カニエ・ウェスト、テスト投稿でツイッターの制限が解除されたことを確認

2022/11/21 18:08

カニエ・ウェスト、テスト投稿でツイッターの制限が解除されたことを確認
カニエ・ウェスト、テスト投稿でツイッターの制限が解除されたことを確認


 2022年11月20日、イーロン・マスクがドナルド・トランプを含む複数の物議を醸してきた人物のツイッター・アカウントを復活させたという報道が飛び交う中、カニエ・ウェストが自身のアカウントを更新した。
 カニエは日曜の夕方、「テスト中。テスト中。自分のツイッターが制限解除されたか確認中」と約3,200万のフォロワーに対してつぶやいた。また、他のツイートでは「Shalom(シャローム:ヘブライ語の挨拶)」と投稿している。
 彼の投稿に対するたくさんの反応の中には「“ちょっと眠いけど”から始まるツイートをしなければ(いいよ)」というものや、イーロン・マスクとカニエのツーショット、そしてカニエのツイッター復帰をイジったミーム画像などが含まれていた。
 カニエのアカウントは、もともと10月に反ユダヤ主義的な投稿が規約違反とみなされ、一時的に制限されていた。
 カニエは、10月8日に「今夜はちょっと眠いけど、起きたらユダヤ人にdeath con 3(※戦争への準備態勢を5段階に分けたアメリカ国防総省の規定“Defcon”をもじった言葉)してやる」と投稿し、「面白いのは、黒人は実はユダヤ人だから、俺は反ユダヤ主義にはなれないのさ。それに、お前らは自身の主張と異なる奴をことごとく反対したり、俺をコケにしてきた」と持論を展開していた。
 それ以降、彼はツイッターに復帰したものの、直近2週間は動きがなかった。
 また、カニエは11月上旬には「会話、アルコール、性行為、そしてポルノからの禁欲」を宣言していた。彼は、「1か月間、誰とも喋らない」と11月3日に投稿し、「30日間のお清めを受ける。言葉の断食。アルコール、ポルノ、性行為も無しだ」と綴った上で、「ただ、俺のツイッターは相変わらず最高だ」と締めくくっていた。

あわせて読みたい

  • カニエ・ウェスト、規約違反によりインスタ・アカウントが再び制限される

    カニエ・ウェスト、規約違反によりインスタ・アカウントが再び制限される

    Billboard JAPAN

    11/1

    カニエ・ウェスト、スケッチャーズのオフィスに無断で現れ締め出しをくらう

    カニエ・ウェスト、スケッチャーズのオフィスに無断で現れ締め出しをくらう

    Billboard JAPAN

    10/27

  • カニエ・ウェスト、6/15リリース予定のナズのアルバムをプロデュース中

    カニエ・ウェスト、6/15リリース予定のナズのアルバムをプロデュース中

    Billboard JAPAN

    4/23

    反対署名が集まったカニエ・ウェストのステージに英コメディアンが乱入し中断

    反対署名が集まったカニエ・ウェストのステージに英コメディアンが乱入し中断

    Billboard JAPAN

    6/29

  • カニエ・ウェストに便乗のラッパー、楽曲も経歴もフェイクと判明

    カニエ・ウェストに便乗のラッパー、楽曲も経歴もフェイクと判明

    Billboard JAPAN

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す