キー(SHINee)、笑顔の日本ソロ公演で「来年はSHINeeをやらないと」追加公演も発表

2022/11/22 13:17

キー(SHINee)、笑顔の日本ソロ公演で「来年はSHINeeをやらないと」追加公演も発表
キー(SHINee)、笑顔の日本ソロ公演で「来年はSHINeeをやらないと」追加公演も発表


 SHINeeのキー(KEY)のオフィシャルライブレポートが到着した。
 SHINeeのキーがソロライブ【KEY CONCERT - G.O.A.T. (Greatest Of All Time) IN THE KEYLAND JAPAN】を、11月19日、20日の2日間、神奈川県・ぴあアリーナMMにて開催した。
 10月に韓国で開催したライブの日本公演となり、韓国での2ndフルアルバム『Gasoline』(8月30日発売)の楽曲を中心に全25曲を披露。日本では約4年ぶりとなるソロライブで、SHINeeとはまた違った“ソロアーティスト・キー”としての独自の世界観を見せた。
 アルバムタイトル曲「Gasoline」の重厚なホーンサウンドのイントロが会場に鳴り響き、ステージ中央からキーがその姿を現す。スパンコールがふんだんにあしらわれた輝く衣装を纏い、大勢のダンサーを従わせた“王者”の風格が漂う力強いダンスと歌で会場のボルテージを一気に上げる。のちのMCで「パワフルな曲だからオープニングにぴったりじゃないか」と本人が1曲目に選んだ理由を述べていたが、狙い通りの華々しい幕開けを飾る。
 続く「Guilty Pleasure」では、レーザー光線を効果的に使った演出で、観客の熱はさらに上昇。そこへ「Another Life」「Yellow Tape」とダンサブルな楽曲を畳みかけ、歌って踊るアーティスト・キーの存在を強く印象付ける。
 MCを挟んだあとには、会場の一体感を高める楽曲も。韓国公演では観客に歌ってもらっていたパートを、日本ではまだ声が出せないということで手拍子に変え、ともに“歌った” 「Villain」、キーが手を振る振付に合わせて、観客も同じようにペンライトを振って踊った日本語曲「Hologram」と、彼の持ち味の一つである親近感も感じさせる。
 衣装をジーンズ生地のジャンプスーツに着替え、新曲「Heartless」から始まった中盤ブロックでは、カジュアルな衣装に合わせるかのような楽しい楽曲も続々と披露。恋の喜びを歌ったポップな「Delight」は、カラフルな背景の上に歌詞が飛び出してくるような映像とともに笑顔いっぱいでパフォーマンスをする。他にも、「Forever Yours」「I Wanna Be」など、楽しそうに歌い踊るキーの姿に、観客たちにも笑顔が溢れていく。
 その雰囲気のまま、MCでも笑顔が弾ける。リハーサルのために少し早めに来日をしたというキーは、「日本に来たらダイエットをするのが難しい」とぼやきながらも、カレーうどん、白子ポン酢、蕎麦、天ぷらなど、食べたものを報告。日々、美味しいものを食べていたようで「今日は我慢してみます」と言うと、観客からその必要はないというリアクションが起き、「でしょ、我慢しなくてもいいですよね(笑)」と、待っていたかのような即答。観客も思わず笑い声が漏れてしまう。「すごい考えたけど、口から(日本語が)出ないんですよ(苦笑)」と、前半のMCでは久しぶりの日本語に苦労しているようなコメントもしていたが、観客とのコミュニケーションは完璧だ。
 MCの後には、アコースティックにアレンジし、訴えかけるような熱のこもった歌声を聴かせてくれたソロデビューアルバムの楽曲「One of Those Nights」も歌唱しつつ、ライブは後半戦へ突入。衣装を全身ホワイトものに変えると、セクシーな雰囲気のある曲や、バラード曲など、中盤で見せていたかわいらしさからは一転、大人っぽくアーティスティックな一面も表現する。
 歌い出しからサビまでは地声で歌い、サビは急転してファルセットで歌い切る「Bound」、スローテンポのダンスナンバー「Ain't Gonna Dance」、デビューした18歳の頃の自分を思って歌詞を書いたという「Eighteen (End Of My World)」、スタンドマイクを使って歌った「Burn」など、曲ごとに異なった表情で魅せる。
 そして本編のラストは「This Life」。4年前、兵役による活動休止を控えて行った日本での最後のライブでも披露していたこの楽曲は、パフォーマンスを前に、当時「寂しい気持ちで歌った」と明かしながら、だからこそ今回は「楽しく歌ってみたい」という想いで選んだと伝える。「一生懸命、ジャンプしてみましょう!」と呼びかけると、観客は歌に手拍子を重ね、ジャンプをしてこの曲の本来の楽しさを満喫。4年前とは違い、笑顔での締めくくりとなった。
「アンコールがあることはみんな知ってるから(笑)」と、茶目っ気たっぷりに話していた通り、「BAD LOVE」で再びステージに登場したキー。炎やレーザー光線などの演出も伴い、激しいダンスナンバーを華麗にパフォーマンスする。
 歌い終えると、「時間って早いですね」と、ライブの終わりが確実に近づいていることを匂わせながら、「横浜で終わったら寂しいじゃないですか」と切り出し、ここで、2023年3月11日、12日の2日間、大阪城ホールで追加公演を行なうことをサプライズ発表。喜びでつい声をあげてしまった観客に苦笑いしながらも、「(自分も)これが最後になると思っていたから嬉しいです」とにっこり。
「また会えるその日まで、健康に気を付けて。皆さん、ぜひまた会いましょう。今日は本当にありがとうございました!」
 最後のメッセージを伝え、キーは今回のライブのタイトルにも引用された「G.O.A.T (Greatest Of All Time)」を届ける。作詞をする際に「また会おう」というメッセージも込めたという曲を歌い切り、観客に手を振りながら笑顔でステージをあとにした。
 途中のMCでは「来年はSHINeeをやらないと。僕も楽しみだし、皆さんも待っていてくれるから。アルバムも出して、みんなでライブしたいな」と言い、オンユ、ミンホ、テミンと話し合いをしていることまで明かしてくれたキー。まずは3月の再会も決まったことで、来年はキーと、そしてSHINeeと会える日が増えることだろう。
 大阪追加公演のチケットは、ファンクラブ先行が11月27日まで受け付け中。

