 MIHAはYouTubeを中心に、SNSプラットフォームで活躍するクリエーターが多数在籍する、女性を中心とした動画クリエータープロダクションです。「女性Creatorで世界を元気に」というコンセプトを掲げ、女性の視聴者、ユーザーに向けて今までにない情報を提供したいという思いを込めています。同世代から支持の高い辻希美さんによる公式YouTubeチャンネルを通じても、女性向けのより感度の高い情報を発信していきます。引き続き多彩なクリエーターを積極的に起用し、新たなYouTubeチャンネルを開設していく予定です。



 MIHAは今後も、様々なコンテンツを通じて、クリエーターとともにユーザーに新たな楽しみを提供してまいります。



(注1)シンニョウの点は1つが正式表記です。

(注2)2019年5月現在

■辻希美 公式YouTubeチャンネル概要

チャンネル名: 「辻ちゃんネル」

チャンネルURL: https://www.youtube.com/channel/UCNiurMpWExWgio2lqldycbA

■辻希美(つじ のぞみ)さん



1987年6月17日生まれ。東京都出身。2000年、「モーニング娘。」の第4期メンバーとして選ばれ、デビュー。2004年に同グループを卒業してからも、数多くのバラエティ番組に出演。2007年に結婚し、出産・育児のため、休業。現在4児の母親として育児の傍ら、TV・イベントに出演のほか、アメーバブログおよびインスタグラムを日々更新中!



【辻希美さんコメント】

「この度、辻希美のYouTubeチャンネルを開設させていただくことになりました!



31歳4児の母になって、また新しいジャンルのお仕事を始めさせていただくことは想像もしていなかったのですが、私なりの経験を活かし、そして新しい事にもチャレンジして学んでいければと思ってます!子どもたちもYouTubeが大好きなので色々教えてもらいながらマイペースにやっていけたらと思います!しかも5月17日という私がモーニング娘。としてCDデビューをした日に、新たに『YouTubeデビュー日』として記念日を増やせることが嬉しいです!



たくさんの世代に楽しんでもらえるようなチャンネルにしたいと思ってますので、『辻ちゃんネル』よろしくお願いします!!!」

■今後のラインアップ

美容系動画として「毎日メイク」や、ママ向けの動画として、お出かけに役立つ「マザーズバッグの中身紹介」、その他にもDIY系の動画、そして料理動画などの配信を予定しています。

※配信のラインアップは変更になる可能性があります。

■MIHAについて

https://www.miha.co.jp/ 

楽天と株式会社ガールズアワードが共同で出資し、2017年3月に設立された動画クリエータープロダクションです。「女性Creatorで世界を元気に」をコンセプトに女性の視聴者、ユーザーに向けて今までにない楽しみ、情報を提供しています。



【主な所属クリエーター】

・kemio

・佐藤そると

・PKA(ぴーかっぱあっぷる)



以 上


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい