ブラジル、大アマゾンで世界初フィッシングラリーが開催! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ブラジル、大アマゾンで世界初フィッシングラリーが開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

世界各地から名乗りをあげたフィッシングのプロたちが初代「アマゾンフィッシングマスター」の称号をかけて挑む。それが GREAT AMAZON WORLD FISHING RALLY



- 一般社団法人Great Amazon Fishing Rally Association



2019年6月20-27日、ブラジルのゴイアス州で、世界初のラリー形式での、フィッシングカップが開催される。コンセプトの1つである、TOKYO-GOIAS ALLIANCEの文字通り、日伯の都市がタッグを組み、これまでにないイベントになる。

 ”大アマゾン それは全地球の河水量の1/4・淡水魚の1/4を占めるといわれる地球最後の秘境。そこには知らざれる怪魚・猛魚 そして巨大魚が棲息している。この大アマゾンを舞台に人類vs魚類の未曾有の死闘が繰り広げられるのが本大会だ。人類の武器は知恵とルアー、魚類の武器は太古から大自然を生き延びてきた本能と身体能力。戦いの相手は例えばピライーバ、最大数百キロにも達すると言われるアマゾンを代表する巨大魚だ。未だかつてこの魚がルアーで釣られたという確かな記録は残っていない。”



 本大会では大アマゾンの怪魚・猛魚・巨大魚にルアーで挑戦するのがルール。なぜならルアーこそ人類が魚類に挑む最もフェアな武器だからだ。アマゾン河の花火と呼ばれるピーコックバス、世界最大の有鱗魚ピラルクー、そしてアマゾン最大の魚類ピライーバなど、4カテゴリー6種類の魚に世界のアングラー達がルアーで挑む7日間。この過酷な7日間を戦い抜いた者は大アマゾンのオールラウンダーと呼ばれるに相応しいエリートアングラーだ。そしてその中でトップとなって優勝した者には「アマゾンフィッシングマスター」の称号が公式に与えられ、アマゾンフィッシングの頂点に立つことになる。

この大会でアピールしたいのは人類と魚類の闘いだけではない。



 怪魚・猛魚・巨大魚に挑むためのフィッシングギアも大きな注目を浴びるだろう。アマゾンフィッシングラリーをあのパリダカ(Paris-Dkar Rally)に例えるなら、サハラ砂漠が大アマゾン、ラリーカーがフィッシングギア、ドライバーがアングラーだ。世界のアングラー達が大アマゾンの魚類に挑む武器=フィッシングギアは何か。ギアの選択を間違えれば怪魚に逃げられ、猛魚に弾かれ、巨大魚に引きちぎられてしまう。操作性・耐久性・耐熱性・トラブルフリー等、要求される水準は極めて高い。更には巨大魚との闘いのための選び抜かれたルアー。

 耐久ラリーの歴史にその名を燦然と残した「ランチア・ストラトス」「アウディ・クアトロ」、篠塚健次郎と共にパリダカを制した「三菱・パジェロ」、これらに匹敵するような栄光のフィッシングギアの登場を大いに期待したい。

大アマゾンフィッシングラリーが行われるのは6月

Coming Soon from deep amazon !

https://rally.fish/



■ 大アマゾンフィッシングラリーの他に例をみない特徴




1. 大アマゾンだからこそできるオリジナルで多様な魚種での競技

世界最大の有鱗魚ピラルクー、世界最大の鯰ピライーバ他4種を含む計6種でのトーナメント。

異なる6種もの魚種で競うトーナメントは世界初。さらにその中に世界最大を謳う2魚種が含まれていることも他に例がない。



2. 全ての魚種にルアーのみで挑戦

ブラジル現地でもルアーで釣ったという話を聞いたことがない世界最大の鯰ピライーバを、世界で初めてルアーのみで釣りあげることに挑む。これは釣り師とアマゾン河の主との壮絶な戦いになる。



3. アマゾンフィッシングマスター

大会の優勝者には「アマゾンフィッシングマスター」の称号を授与しその栄誉を称える。

■ 大会概要

大会名 : Great Amazon World Fishing Rally

開催期日 : 2019年 6月20~27日

開催場所 : ブラジル ゴイアス州

主催 : 一般社団法人Great Amazon Fishing Rally Association

共催 : Amazon Touch ltda

後援 : ブラジル ゴイアス州

協賛/協力 : Shinko Always Co., EcNA Inc., JET Coporation, Empresa Keiryu

参加チーム: 全世界6チーム (予定)

■ 他の釣り大会とは一線を画すグランドコンセプト

1. 大自然Amazonの サステナビリティの訴求

- イベントの情報発信による全世界への環境啓発

地球最後の秘境アマゾンとそのユニークで多様な生態系が何百年後の世界にまでも存続し、今と同じように豊な恵みを与えてくれるよう、 その大自然の強さ豊かさとその魅力と大切さを伝え、これを大事に思い保護する意識を喚起し後押しする。失われたものは二度と戻らないから。



- 地域住民に対する環境啓発

住民からすればただの日常の生活空間が、世界の視点から見ると大きな価値があることに気づいてもらう契機としたい。その啓発を通じ、その先にある価値の活用、さらにはその価値を守り保護していくという気づきに繋いで、より多くの住民が「何が出来るか、何をすべきか」を考えていけるようになることを目指す。



2. 究極のエンターテインメントスポーツの開発



- パリダカの情熱とDNAを継承

第一回パリ・ダカールラリーの情熱とDNA(哲学・コンセプト)を継承すべく、大自然と格闘する究極のスポーツ「釣り」を新たな視点で再解釈し確立する。アマゾンがSahara 、ロッドとリールがRally Car、アングラーがDriver。誰もがExciteし、Crazyに感じた大会を再現する。



- 最新/斬新な 映像技術の活用

日本のドキュメンタリー制作のプロデューサーを筆頭 に、ブラジルで数多くのネイチャードキュメンタリーに携わったスタッフが集結。今までの釣りコンテンツになかった、最新且つ斬新な視点と映像技術の導入で、エクストリームな映像を作成。釣りを世界レベルのエクストリームスポーツに引き上げる。



3. 未来に向けた人間社会の発展への寄与



- TOKYO-GOIAS ALLIANCE

都会と辺境、地球の表と裏、東洋と西洋、あらゆる違 いを乗り越え手を携えて共に世界レベルの大会を開く。 思いがつながり形になる、そんな未来のコミュニティを体現する大会とする。



- 女性アングラーの参加

釣り=男のスポーツというのは過去の話。 ダイバーシティから生まれる価値を具現化すべく、マルチナショナルなスタッフ・チームで女性とともに創り上げる大会とする。無論女性アングラーも参戦。

■ 開催地 ブラジル ゴイアス州とは

ブラジル中部内陸の州。面積は34万km2、人口約670万人。ブラジル内陸部の拠点都市でもある州都ゴイアニアは人口百万を超える経済都市。この開催地ゴイアスには世界に誇るべき物が3つある。



1. ピッカーニャのシュラスコ(CHURRASCO)

リオオリンピックやブラジルワールドカップで有名になったのがゴイアスステーキの代表格“ピッカーニャ“。東京の和牛(神戸牛・松坂牛)やニューヨークのプライムリブステーキに並ぶ世界的に有名な肉。ピッカーニャの塊肉を豪快に削ぎ落とし、岩塩を振って食べるシュラスコの味は世界を代表する肉料理に相応しい唸るほどの旨さ。



2.ピキ (PERFUME ON RICE)

どのくらいの人がピキを知っているだろうか。米の一粒一粒にその香りを纏わせる世界唯一の「米の香水」、それがピキ。炊き上げた米がピキの香りを纏えば世界中が驚く米料理が出現する。世界に通用するゴイアスの代表的な料理。



3.アラグライ川(ARAGUAI RIVER)

地球最後の秘境「大アマゾン」、そしてサバンナのような気候の大平原「セラード」。この二つはブラジルの宝。ゴイアスはこの二つに囲まれた場所にある。そう、アラグライ川はアマゾンに通じる偉大な川なのだ。それが生み出す肥沃な大地は大いなる自然を育んで我々を待っている。



●公式サイト

https://rally.fish/



■お問い合わせ先

一般社団法人 Great Amazon Fishing Rally Association

e-mail: info@rally.fish


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい