【mplusplus自主開発PJ第二弾】ディスプレイのように制御可能な旗、”LED VISION FLAG” 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【mplusplus自主開発PJ第二弾】ディスプレイのように制御可能な旗、”LED VISION FLAG”

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES
LED VISION FLAG

LED VISION FLAG

EXILE LIVE TOUR 2018-2019 で活躍したパフォーマンスアイテム"LED VISION FLAG" を開発



- mplusplus株式会社



LEDを用いたダンスパフォーマンスシステムの開発と演出、テクニカルディレクションを行うクリエイティブカンパニーmplusplus株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:藤本 実)は、LIVE等の様々なパフォーマンスに活用できる”LED VISION FLAG”を開発いたしました。

LED VISION FLAG

“LED VISION FLAG” は、エンターテインメントの舞台でよく使われる旗に着目し、旗の両面をLEDにすることでどんな模様にでも制御可能な次世代のパフォーマンスアイテムです。今回の” LED VISION FLAG”ではLEDを旗の両面で4,600個装着し、その一つ一つを個別制御することにより様々なパターンをディスプレイのように表現することが可能です。また、従来の旗ではできない動きのある模様や、複数の” LED VISION FLAG”を同期させることで、映像が旗を流れるようなパフォーマンスが行えます。旗のサイズや形状をカスタマイズすることも可能で、ダンスパフォーマンス以外にも活用できます。



この” LED VISION FLAG”は、EXILE LIVE TOUR 2018-2019 "STAR OF WISH"で利用され、曲やダンス、ステージと連動して変化するパフォーマンスで、LIVEを盛り上げるアイテムとして活躍いたしました。今後は、旗の特徴を活かして活用の幅を広げていく予定です。



【今後の展開】

mplusplus株式会社は、今回発表した“LED VISION FLAG” だけでなく、今後もパフォーマンスに活用できるシステムやプロダクトを開発し、新しい表現の形を提示していきます。



mplusplus株式会社/エムプラスプラス

研究者・メディアアーティストとして活動を続けてきた藤本実が2013年に立ち上げたクリエイティブカンパニー。 ウェアラブルデバイスやロボットなど、新しい表現を取り入れたパフォーマンスをハードウェアの開発から演出、作曲、衣装のデザインまでトータルで行うことで完璧な世界観を作り出す。ダンスに光の演出を組み合わせた ”Lighting Choreographer” は国内外でのパフォーマンスを成功させており、光の演出を担当する「SAMURIZE from EXILE TRIBE」は、カンヌライオンズ2018でも注目を浴びる。派手な演出面だけでなく、ドームライブにおいてダンサー100名以上の無線同期を実現させるなど、安定性も追求している。

Website:http://www.mplpl.com/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい