【日本茶スタンド】新しい《日本茶のある暮らし》を提案。岐阜県美濃加茂市に日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」が誕生。2月5日に店舗とECサイトがオープン 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【日本茶スタンド】新しい《日本茶のある暮らし》を提案。岐阜県美濃加茂市に日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」が誕生。2月5日に店舗とECサイトがオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

- 株式会社IDENTITY



株式会社IDENTITY(本社:岐阜県美濃加茂市、共同代表取締役:碇和生・モリジュンヤ)は、美濃地方に残る茶葉と器の文化を受け継いだ日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」を立ち上げました。2019年2月5日(月)には店舗(岐阜県美濃加茂市)とECサイトをオープンいたします。



美濃加茂茶舗は、美濃地方の茶葉と器の文化から生まれた日本茶ブランド。オリジナルブレンドの茶葉と、それに合うセレクトされた器と和菓子を取り扱う予定です。土地が育んできた文化と一緒に、新しい《日本茶のある暮らし》をお楽しみください。

◆お茶文化の聖地・美濃地方の日本茶を堪能



美濃加茂茶舗が生まれた美濃地方は、お茶文化の聖地。

千利休、古田織部に代表される茶の湯の文化が隆盛をむかえると、彼らの指導のもと美濃焼きは茶碗の一大ブランド産地となりました。中山道の宿場町であった美濃加茂は、そうした隆盛を迎える美濃のお茶や陶器など産業の流通拠点でした。

美濃地方の伝統的な技術を現代的にアレンジした製品を取り扱うことで、古くから愛されてきた日本の文化が現代の私たちの暮らしに自然と溶け込むことを目指します。



取り扱う茶葉は美濃加茂茶舗のオリジナルブレンド。

美濃地方の厳しい自然条件で育った茶葉を贅沢に使い、こだわり抜いた製法で美濃加茂茶舗独自の味に仕上げました。淹れ方によってもまた違う一面を見せてくれます。

◆2月5日に店舗とECサイトをオープン



2019年2月5日(火)、岐阜県美濃加茂市に店舗(美濃太田駅から徒歩5分)をオープン。日本茶インストラクターの有資格者が美濃焼の茶器を使用し、それぞれの茶葉に合った方法でお茶を淹れます。

テイクアウトメニューは、緑茶、煎茶、ほうじ茶に加え、各種ラテなど見た目も楽しめるドリンクもご用意。店舗内では自分でお茶を淹れながら一息つけるセットメニューをお楽しみいただけます。

[メニュー一覧]

テイクアウトメニュー

<日本茶>

・緑茶

・煎茶

・ほうじ茶

<ラテ>

・煎茶ラテ

・ほうじ茶ラテ

<お菓子>

・もちどら 6個セット

・茶舗の餡子

・茶舗のカスタード



イートイン(土日限定)

・日本茶セット



また、同時にECで茶葉の販売も開始。

店舗にお越しになれない方も、こだわりの茶葉で日本茶を楽しむ生活を体感していだけます。



◆老舗和菓子屋「みのかも金蝶堂」とコラボ開発したどらやきも販売



サイドメニューとして、老舗和菓子屋「みのかも金蝶堂」とコラボして開発したどらやき「もちどら」を販売。

美濃加茂で育った米粉と餅粉を1:1でブレンドした生地を使用した、お茶によく合う和菓子です。



米粉ならではのもちもち食感が特徴的な皮と餡が別売となっており、季節のフルーツなどお好きな食材と合わせて、自由に盛り付けを楽しむことができます。

3月以降、店舗内でも日本茶とのセットでお楽しみいただけるよう準備をすすめております。



※画像は盛り付け例です。どら焼きの皮と餡、お好きな具材をご自宅で自由に盛り付けてお召し上がりください。

◆店舗を構えるのはコミュニティビル「MINGLE」の1階



実店舗は1月27日(日)にオープンした美濃加茂市のコミュニティビル「MINGLE」(ミングル)の1階で営業します。



MINGLEとは

クラウドファンディングで3,172,500円を調達し、美濃加茂市の駅前の空きビルをリノベーションして生まれたコミュニティビル。1階は国籍や職業、年齢に関係なく誰もが簡単にお店を出すことができるチャレンジショップスペースです。美濃加茂茶舗のお茶は、クラウドファンディングのリターンとして約100セットが事前に購入されました。

美濃加茂茶舗

公式サイト:http://mchaho.com

公式Instaglam:https://www.instagram.com/minocamo_chaho/

公式Twitter:https://twitter.com/minocamo_chaho



店舗情報

営業時間:11:00~17:00

定休日:火曜日・水曜日 (オープン日2月5日は火曜日ですが営業します)

住所:505-0041 岐阜県美濃加茂市太田町2689-14 MINGLE 1F



◆茶師のご紹介

美濃加茂茶舗 監修

田口雅士

「美濃白川茶」の産地 岐阜県東白川村の茶農家に生まれ、幼い頃から両親のお茶と向き合う姿を見て育ち、高校卒業後は国立茶業試験場(現野菜茶業研究所 金谷茶業研究拠点)研修生として2年間茶業の基礎を学ぶ。その後 静岡県の茶商へ就職。22歳で地元東白川村の第3セクターである (有)新世紀工房へ就職。以後茶師としての技術を磨き続ける。



美濃加茂茶舗 店長

伊藤尚哉

1991年生まれ。

24歳のときに急須で淹れる日本茶のおいしさに魅了され、2016年から名古屋の日本茶専門店・茶問屋に勤務。

2018年に日本茶インストラクターの資格を取得(認定番号19-4318)したことを機に、お茶の淹れ方講座や和菓子とのペアリングイベントなどを企画。

2019年「美濃加茂茶舗」店長に就任。



-------------

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社IDENTITY

メールアドレス:minocamo_chaho@identity.city

宛先:美濃加茂茶舗 広報担当 宮本


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい