ビジネス

いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

「NFT(Non- Fungible Token、非代替性トークン)は世界を変える可能性の塊です。たとえばこの先、暗号資産(仮想通貨)がなくなることはあっても、NFTは決してなくならないのです」 こう

dot.

10/21

  • 「インスタは子どもにとって破滅的」FB元社員が内部告発 ザッカーバーグ氏は「証言は誤っている」と反論

     ユーザーの健康や安全より利益を優先している──。世界30億人が利用する フェイスブック元社員が内部告発し糾弾した。巨大企業の社会的責任が問われている。AERA 2021年10月25日号の記事から。*

    AERA

    10/19

  • 東浩紀

    東浩紀

    東浩紀「SNSでのデマや誹謗中傷対策には攻撃が空回りする場を増やすのが有効」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 筆者の会社は「シラス」という動画配信プラットフォームを運営している

    AERA

    10/19

  • シニア主婦YouTuber、突如バズる 最後の動画は「自分が亡くなる話」

     今やYouTubeに投稿する「ユーチューバー」は、若い世代だけではない。シニア層も進出し、独自の視点で動画を公開している。そんな「シニアユーチューバー」の魅力や原動力に迫る。【前編/80代YouTu

    週刊朝日

    10/19

  • 初心者の大勘違い! 「バランス型8資産」分散するほどハイリスクだった

    「株式だけでの運用は怖い」という人に人気のバランス型投信。株や債券、REIT(不動産投信)などの資産や、日本、先進国、新興国など地域も分散されている。 さまざまな投資対象が組み入れられているので、なん

    AERA

    10/19

  • 80代YouTuberの「ジジイ・昭和あるある」が話題 本人「同情票ですよ」

     YouTubeで自作の動画を公開する「ユーチューバー」。今や小学生のなりたい職業ランキング上位の注目業界に、近年シニア層が進出している。YouTubeに老後の生きがいを見つけた「シニアユーチューバー

    週刊朝日

    10/18

  • 元本保証0.23%ほか高金利預金ベスト13! メガバンクにお金は預けられない?

     アエラ増刊「AERA Money 2021秋号」では「貯金・節約・投資のワザ100」と題して100個のトクするテクニック&裏ワザを掲載している。その中から、貯金に関する13の注目情報をピックアップし

    AERA

    10/18

この人と一緒に考える

  • 「日経225」「TOPIX」「JPX400」日本株投信、優秀なのはどれだ?

    「つみたてNISA」では「蚊帳の外」感が漂う日本株のインデックス型投資信託。以前はインデックスといえば日本株だったものだが、米国株が圧倒的な人気なのである。さて日本株の投信は買うべきか? もし買うなら

    AERA

    10/17

  • ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

     新首相誕生の大騒ぎも束の間、国の行方を左右する衆院選が10月末に迫る。日本では投開票がいまだに手作業で行われているが、デジタル技術の発展により、海外ではインターネット投票を行う国が出てきている。国政

    週刊朝日

    10/16

  • ビギナーにもおすすめ!「先進国株式」投信の意外なポイント、買い方のコツは?

     投資信託を選ぶとき「米国株一辺倒は避けたい」「でも、全世界株式投信に入っている中国などのアジア株もちょっと……」という人は多い。 そんな人は先進国株式の投信がいい。ビギナ

    AERA

    10/15

  • 「S&P500」か「全米株式」で迷う… 失敗しない米国株投信の選び方は?

    「つみたてNISA」で一番人気を誇る米国株のインデックス型投資信託。同じ米国株投資信託でも、S&P500と全米株式ならどちらが良い? 純資産総額で見ると「S&P500」が圧倒的だが、そもそも全米株式の

    AERA

    10/14

  • 投資信託の積み立ては毎月「ベストな日」がある!? 365日×20年検証で驚きの結果

     投資信託(以下、投信)をつみたてる日は、毎月どの日が一番、利益を出しやすいのだろう? クレジットカードつみたてで無い限り、自由に選べる金融機関も多いだけにビギナーは迷う。■米国S&P500は「7日、

    AERA

    10/13

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「キリンビール前社長、布施孝之さんの早すぎる死を悼む」

     キリンビールの社長だった布施孝之さんが先月、亡くなられました。享年61。あまりに早すぎるその知らせは、本当にショックでした。 私がローソンの社長に就任して以降、お取引先のトップとして温かい応援の言葉

    AERA

    10/11

この人と一緒に考える

  • つい自分の顔を見てしまうのは脳のせい 自分の顔を見ると脳の「やる気回路」が発動

     クラス全員で撮った集合写真を見ると、なぜか自分の顔に目がいってしまう。鏡に自分の顔が映ると、ついつい見入ってしまう。どうやら脳は、「自分の顔」を「他人の顔」とは区別して、優先的に扱っているようだ。大

    AERA

    10/9

  • ノーベル物理学賞の真鍋淑郎氏の日本に戻りたくない理由「核心をついている」

     真鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員(90)が、2021年のノーベル物理学賞を受賞した。同じ日本人として誇らしい思いになった人は多かったかもしれないが、真鍋氏は米国籍を持つ。記者会見で停滞する日本

    10

    dot.

    10/8

  • 60億円赤字でも「まいったねぇ」と怒らず DMM亀山会長「やせ我慢」する理由

     領域を問わず幅広い事業を展開するDMM。成功の裏には失敗を恐れない企業文化があった。AERA 2021年10月11日号は、同社の亀山敬司会長に取材した。*  *  *「辞表を書くしかない&helli

    AERA

    10/8

  • 全世界株式投信「オールカントリー」と「除く日本」どっちがいい? 15年積立で勝敗!

     金融庁が「つみたてNISA」の対象商品として認めた全世界株式投信の中で信託報酬が安く人気なのは、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」「eMAXIS Sli

    AERA

    10/7

  • グーグルグラス「眼鏡」なのに総重量30キロ? なぜグーグルは「早めの失敗」を大切にするのか

     仕事で失敗を恐れるあまりに萎縮するのは、もはや日本の伝統芸といえよう。だが、閉塞感漂う今こそ、つまずくことを恐れない発想が必要だ。失敗だって、大っぴらにしようじゃないか。AERA 2021年10月1

    AERA

    10/7

  • 「暗号資産」42億分の1に暴落したケースも 若者のトラブル急増

     中国政府が取引などを全面的に禁止すると発表したことで記憶に新しい人も多いだろう。そもそも暗号資産とは何か。投機対象として財産を築いた人もいる一方で、儲かると勧誘されて投資をし、損をした人も若者などに

    1

    週刊朝日

    10/7

1 2 3 4 5

カテゴリから探す