グラミー賞受賞・US出身シンガーソングライターDaya(デイヤ)、EP『In Between Dreams』リリース

2022/10/21 18:10

グラミー賞受賞・US出身シンガーソングライターDaya(デイヤ)、EP『In Between Dreams』リリース
グラミー賞受賞・US出身シンガーソングライターDaya(デイヤ)、EP『In Between Dreams』リリース


 グラミー賞受賞・US出身シンガーソングライターのデイヤが、EP『In Between Dreams』をリリースした。
 デイヤは、2015年のデビュー曲「Hide Away」がBillboard Hot100でTOP30入り、2016年にザ・チェインスモーカーズの「Don’t Let Me Down」にヴォーカルとして参加。第59回グラミー賞「Best Dance Recording」部門を受賞。そして2016年、2017年と来日し、2017年来日時にはサマーソニックに東京、大阪の2都市で出演している。
 初めての一人暮らしを始めたり、長い間付き合っていた恋人と別れたりと、新しい経験が続くなかで見るようになった元恋人との夢。音楽を手段として、何が現実で、何が夢だったのかを明確にしていこうという想いから、「In Between Dreams(夢と夢のあいだで)」というタイトルとなったとデイヤは話す。サウンドも夢を見ているようなドリーミーなポップスに仕上がっている。
 1曲目の「Love You When You're Gone」は、感じている孤独の原因が、ただ孤独なだけなのか、元恋人への恋しさなのかという迷いを歌詞にしたもので、“私があなたを愛するのはあなたがいなくなった時だけ”“ケンカする時のあなた、運転するあなた、私はあなたのことが我慢ならないんだった”と、自分の気持ちを整理しながら振り返った一曲に仕上がっているという。
 2曲目の「New Romantics」では、付き合いたて2週間程度の恋愛の面倒なことが見えず、幸せな時期を表現し、3曲目の「Her」では、新しい相手といながらも、元恋人のことを考えてしまっているという複雑な気持ちを表現。
 また、最後の「See You In My Dreams」は、“この1週間送ることのないごめんねを書いた”“あなたがまた会ってくれるとしたらどの服を着るかも考えた”と、“終わる前に戻って交際を続けたい”という気持ちを歌詞にした曲。EPの全楽曲を通じて、多くの人が共感できる恋愛での感情の機微を描き、曲調は軽快なポップサウンドに仕上がっているとのこと。
 日本のファンに向けては、「早く直接会えることを願っています!」と来日への意欲をコメントしている。

◎リリース情報
EP「In Between Dreams」
2022/10/21 DIGITAL RELEASE

あわせて読みたい

  • ドリカム“裏”ベストヒットライブが映像化!「1本の映画のように造り上げました」

    ドリカム“裏”ベストヒットライブが映像化!「1本の映画のように造り上げました」

    Billboard JAPAN

    5/19

    ザ・ナショナル、今年4月にNYで行ったライブのコンサート・フィルム&EPをリリース

    ザ・ナショナル、今年4月にNYで行ったライブのコンサート・フィルム&EPをリリース

    Billboard JAPAN

    8/20

  • 【第63回グラミー賞】全受賞アーティスト&作品リスト

    【第63回グラミー賞】全受賞アーティスト&作品リスト

    Billboard JAPAN

    3/15

    <ライブレポート>アレサ・フランクリン追悼コンサート【Aretha! A GRAMMY Celebration For The Queen Of Soul】

    <ライブレポート>アレサ・フランクリン追悼コンサート【Aretha! A GRAMMY Celebration For The Queen Of Soul】

    Billboard JAPAN

    1/24

  • ブリング・ミー・ザ・ホライズン、新作EPにBABYMETALとの初コラボレーション楽曲

    ブリング・ミー・ザ・ホライズン、新作EPにBABYMETALとの初コラボレーション楽曲

    Billboard JAPAN

    10/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す