ドレイク、観客がバルコニーから転落したため公演を一時中断

2023/01/24 13:38

ドレイク、観客がバルコニーから転落したため公演を一時中断
ドレイク、観客がバルコニーから転落したため公演を一時中断


 現地時間2023年1月22日、ドレイクが米NYのアポロ・シアターで行ったコンサートで、観客の男性が中二階のバルコニーから1階の客席に転落したため、公演が一時中断となった。
 スタッフがステージに駆け上がり、ドレイクに状況を伝えると、彼は「ある人の無事を確認しないとならない」と語り、パフォーマンスを止めた。このハプニングは、コンサートが始まって約90分が経った頃に発生した。当時21サヴェージがドレイクと一緒に「リッチ・フレックス」やコラボ・アルバム『ハー・ロス』の収録曲をパフォーマンスをするためにステージに登場したところだった。会場スタッフが負傷した男性の手当てをする間、コンサートは約15分ほど中断された。
 翌日23日に会場側が公式インスタグラムに投稿した声明には、「残念なことに、昨晩、観客が中二階からオーケストラ・セクションに転落する事故が発生しました」と綴られている。「ドレイク、アポロ、シリウスXMは、ファンが負傷した可能性があることを知り、直ちにコンサートを中断し、標準的なプロトコルを取りました。会場にいたEMS(救急医療班)が負傷者をすぐに診ました。このファンや他の観客も無事だと話しています。大きな怪我は報告されていません。アポロはさらに状況を調査しています」と説明している。
 ドレイクは、シリウスXMとのパートナーシップで、昨年秋にアポロ・シアターでの一夜限りのコンサートの開催を発表していた。当初は11月11日に実施される予定だったが、その1週間前に射殺されたミーゴスのテイクオフを悼むため、12月上旬に延期されていた。その後、制作上の理由から1月へとさらに延期となり、2日目の公演が追加されていた。
 2夜にわたって行われたコンサートには、ジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻、ケビン・デュラント、オデル・ベッカム・ジュニア、アーロン・ジャッジ、エイサップ・ファーグなどの著名人が出席した。ドレイクは、ヒット曲やディープ・カッツを織り交ぜた自身のカタログを網羅したパフォーマンスを披露し、スペシャル・ゲストとして、ディップセットとリル・ウージー・ヴァートが出演した。さらには、今夏21サヴェージとのツアーを行う可能性も示唆した。

あわせて読みたい

  • ドレイク、テイクオフの死を悼んでアポロ・シアター公演を延期

    ドレイク、テイクオフの死を悼んでアポロ・シアター公演を延期

    Billboard JAPAN

    11/9

    ドイツのフェスで落雷、33人が負傷し病院搬送

    ドイツのフェスで落雷、33人が負傷し病院搬送

    Billboard JAPAN

    6/8

  • ジョン・メイヤー参加のデッド&カンパニー、LA公演が爆弾予告により一時中断

    ジョン・メイヤー参加のデッド&カンパニー、LA公演が爆弾予告により一時中断

    Billboard JAPAN

    6/2

    ドレイク、ライブを中断し痴漢を叱責

    ドレイク、ライブを中断し痴漢を叱責

    Billboard JAPAN

    11/16

  • 阪神戦でファンがスマホライトで試合を“妨害” 法的責任について元球児の弁護士の見解は?

    阪神戦でファンがスマホライトで試合を“妨害” 法的責任について元球児の弁護士の見解は?

    dot.

    4/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す