5月12日(日)よる11:30放送「BACKSTAGE」、今回のテーマは「東京ディズニーリゾート(R)」 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5月12日(日)よる11:30放送「BACKSTAGE」、今回のテーマは「東京ディズニーリゾート(R)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

- 株式会社CBCテレビ

2019年5月12日(日) よる11:30放送 『BACKSTAGE』

何気ない日常の裏側で日本を支える人たちがいる、私たちの知らないところでどんな働きをしているのか?仕事上の重要なミッションを通じて、「技術」や「こだわり」、そして「働く原動力」を浮き彫りにしていく。

 時代を超えて人々を魅了し続ける「東京ディズニーリゾート」。昨年度は過去最多の入園者数、3255万8千人を記録した。

 365日、ゲストを楽しませているそのバックステージには、パークを輝くように磨きあげる470人もの清掃のプロ集団「ナイトカストーディアル」達がいる。

 またアトラクションの安全を守り続ける、コースターの整備士を紹介する。

 閉園してから開園までの真夜中の作業に密着。大人気アトラクションのテレビ初公開となる裏側に潜入した。

 一人目は、ジェットコースター専門の保守管理を担当する、ベテラン技術者。これまで29年アトラクションのメンテナンスに関わってきた。彼が担当するのは東京ディズニーリゾートで人気を誇る、スプラッシュマウンテン。



毎日コースの全ての水を一度抜いて整備する。水を抜くとベルトコンベヤーが出現・・

ここから徹底的なメンテナンスが始まる・・



真夜中の東京ディズニーリゾートでは、毎日470人のキャストが閉園から開園までの間にパークをきれいに磨き上げている。



その清掃のプロたちを束ねるリーダーに注目。リーダーと一緒にパーク内を歩いてみる。

夜中の1時半、ファンタジーランドの、イッツ・ア・スモールワールドへ。



パーク屋外の道は、毎日閉園後に水洗いをしている。全ての道を約50人がかりで一気に洗う。この毎日の水洗いが美しさを保つ秘訣。



また、アトラクションの拭き掃除にも注目。

「ゲストがつかまるところには慎重に手を入れる」と言い、汚れが見えなくてもゲストが触る部分は徹底的に拭き上げる。ファンタジーランドにある、シンデレラの物語をテーマにした、キャッスルカルーセルという回転木馬のアトラクション。72体の馬を毎日拭き掃除する。小さな汚れも決して残さず、キレイに拭いていく。ただきれいにするだけでなく、ゲストに映画の世界を感じてもらうため、一生懸命汗を流す。

朝5時40分、開園まで残り3時間。明るくなった朝にしかできない作業がある。

手すり、柵、縁石などを拭き上げて、ゲストが触れる可能性がある場所を目で確認しながら掃除する。そして、最後に外が明るくなってからしか見えない、道の小さな汚れをキレイにしている。そして午前9時、再び東京ディズニーリゾートがオープンした。



真夜中に人知れず流される汗が・・明日もたくさんの笑顔を生み出している。



『BACKSTAGE』

【放送日】2019年5月12日(日)

【時間】よる11:30

【働く人サポーター】濱口 優(よゐこ) パパイヤ鈴木

【ナレーター】花澤香菜

【テーマ】「東京ディズニーリゾート」

【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/

CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい