dot.[ドット]

【ホテルオークラ東京】開業55周年記念ロゴとコーポレートスローガン発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2017/1/11 18:41)

55周年イヤー開始に先立ち、期間限定婚礼プランを発売!



- オークラ ホテルズ & リゾーツ



ホテルオークラ東京(代表取締役社長 池田正己)は、2017年5月20日(土)に開業55周年を迎えるにあたり、記念ロゴとコーポレートスローガンを策定いたしました。55周年記念イヤー期間を2017年4月1日(土)から2018年3月31日(土)までとし、メセナ活動イベントに加え、さまざまな商品展開をいたします。開業55周年を迎える2017年は、これまで築きあげてきたものと躍動する未来が交錯する年と位置付けております。新本館開業を2年後に控えながら、別館では旧本館から移設したレストランやバーなどの施設を含め「いつものオークラのくつろぎと満足」をご提供し、皆様のお越しをお待ちいたしております。



ホテルオークラ東京は、1962年(昭和37年)、「世界に通用する、日本独自の国際ホテル」として、東京・虎ノ門の地に開業いたしました。以来、多くのお客様をお迎えするとともに、時代に先駆けた試みを続け、日本のホテル産業をリードしてまいりました。創業者である大倉 喜七郎が抱いた“国際的なサービスと日本美の調和”という信念を今も受け継ぐため「親切と和」を重んじ、すべてのサービスにおいて「紙一重の差」をつけることを信条とし、Best A.C.S 「最高の施設(Accommodation)、最高の料理(Cuisine)、最高のサービス(Service)」の提供に日々努めております。



【55周年 コーポレートスローガン】



「今を活かす」-2017年は今しかない-



【55周年 ロゴ コンセプト】

漢数字の「五」を交差させ、霞棚形や毛筆をモチーフ

としたデザインを用いることにより、 信念を持って続けてきた

ものを糧として未来へと挑戦する姿勢を表現しております。



【55周年 キーワード】



「この場所から、未来へ。」 

英:Tradition and the Future

期間限定ご婚礼プラン ~メルヴェイユ~

“食のオークラ”とも言われたホテルオークラ東京にて、3つの特別コースメニューからお選びいただけるプランが誕生いたしました。正統派オークラフレンチ、ふかひれや北京ダックなど豪華食材を取り揃えた中国料理、鯛をはじめ祝宴にふさわしい彩り豊かな日本料理をご用意いたしております。また特典もご用意し、お二人のこだわりたい内容をより充実させることができます。



<プラン内容>

【ご利用期間】   2018年5月20日(日)まで



【受付期間】    2018年5月 6日(日)まで

【ご利用人数】   40名様~

【料 金】    40名様  ¥1,230,000

お一人様追加 ¥ 25,000

【お料理】プラン特別メニュー

(フランス料理・中国料理・日本料理のいずれか)

【お飲物】

食前酒、乾杯スパークリングワイン、白ワイン・赤ワイン、ほか

【ケーキ】 入刀用ウェディングケーキ

【室料】  披露宴会場・ご来賓控室・ご親族控室

【装花】  メインテーブル装花・ケーキ装花・ゲストテーブル

(4卓分)

【音楽】  ピアノ演奏(奏者含む) または サラウンド3

【ペーパーアイテム】招待状・宛名代書・メニュー・席札・芳名帳

【スタジオ写真】六ツ切2ポーズ

【カラーコーディネート】クロス・イスカバー

【花嫁介添】



<プラン特典>※下記よりひとつお選びください。

◆スナップアルバム(挙式シーンのみ)◆ブーケ&ブートニア◆式前スナップ(ロケーション)撮影

◆追加テーブル装花◆ご新婦衣裳小物◆ブライダルエステ◆ご新郎タキシードアップグレード

◆ウェディングビューティーセミナー◆ハイヤーセダンタイプ2台



<今後のスケジュール>

2017年3月上旬にご宿泊やレストラン商品に関するニュースリリース配信を予定



【ホテルオークラ東京について】

穏やかで安らぎに満ちた、日本ならではのおもてなしのスタイルを表現したロビー。それは、時を越えて輝きを放つ「和の伝統美」の結晶です。伝統を大切にしながらも常に最高の味を求めて前進する料理、癒しや寛ぎを追求した様々なタイプの客室。時代に流されない確かな品位と新しいスタイルが絶妙に交差した本物のオリジナリティが溢れるホテルです。 2015年9月以降も別館で営業を継続しております。本館につきましては、2015年8月末に営業を休止し2019年竣工予定です。



〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-10-4

TEL:03-3582-0111(代表)

アクセス:東京都メトロ日比谷線・神谷町駅、南北線・六本木一丁目駅 ※いずれも徒歩10分以内

webサイトURL:http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/

インスタグラム公式アカウント:https://www.instagram.com/hotelokuratokyo/

トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加