<コーチェラ2023現地レポ>サマソニで初来日のゲイブリエルズ、美声とエンタメ性に溢れたステージで魅了

2023/04/17 13:32

<コーチェラ2023現地レポ>サマソニで初来日のゲイブリエルズ、美声とエンタメ性に溢れたステージで魅了
<コーチェラ2023現地レポ>サマソニで初来日のゲイブリエルズ、美声とエンタメ性に溢れたステージで魅了


 現地時間2023年4月14日~16日にかけて、米カリフォルニア州インディオにて野外音楽フェスティバル【コーチェラ・バレー・ミュージック&アート・フェスティバル2023】のウィークエンド1が、ヘッドライナーにバッド・バニー、BLACKPINK、フランク・オーシャンを迎えて開催されている。
 ここでは、8月の【SUMMER SONIC】で初来日するゲイブリエルズのBillboard JAPAN特派員による現地からのレポートをお届けする。
 長いマントを羽織って登場した瞬間からステージを自分のものにしたような貫禄を持ったフロントマンのジェイコブ、ステージに向かって右にキーボードのライアン、左にヴァイオリンのアリ、さらに後方にドラム、ベース、キーボードと3名のコーラスを従え、冒頭から見事な歌声と存在感で観客の心を掴んだ。
 ミュージカルの主人公の如く、ステージを完全に支配するジェイコブだが、マントを脱ぐとスーツ・ポケットからレインボーのハンカチをのぞかせたり、MCでは「久しぶりのライブで大変だけど、ビヨンセはパフォーマンスすることをいかにも簡単なように見せるよね!」と話すなど、親しみやすいキャラもアピールしていた。
 ジェイコブが“お気に入りの曲”として紹介した「Taboo」に続いて、ピアノ、ベース、ドラムのみで、バーブラ・ストライサンドの「追憶(The Way We Were)」のスローテンポな演奏で魅力した。ゴスペル/チャーチ出身とあって、オーディエンスをハッピーにさせるエンターテインメント性に溢れたステージだった。

あわせて読みたい

  • <コーチェラ2023現地レポ>クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、ミニマムかつ芸術性的パフォーマンスで圧倒

    <コーチェラ2023現地レポ>クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、ミニマムかつ芸術性的パフォーマンスで圧倒

    Billboard JAPAN

    4/21

    <コーチェラ2023現地レポ>ディナー・パーティー、豪華メンツが紡ぐ極上のグルーヴ

    <コーチェラ2023現地レポ>ディナー・パーティー、豪華メンツが紡ぐ極上のグルーヴ

    Billboard JAPAN

    4/21

  • <コーチェラ2023現地レポ>ビョーク、古典的なオーケストラ&先進的なドローン演出でキッズを魅了

    <コーチェラ2023現地レポ>ビョーク、古典的なオーケストラ&先進的なドローン演出でキッズを魅了

    Billboard JAPAN

    4/20

    <コーチェラ2023現地レポ>ボーイジーニアス、注目のスーパーグループによる渾身のステージ

    <コーチェラ2023現地レポ>ボーイジーニアス、注目のスーパーグループによる渾身のステージ

    Billboard JAPAN

    4/21

  • <コーチェラ2023現地レポ>ゴリラズ、サンダーキャット/デ・ラ・ソウルら豪華ゲストと共演

    <コーチェラ2023現地レポ>ゴリラズ、サンダーキャット/デ・ラ・ソウルら豪華ゲストと共演

    Billboard JAPAN

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す