関西電気保安協会の“あのサウンドロゴ″を電気グルーヴの石野卓球氏がアップデート!カッコ良すぎる新WEB動画「関西電気保安グルーヴ」公開 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西電気保安協会の“あのサウンドロゴ″を電気グルーヴの石野卓球氏がアップデート!カッコ良すぎる新WEB動画「関西電気保安グルーヴ」公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

3月1日(金)より関西電気保安協会公式Youtubeチャンネルにて映像公開



- 一般財団法人関西電気保安協会

「関西電気保安グルーヴ」WEB動画URL:https://youtu.be/gRsc0PavuOM 

メディア用広報素材URL :http://u0u0.net/XENs PW:hoan



一般財団法人関西電気保安協会は、2019年3月1日(金)より関西電気保安協会公式Youtubeチャンネルにて、新WEB動画「関西電気保安グルーヴ」を公開いたします。



関西圏では広く浸透している「関西電気保安協会」のあのサウンドロゴを、電気グルーヴの石野卓球氏が「関西電気保安グルーヴ」として楽曲を提供。作業中の‘音’を組み合わせてアレンジを加えています。その楽曲に合わせ、これまでのイメージを一新するスタイリッシュな動画が完成いたしました。



また、本動画内では実際に関西電気保安協会に所属している本物の協会員も登場。突然の停電に怯える少女を救うべく、関西電気保安協会が迅速に対応する様子が描かれています。普段あまり目にすることのできない作業風景や、協会員たちの真剣な表情を通して、「普段の暮らし」を支えるために「最高の技術で最大の安心を生み出す」という強い意志を感じていただけますと幸いです。



「関西電気保安協会」をご存じの方も、そうでない方も、思わず見入ってしまう世界観を、ぜひお楽しみください。



【動画詳細】

本動画内では、普段目にすることのできない、関西電気保安協会協会員たちの作業風景や、仕事にかける想いを垣間見ることができます。普段の作業服、普段の点検、日常の仕事の「背景」には、何も起こらない、起こさない為の強い「意志」が存在しており、その「背景」に宿る「意志」を表現いたしました。



石野卓球氏が手がけたサウンドに合わせたスタイリッシュなオープニング

突然の停電で不安げな表情を浮かべる少女を救うべく、「関西電気保安協会」が登場

キマリすぎている「関西電気保安協会」の協会員たち

【プロフィール】

石野 卓球(いしの たっきゅう)

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。

2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。



【関西電気保安協会について】

関西電気保安協会は「最高の技術とサービスで、安全の質を高め、最大の安心を生み出す。」という経営理念のもと、ビル・工場・ご家庭などで使用する電気の点検や保安管理業務を実施。お客さまのニーズに合わせ、保安・調査・電気工事・広報の各種サービスを展開しています。お客さまの‘普段の暮らし’を支える「電気保安のベストパートナー」として、これからも皆様の電気利用の安全をお守りいたします。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい