ポスト・マローン、アースデイ記念に国際宇宙ステーションの米宇宙飛行士と交信

2023/04/21 18:18

ポスト・マローン、アースデイ記念に国際宇宙ステーションの米宇宙飛行士と交信
ポスト・マローン、アースデイ記念に国際宇宙ステーションの米宇宙飛行士と交信


 現地時間2023年4月20日にポスト・マローンが、アースデイを祝うために国際宇宙ステーションにいるNASAの宇宙飛行士と対談した。
 クルー6のスティーヴ・ボーエンとウッディ・ホバーグ両宇宙飛行士と交信した彼は、ビデオ通話で本名のオースティンを名乗り、「そちらにいる皆さんは、宇宙で一番すごい景色を見ていると思います」と述べ、宇宙探査員たちから地球の気象パターンがどう見えているか尋ねた。
 「実はそれをするのが窓の外を眺める際に一番好きなんです」と、ボーエンは答えた。米軍潜水艦乗組員でもある彼は、「僕は海で過ごすことが多いですし、(ここから)見える海もたくさんあります。そこで雲のパターンを見るんですが、ここから見える最も素晴らしいもののひとつは……トレーニングをしていたら、閃光に気づき始めたんです。夜の稲妻や雷雨は、本当にとてつもないです。そしてその大きさは本当に驚くべきもので、陸地の広い範囲に広がることがあります。そのような天候を見るのは、本当に素晴らしいことです」と語っている。
 その後ポスティは、宇宙ステーションに初めて行く新米フライト・エンジニアであるホバーグに、宇宙での生活についてどのような第一印象を持ったかを尋ねた。ホバーグは、「宇宙へ行く前に、窓の外を見ると二つのことがわかると言われていました。ひとつは、国境がないこと。世界中を見渡しても、国境はありません。そして二つ目は、大気圏がいかに薄いかということです。この二つのことは、上空から見ると著しく、著しくそのとおりでした」と述べている。
 そしてポスティが、「僕たちの大きな青い惑星とアースデイについて何か思うことはありますか」と尋ねると、若い宇宙飛行士は、「地球はとても特別な場所です。僕が思い出すのは、素晴らしい景色が見えるキャンプに行って、そういう驚くほどの美しい景色を見るとしますよね。でも最後には家に帰りたくなる。この高さの見晴らしは驚くべきものです。毎日外を眺めていると、あの素晴らしい地平線と私たちの大きな青いビー玉が見えるんです。(地球は)とても特別な場所です。この場にいて、このような体験ができることは、とても光栄なことです」と締めくくった。

あわせて読みたい

  • 爪切りは? 掃除は? 病気になったらどうする? 国際宇宙ステーションの生活に迫る!

    爪切りは? 掃除は? 病気になったらどうする? 国際宇宙ステーションの生活に迫る!

    tenki.jp

    9/12

    宇宙飛行士・金井宣茂さん 医師から宇宙飛行士に転じた理由

    宇宙飛行士・金井宣茂さん 医師から宇宙飛行士に転じた理由

    AERA

    10/19

  • 2000倍を突破の宇宙飛行士候補2人が受ける訓練とは? 極限環境ミッションの驚きの場所

    2000倍を突破の宇宙飛行士候補2人が受ける訓練とは? 極限環境ミッションの驚きの場所

    dot.

    3/5

    ローソン社長・竹増貞信「からあげクンが宇宙食に!  フリーズドライ製法で旨みをぎゅっと詰め込みました」
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「からあげクンが宇宙食に! フリーズドライ製法で旨みをぎゅっと詰め込みました」

    AERA

    10/12

  • 宇宙から帰ってきた日本人

    宇宙から帰ってきた日本人

    週刊朝日

    1/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す