◎公演情報
【KEY CONCERT - G.O.A.T. (Greatest Of All Time) IN THE KEYLAND JAPAN】大阪追加公演
2023年03月11日(土)大阪城ホール
2023年03月12日(日)大阪城ホール 
Photo by 田中聖太郎写真事務所

あわせて読みたい

  • 星野源、初の全国アリーナツアー完走、「Family Song」をライブ初披露

    星野源、初の全国アリーナツアー完走、「Family Song」をライブ初披露

    Billboard JAPAN

    9/11

    KEY(SHINee)初のソロライブイベント【KEY LAND】開催、洗練されたセンスが凝縮されたエンターテイメントショー

    KEY(SHINee)初のソロライブイベント【KEY LAND】開催、洗練されたセンスが凝縮されたエンターテイメントショー

    Billboard JAPAN

    12/26

  • テヨン(少女時代)、全国ソロツアーファイナル公演で感激の涙

    テヨン(少女時代)、全国ソロツアーファイナル公演で感激の涙

    Billboard JAPAN

    6/3

    テミン(SHINee)、「本当に胸がいっぱいです」日本ソロ公演がスタート

    テミン(SHINee)、「本当に胸がいっぱいです」日本ソロ公演がスタート

    Billboard JAPAN

    11/20

  • <ライブレポート>オンユ(SHINee)が思い出の地・代々木で魅惑的な歌声を響かせる

    <ライブレポート>オンユ(SHINee)が思い出の地・代々木で魅惑的な歌声を響かせる

    Billboard JAPAN

    9/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す