つぼ八、銀座本店で企業アカウント対抗ミニ四駆大会「つぼ八カップ」開催 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

つぼ八、銀座本店で企業アカウント対抗ミニ四駆大会「つぼ八カップ」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

Twitterでの企業間やりとりをきっかけに。ミニ四駆を通したブランド認知拡大と異業種間交流



- 株式会社つぼ八



株式会社つぼ八(代表取締役社長:塩野入 稔、本社:東京都中央区)は、2019年3月12日(火)につぼ八銀座本店で、Twitter企業アカウント対抗ミニ四駆大会「つぼ八カップ」を開催いたします。当日は業種の垣根を超えた22の企業・ブランドが参加、ミニ四駆というコンテンツを通して親交を深めます。

【本企画の目的】



「ミニ四駆」は発売から36周年。幼少期からミニ四駆に親しんできた世代が大人になり、居酒屋の客層とマッチする年代になっています。この長い間老若男女に親しまれている人気コンテンツを通して、つぼ八のみならず本企画に参加する各企業の認知度を高め、親しみを深めてもらうことを目的としています。

【本企画のきっかけ】



株式会社木村鋳造所Twitterアカウント(@KimuraFoundry)の「発泡スチロール製のコースでミニ四駆サーキットの世界最長記録に挑戦する」というツイートが発端。「#公式ミニ四駆部」のタグが生まれ、業種を超えてミニ四駆に関心のある企業アカウントが自然に集まり、1月16日につぼ八銀座本店で初のオフラインミーティングが実施されました。ミーティングはメンバーの予想を超えた盛り上がりとなり、フォロワーからも注目を集め、その場でミニ四駆大会「つぼ八カップ」が企画されることが決定しました。

【大会概要】



■大会名:企業対抗ミニ四駆大会 第1回つぼ八カップ

■場 所:つぼ八銀座本店 (店舗情報はこちら→https://www.tsubohachi.co.jp/shop/2014/03/post-197.php)

■日 時:2019 年 3 月 12 日(火)11:00~14:00

 10:30 メディア関係者様受付開始

 11:00 開会式

 11:15 コンクールデレガンス

 11:45 レース

 13:00 表彰式 ※終了後に取材個別応対致します。

 14:00 終了

■競技種目:

1.『コンクールデレガンス』それぞれの企業カラーを盛り込んだマシンの見た目やアイデアを競います。

2.『レース』 つぼ八銀座本店店内に設置したコースで、トーナメント方式のレースを行います。

上記2種目の合計得点で順位を決定します。

■参加者:Twitter でミニ四駆を通じてつながった企業公式アカウント担当者22名

■ご注意:

・当日は、事前に取材申込みをいただいたメディア関係者様、参加企業様以外の一般の方の入場はできませんのであらかじめご了承ください。

・企業公式アカウント担当者の顔出しはNGのため、当日の様子を各媒体で公開する際には画像処理をお願い致します。

■備 考:当日はビュッフェ形式でお料理・お飲物をご用意いたします。お気軽にご利用ください。

■下 図:『第1回つぼ八カップ』オリジナルサーキット(株式会社タミヤ考案)

【参加企業・ブランド】(順不同)



カシオ計算機株式会社・株式会社チャンピオンカレー・株式会社亀屋万年堂・岩谷マテリアル株式会社・株式会社木村鋳造所・株式会社ネクソン・インクロム株式会社・共立電器産業株式会社・株式会社文房堂・エスフーズ株式会社・AGC株式会社・森下仁丹株式会社・株式会社菊和製作所・株式会社モバオク・ASUS JAPAN株式会社・マクセルホールディングス株式会社・日本ギガバイト株式会社・PERRIER(ペリエ)・株式会社安田製作所・株式会社コジマ・ミニ四駆処 きんぎょ・株式会社つぼ八



MC:鼻毛の森(シンガーソングライター) 運営サポート:株式会社タミヤ

【ミニ四駆とは】



株式会社タミヤが開発、販売する「ミニ四駆」は、単3形乾電池2本と1個のモーターを内蔵した全長約15cmのレーシングホビーです。四輪駆動によるパワフルな走りと改造の奥深さ、そして仲間と競い合う楽しさが人気となり、80年代後半と90年代後半には社会現象的なブームに発展。シリーズ第一弾の誕生から現在まで、累計で約1億8000万台以上の販売台数を数えています。日本国内では現在、小中学生と80年~90年代にミニ四駆を楽しんだ20~30代や親子層を中心に人気が再燃しています。

※ミニ四駆は株式会社タミヤの登録商標です


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい