「キッズライン(ハート)Kids Line」「米津玄師」「U.S.A」など2018年のYouTubeをデータで振り返る【YouTubeランキング2018】を発表 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

「キッズライン(ハート)Kids Line」「米津玄師」「U.S.A」など2018年のYouTubeをデータで振り返る【YouTubeランキング2018】を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
PR TIMES

- 株式会社BitStar



インフルエンサーマーケティングの分析ツールInfluencer Power Ranking(IPR)にて独自集計したデータ「YouTubeランキング2018 by IPR」を発表致しました。「チャンネル総再生数」「動画再生数」「新チャンネル登録数」「チャンネル成長率」「タイアップ動画数」といった切り口で、ランキングを作成しております。



「キッズライン(ハート)Kids Line」「米津玄師」「U.S.A」など2018年のYouTubeをデータで振り返る【YouTubeランキング2018】を発表

株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉拓、以下BitStar)は、インフルエンサーマーケティングの分析ツールInfluencer Power Ranking(IPR)にて独自集計したデータ「YouTubeランキング2018 by IPR」を発表致しました。なお、本リリースにおけるランキングはトップ10のみの開示になりますが、IPR(https://ipr.tokyo/)に登録いただいた企業に対してはランキングTOP100まで開示する予定ですので是非この機会にご登録ください。



今回発表するランキング結果は以下の通りです。



2018年のチャンネル総再生数ランキング

2018年の動画再生数ランキング

2018年の新チャンネル登録者数ランキング

2018年のチャンネル成長率ランキング

2018年のタイアップ動画ランキング

1.2018年のチャンネル総再生数ランキング

第1位は『キッズライン(ハート)Kids Line』。「ねみちゃん」と「こうくん」の姉弟が楽しく遊ぶキッズ向けチャンネルです。累計再生数は13億回を超え、2018年に最も再生回数が多いチャンネルになりました。現在はチャンネル登録者数が非公開ではありますが、2018年10月にチャンネル登録者数が『HikakinTV』を超えたことがニュースとなり、大きな話題となりました。



第2位は『Fischer's-フィッシャーズ-』。中学時代の同級生によって結成された7人組のグループYouTuber。活動はYouTube内に留まらず、音楽活動や映画出演など様々な領域にて活躍の幅を広げています。



第3位は『東海オンエア』。メンバー全員が愛知県出身の6人組のグループYouTuber。愛知県岡崎市の観光伝道師にも任命されており、岡崎市に設置されたパネルが盗難される事件も発生しました。



2.2018年の動画再生数ランキング

第1位は『米津玄師 MV「Lemon」』。2018年、あらゆるヒットチャートを総なめにした米津玄師。2018年の紅白歌合戦では初の生番組における歌唱を地元徳島から出演する形で行い、大きな話題になりました。



第2位は「キッズライン(ハート)Kids Line」の『マグマだー!! 人魚が助けてくれる??? マグマ 目玉焼き バービーラジコン おゆうぎ mermaid lava こうくんねみちゃん』がランクイン。再生回数は1億2千万回を超えており、キッズ向け動画の強さが現れています。



第3位は、『DA PUMP / U.S.A.』。ダサかっこいいMVと楽曲、いいね!ダンスが話題になりました。YouTube上では「U.S.Aゲーム」が流行り、多くのYouTuberが動画を投稿しました。



3.2018年の新チャンネル登録者数ランキング

第1位は『【レペゼン地球】公式』。2018年7月に登録者数100万人を超えていたメインチャンネルがYouTubeのガイドライン違反の対象として削除されました。その後、新しいアカウントにて、再度、チャンネル登録者数が100万人を突破。2018年は幕張メッセでの単独ライブ開催など、活動規模を大きく拡大しました。



第2位は、『はじめしゃちょーの畑』がランクイン。人気YouTuberの「はじめしゃちょー」が始めた新しいチャンネルです。はじめしゃちょーと愉快な仲間達が日常を発信していくゆるい「ビデオブログ」的なチャンネル。



第3位は、『ほんだのばいく』がランクイン。モデルで女優の「本田翼」さんがゲーム実況配信チャンネルとして開設したチャンネルです。チャンネル開設時からTwitterを中心に大きな話題に。2018年12月には人気実況者グループ「兄者弟者」とコラボ配信を行っています。



4.2018年のチャンネル成長率ランキング

第1位は『オサミンティヌス3世』。ゲーム実況動画と歌ってみた動画をメインにて投稿を行っています。成長率は驚異の1万5,563%。2018年1月12日に投稿された動画「戦場でプロ並みに歌上手い奴が路上ライブしたら面白すぎたwwwwwwww 【WW2実況】」にてブレイクし、その後は毎月5~10万人単位でチャンネル登録が増加し続けました。



第2位は、『ikkou k10』がランクイン。チャンネル名だけでは分かりづらいですが、「こなつちゃん」という女の子が登場するキッズチャンネルです。2018年5月頃から人気が急上昇。現在は妹の「はなちゃん」も動画に登場しています。



第3位は『だいにぐるーぷ』がランクイン。6人組のグループYouTuberで、2018年7月に公開した「心霊スポットで1週間生活してみた。【1日目】」で大ブレイク。動画の投稿頻度は少ないものの、高い企画力と編集力で多くのファンがいます。



5.2018年のタイアップ動画ランキング

最もYouTube上で再生されたタイアップ商品は『荒野行動』。人気ゲーム実況チャンネルの「Mahito Games」を中心に、人気YouTuberが定期的にタイアップ動画を配信しており、累計の再生数は1億回を超えています。単体の動画として、最も再生数が多い動画はVFXが駆使されハイクオリティーとなっている「れーと先生RATE VFX」の『【実写】荒野行動を本気で再現してみた!【RATE先生】Knives Out』が

750万再生を超える人気動画となっています。なお、本動画はBitStarを介して提供されたタイアップ案件です。



第2位は株式会社イオンファンタジーの『モーリーファンタジー』がランクイン。キッズ層から人気を集めている「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」や若年層のファン層が多い「おるたなChannel」、「きょんくま」など様々なYouTuberとタイアップを行っています。YouTuberとのコラボも積極的に行われ、「HIKAKIN」や「水溜りボンド」などがクレーンゲームのオリジナル景品になりました。



第3位はソフトバンク株式会社の『ウルトラギガモンスター』がランクイン。「Fischer's-フィッシャーズ-」や「東海オンエア」、「はじめしゃちょー」といった人気YouTuberを多くキャスティングしており、若年層に対して大規模なプロモーションを実施しました。

BitStarでは「Influencer Power Ranking(IPR)」の開発を軸として、YouTubeやInstagramを対象に、インフルエンサーの影響力や投稿に関する実績情報などのビッグデータを収集・解析することで、企業様のマーケティングのサポートを行っています。



今回の調査結果を含めて様々なデータを保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。



====================

■Influencer Power Ranking(IPR)

URL:https://ipr.tokyo/

利用料金:基本無料(一部月額会員向けコンテンツあり)

無料会員向けコンテンツ:インフルエンサーの詳細閲覧、インフルエンサー検索の基本ソート、など

有料会員向けコンテンツ:インフルエンサー毎の案件実績詳細閲覧、インフルエンサー検索の応用ソート、インフルエンサーを活用したPR実績の閲覧など



■IPR REPORT

URL:https://ipr.tokyo/rpt/

マーケター向けに、インフルエンサー・マーケティングに関連する知見を発信するWEBマガジンです。



■株式会社BitStarについて

「インフルエンサーが活躍できるインフラをつくる」というビジョンのもと、広告、プロダクション、メディア制作の3領域×テクノロジーでインフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを展開。インフルエンサーを軸とした新しいコンテンツ産業をつくるべく今後も様々な事業を展開予定。



株式会社BitStar https://corp.bitstar.tokyo/

本社:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル6F

設立:2014年7月

事業内容:インフルエンサーマーケティング事業

・インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar」:https://bitstar.tokyo/

・YouTuberプロダクション「E-DGE」:https://e-dge.co.jp/

・プランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking」: https://ipr.tokyo/

・ファンクラブサービス「costar」:https://co-star.me/

・VTuber事業

・YouTube番組制作事業



■本リリースに関する問い合わせ

株式会社BitStar 広報担当 加藤

MAIL:info@bitstar.tokyo

電話番号:03-4520-5777


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい