THE SUPER FRUITが【TikTok流行語大賞】大賞、水曜日のカンパネラ「エジソン」はミュージック部門受賞

2022/12/08 18:12

THE SUPER FRUITが【TikTok流行語大賞】大賞、水曜日のカンパネラ「エジソン」はミュージック部門受賞
THE SUPER FRUITが【TikTok流行語大賞】大賞、水曜日のカンパネラ「エジソン」はミュージック部門受賞


 THE SUPER FRUITが「それでは 聴いてください、チグハグ」で【TikTok流行語大賞2022】の大賞、水曜日のカンパネラ「エジソン」の歌詞「踊る暇があったら発明してえ」がミュージック部門を受賞した。
 2022年8月にデビューしたばかりの7人組男性版清純派グループ、THE SUPER FRUIT。TikTok流行語大賞2022大賞を受賞した「それでは 聴いてください、チグハグ」は、デビューシングル楽曲「チグハグ」から生まれたもの。恥ずかしいことや、痛々しく自虐的なエピソードを話した後に「それでは聴いてください、チグハグ」と言い、「チグハグ」のイントロで踊るという動画が大流行し、ハッシュタグ「#チグハグ」の再生数が12億回を超えるほどのトレンドとなっている。
 また、水曜日のカンパネラ「エジソン」は、MVで披露された足でステップを踏む振り付けを真似たダンス動画が流行り、楽曲を使用した動画の総再生数は27億回を超えている。
 なお、THE SUPER FRUITと水曜日のカンパネラが所属する株式会社つばさレコーズが【TikTok流行語大賞】で大賞を受賞するのは、2020年にひらめが歌った「ポケットからきゅんです!」のフレーズ「きゅんです」に続き2回目となった。

◎THE SUPER FRUIT チーフマネージャー 堀切裕真 コメント
大変光栄な賞をいただけて感無量です。この賞はメンバーの頑張りはもちろんですが、振り返ると、発端はフルファミの皆さんがデビュー前に雨の中で実施したリリースイベントの際に撮影してくれた“推し動画“から全ては始まりました。
そこからじわじわ広がり、夏には瞬く間に広がり、、いつの間にかスパフルは渦の中にいました。今でも不思議な感覚といいますか、何か乗り物に乗ってるような感覚で、夢みたいでどこかふわふわした感覚がありますが、このような素晴らしい賞を頂けるということで応援してくださってるフルファミのみなさん、スパフルに関わってくださった全ての関係者の皆さんに感謝を捧げ、一緒に受賞を喜びたいと思います。本当にありがとうございます!!

あわせて読みたい

  • 【TikTok Weekly Top 20】THE SUPER FRUIT「チグハグ」が6週連続首位、なとり「Overdose」が急上昇

    【TikTok Weekly Top 20】THE SUPER FRUIT「チグハグ」が6週連続首位、なとり「Overdose」が急上昇

    Billboard JAPAN

    9/29

    【TikTok Weekly Top 20】THE SUPER FRUIT「チグハグ」が5週連続首位、Da-iCE「スターマイン」がトップ10入り

    【TikTok Weekly Top 20】THE SUPER FRUIT「チグハグ」が5週連続首位、Da-iCE「スターマイン」がトップ10入り

    Billboard JAPAN

    9/22

  • 【TikTok Weekly Top 20】THE SUPER FRUIT「チグハグ」が4週連続トップ独走、Tani Yuukiのファン注目楽曲が急上昇

    【TikTok Weekly Top 20】THE SUPER FRUIT「チグハグ」が4週連続トップ独走、Tani Yuukiのファン注目楽曲が急上昇

    Billboard JAPAN

    9/15

    【TikTok Weekly Top 20】「それでは聞いてください」がお決まりフレーズのTHE SUPER FRUIT「チグハグ」が初首位、星野源も急上昇

    【TikTok Weekly Top 20】「それでは聞いてください」がお決まりフレーズのTHE SUPER FRUIT「チグハグ」が初首位、星野源も急上昇

    Billboard JAPAN

    8/25

  • 【TikTok Weekly Top 20】ねぐせ。「スウェット」が初登場首位、地上波出演のTHE SUPER FRUIT「チグハグ」は再びトップ3入り

    【TikTok Weekly Top 20】ねぐせ。「スウェット」が初登場首位、地上波出演のTHE SUPER FRUIT「チグハグ」は再びトップ3入り

    Billboard JAPAN

    10/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す