スマートフットウェアを開発するno new folk studio、総額2億5000万円の資金調達を実施しました 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スマートフットウェアを開発するno new folk studio、総額2億5000万円の資金調達を実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

左より CTO金井、CEO菊川、COO土井

左より CTO金井、CEO菊川、COO土井

ORPHE TRACK

ORPHE TRACK

- 株式会社no new folk studio



株式会社 no new folk studio は、株式会社MTG Ventures、三菱UFJ信託銀行株式会社、株式会社Darma Tech Labs、Mistletoe 株式会社を引受先とするシリーズAラウンドでの資金調達を実施しました。



スマートフットウェアORPHEシリーズを開発する株式会社no new folk studio(本社:東京都千代田区、代表取締役:菊川裕也、以下 no new folk studio)は、第三者割当増資を実施し、総額2億5000万円のシリーズAラウンドの資金調達を完了したことをお知らせいたします。

本ラウンドにおける引受先として、株式会社MTG Ventures、三菱UFJ信託銀行株式会社が加わりました。また既存株主である株式会社Darma Tech Labs、Mistletoe株式会社が追加投資を行いました。

これによりno new folk studioの資金調達額は、これまでを含め累計で約3億5000万円となりました。



■ no new folk studioについて



no new folk studioは靴型ウェアラブルデバイス「スマートフットウェア」を開発するスタートアップです。動きに応じて音や色が変化するスマートフットウェア「Orphe」を展開し、舞台演出やメディアアート業界で注目を集めました。Orpheで培ったフットウェアにおけるセンサリング技術を応用し、誰でも簡単に高度な行動解析を可能にするスマートフットウェアプラットフォーム「ORPHE TRACK」を開発しています。

ORPHE TRACK https://track.orphe.shoes/ja/

Orphe https://orphe.shoes/



■ 今後の展開



この度調達した資金の使途は、今春リリースを予定している、これまでになかったデータを解析するスマートフットウェアプラットフォームORPHE TRACKの開発、人材採用に充てられる予定です。



ORPHE TRACKは、シューズのソール部分にセンサーモジュール「ORPHE CORE」をインサートすることで、これまで専門設備がなければ取得困難だった詳細な行動データを誰でも取得、活用可能にするスマートフットウェアプラットフォームです。今春、ORPHE TRACKをランナー向けに活用し、今までのプロダクトでは取得できなかった詳細なランニングデータを取得し、ランニングフォームの改善に繋げられるプロダクトを一般向けに発売開始します。今後もこのプラットフォームを活用し、健康保険や情報銀行といった他サービスとの連携やヘルスケア向けのプロダクト展開をしていく予定です。



本資金調達を受けてORPHE TRACKのプラットフォーム化を加速すべく、ビジネスディベロッパーやエンジニア、研究者と広く人材の採用強化を行っていきます。



■ 引受先



株式会社MTG Ventures

美容ブランド『ReFa』やトレーニング・ギア『SIXPAD』など、革新的なブランドを生み出し続ける「ブランド開発カンパニー」MTGのコーポレートベンチャーキャピタルとして、2018年10月1日(月)に設立。投資枠は50億円とし、BEAUTY & WELLNESS-TECH、FOOD-TECH、SPORTS-TECHの分野を主な対象とし、スタートアップ企業と事業を共創してまいります。



今回はラウンドリードを務め、IPOに向けて進めて参ります。また、今後B2C向けの商品開発においては、MTGグループの強みをno new folk studioさまに提供し、ブランディング等においてもサポートをしていきます。将来的には、MTGグループが持つ様々な商品データと「ORPHEシリーズ」から得られるデータ連携による新たな価値創造を期待しています。

― MTG Ventures 代表取締役 藤田豪 氏



三菱UFJ信託銀行株式会社

三菱UFJ信託銀行は、信託と情報技術の力により、社会課題やお客さまの課題を解決することを目指しています。



no new folk studio様には、弊社の情報信託プラットフォームの実証実験にご参加いただきました。この実証実験において、no new folk studio様のORPHE TRACKから得られるデータがユーザーの健やかな生活を支援し、ランニングやウォーキングの文化や習慣を世界に広めることになると確信いたしました。今後もno new folk studio様と弊社は、スマートフットウェアのデータ活用を通じて、ユーザーの様々な課題解決を応援してまいります。

―三菱UFJ信託銀行 経営企画部FinTech推進室長 伊藤昌彦 氏



株式会社Darma Tech Labs

株式会社Darma Tech Labsはハードウェアスタートアップへの支援に特化したVCファンド「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」の運用を行うVCです。またMakers Boot Campの名称で量産化試作の技術支援を行なっており、資金と技術の両面からスタートアップの成功を支援しております。



株式会社no new folk studioは、エンターテインメント向けIoTシューズの開発から事業を始めましたが、運動解析技術とデータのリアルタイムフィードバックを活かしたIoTシューズ向けプラットフォームを開発するなど、自社の強みを生かして成長を続けています。Darma Tech Labsは、資金面だけでなく、IoTシューズの量産化の技術支援をおこない、量産時に起きやすいトラブルを未然に防ぐことで、no new folk studioの成長を今後も支援していきます。

―Darma Tech Labs 代表取締役 牧野成将 氏



Mistletoe 株式会社

Mistletoeは、テクノロジーを駆使して人間中心の持続可能な未来を創造することを目指すコレクティブ・インパクト・コミュニティです。近未来の人類が直面する大きな課題の解決に取り組みたいという志を持つ起業家や投資家、研究者、ビジョナリーなど、スタートアップ・コミュニティの第一線で活躍する人たちが集結しています。主な活動は、出資・研究開発・スタートアップとの共同創業・エコシステムの構築など、多岐にわたります。



「動きに合わせてかっこよく光る靴を作りたい」という純粋な創造的動機から生まれたno new folk studioが、スマートフットウェアという単なるプロダクトの提供を超え、人間の動作が価値に変換されるプラットフォームを作ることを通じて「ヴァイタルデータ(生体データ)の利活用による新しいエコノミーモデルの創造」という壮大なテーマに取り組むと聞いて、彼らの野心と大胆な発想と行動のダイナミズムに魅せられています。彼らのこれからのアクションに注目し続けようと思っています。

―Mistletoe ファウンダー 孫 泰蔵 氏



■ 株式会社 no new folk studio 会社情報



本社  東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル12F DMM.make AKIBA

代表者 代表取締役 菊川裕也

設立  2014年10月

web https://no-new-folk.com

Facebook https://www.facebook.com/nonewfolk/

Twitter https://twitter.com/nonewfolk

本件に関するお問い合わせ press@no-new-folk.com


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい