【ビルボード 2022年 年間TOP Lyricists】作詞家ランキングは2年連続Ayaseが1位に

2022/12/09 10:11

【ビルボード 2022年 年間TOP Lyricists】作詞家ランキングは2年連続Ayaseが1位に
【ビルボード 2022年 年間TOP Lyricists】作詞家ランキングは2年連続Ayaseが1位に


 2022年の年間Billboard JAPAN作詞家チャート“TOP Lyricists”にて、Ayaseが1位に輝いた。
 本チャートは、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”にチャートインした楽曲を作詞家別にランキング化したものだ。2022年上半期1位のAyaseは、ストリーミング1位、ダウンロード3位、動画4位とトップ5を3つ獲得し、2021年に引き続き、2年連続で見事1位を獲得した。2021年年間チャートと比較してみると、ランクダウンしている指標が多くあったが、2022年もストリーミングは強く、本チャート2位の藤原聡(Official髭男dism)とストリーミングのポイントを比較してみると1.3倍の差をつけている。また、2022年年間総合ソング・チャートには「夜に駆ける」(15位)、「群青」(16位)、「怪物」(20位)、「三原色」(58位)、「祝福」(74位)、「もう少しだけ」(98位)と計6曲を送り込んだ。なお今年度、AyaseがメンバーであるYOASOBIは、YOASOBI with Midories「The Swallow」(「ツバメ」英語Ver.)や「The Blessing」(「祝福」英語Ver.)、「もしも命が描けたら」「大正浪漫」「ハルジオン」「もう少しだけ」「ハルカ」「ラブレター」といった全8曲の英語バージョンを収録した英語版EP第2弾『E-SIDE 2』を11月にデジタルリリースした。
 2位には、前年度に引き続き、2年連続で藤原聡がチャートイン。ラジオ1位、ダウンロード・ストリーミング・動画で2位、カラオケで3位とトップ5を5つ獲得した。今年度の総合ソング・チャートではロングヒットしているTVアニメ『SPY×FAMILY』のオープニング曲「ミックスナッツ」が4位に。そして「Cry Baby」(17位)、「Pretender」(26位)、「Subtitle」(27位)、「I LOVE...」(53位)、「115万キロのフィルム」(60位)と100位圏内に計6曲送り込んだ。
 前年8位のVaundyは、4位にランクアップ。総合ポイントで比較すると前年度より1.7倍も上昇する結果となった。今年度の総合ソング・チャートでは、映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌でAdoに提供した「逆光 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」、Vaundyの代表曲とも言える「踊り子」をはじめとする計8曲を100位圏内に送り込んだ。
 続く5位のDaiki Tsunetaは、ダウンロードで見事1位を獲得し、前年度9位から5位にランクアップ。今年度の総合ソング・チャートでは、『劇場版 呪術廻戦 0』の主題歌「一途」(10位)など、リリース以降、今もなおロングヒットしている楽曲たちを100位圏内に計4曲送り込んだ。
 そして、今年度の本チャート・トップ10には、Saucy Dogのメンバーである石原慎也が8位、Mrs. GREEN APPLEの大森元貴が9位に登場。大森は映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」(24位)、そして動画で1位を獲得した10位の米津玄師は、現在放送中のTVアニメ『チェンソーマン』のオープニング・テーマ「KICK BACK」(30位)をそれぞれ今年度の総合ソング・チャートに送り込んでいる。
Text by Rumi Miyamoto

【Billboard JAPAN TOP Lyricists of the Year 2022】トップ10
1位 Ayase(YOASOBI「夜に駆ける」「群青」「怪物」)
2位 藤原聡(Official髭男dism「ミックスナッツ」「Cry Baby」「Pretender」)
3位 優里 (優里「ベテルギウス」「ドライフラワー」「シャッター」)
4位 Vaundy(Ado「逆光 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」、Vaundy「踊り子」「怪獣の花唄」)
5位 Daiki Tsuneta(King Gnu「一途」「逆夢」「カメレオン」)
6位 あいみょん(DISH//「猫」、あいみょん「ハート」「マリーゴールド」)
7位 清水依与吏(back number「水平線」「高嶺の花子さん」「クリスマスソング」)
8位 石原慎也(Saucy Dog「シンデレラボーイ」「いつか」「結」)
9位 大森元貴(Ado「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」、Mrs. GREEN APPLE「ダンスホール」「点描の唄 feat.井上苑子」)
10位 米津玄師(米津玄師「KICK BACK」「M八七」「Lemon」)
集計期間:2021年11月29日(月)~2022年11月27日(日)

あわせて読みたい

  • 【ビルボード 2022年 年間TOP Composers】Ayaseが2021年に続き2連覇、Saucy Dogが初のトップ10入り

    【ビルボード 2022年 年間TOP Composers】Ayaseが2021年に続き2連覇、Saucy Dogが初のトップ10入り

    Billboard JAPAN

    12/9

    【ビルボード】ジャパンチャート史上初の快挙、Adoがトップ3を独占

    【ビルボード】ジャパンチャート史上初の快挙、Adoがトップ3を独占

    Billboard JAPAN

    8/17

  • 【ビルボード 2022年 年間Artist 100】Ado、『ONE PIECE FILM RED』で認知を一気に拡大して総合首位獲得(コメントあり)

    【ビルボード 2022年 年間Artist 100】Ado、『ONE PIECE FILM RED』で認知を一気に拡大して総合首位獲得(コメントあり)

    Billboard JAPAN

    12/9

    【ビルボード 2020上半期TOP Lyricists】秋元康の独り勝ちから藤原聡・Daiki Tsuneta・米津玄師へ逆転

    【ビルボード 2020上半期TOP Lyricists】秋元康の独り勝ちから藤原聡・Daiki Tsuneta・米津玄師へ逆転

    Billboard JAPAN

    6/5

  • 【先ヨミ・デジタル】Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」DLソング首位継続中 トップ10の半数を独占

    【先ヨミ・デジタル】Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」DLソング首位継続中 トップ10の半数を独占

    Billboard JAPAN

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す