「嵐の民主主義 いつだって話し合って決めてきた」をAERAが緊急特集! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「嵐の民主主義 いつだって話し合って決めてきた」をAERAが緊急特集!

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

メンバー5人がAERAに語ってきた言葉から、それぞれの思いを浮き彫りにします



- 株式会社朝日新聞出版



2月4日(月)発売の週刊誌AERA2019年2月11日増大号は、1月27日の「活動休止」発表を受け、「嵐の民主主義 いつだって話し合って決めてきた」を緊急特集します。記者会見で語られた言葉はもちろん、これまでにAERAの取材に答えた際の5人の言葉から、「嵐」やメンバーの思いを浮き彫りにします。「嵐」と個々のメンバーが登場した表紙6点と、リーダーの大野智さんを真ん中に5人が互いの肩に手を置きながら笑顔を見せる、とっておきの一枚も掲載しています。

2019年1月27日、アイドルグループ「嵐」が2020年12月末で活動休止を発表しました。会見で繰り返された言葉は「5人じゃなければ嵐じゃない」。AERAはこれまでに、5人全員で一度、メンバーひとりひとりを一度ずつ、表紙に起用してきましたが、その際のインタビューでもそれぞれが、「嵐」や他のメンバーへの思いを語っていました。



例えば、13年4月15日号では櫻井翔さんが「ずっと嵐のメンバーでいたい」と話し、15年4月20日号では相葉雅紀さんが、「自分のためだけだったらやっぱりキツイ」と長く一線を走り続ける日々を告白しています。5人全員で登場した13年12月30日-14年1月6日合併号では、大野智さんが「僕は4人をすごいなと尊敬している」とメンバーへの思いを語り、17年11月6日号では二宮和也さんが「嵐に還元できるんだったら個人の仕事もする」と、嵐ファーストを宣言。17年10月9日号で松本潤さんが口にした「ひとつひとつの出会いを大切にしたい」は、つい深読みしたくなる言葉です。



特集では、彼らがAERAに語った言葉の数々を振り返りつつ、これまでの全表紙を一挙掲載。リーダーの大野智さんを真ん中に5人が互いの肩に手を置きながら笑顔を見せる、スペシャルな1枚も収録しています。



AERA (アエラ) 2019年 2/11 増大号【表紙:鈴木拡樹】

特別定価:410円(税込)

発売日:2019年2月4日

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MTJMHH7/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい