ホールジー、自身のラジオ番組でグウェン・ステファニーへの思いを語る「ずっと大きなインスピレーション」

2022/10/21 13:33

ホールジー、自身のラジオ番組でグウェン・ステファニーへの思いを語る「ずっと大きなインスピレーション」
ホールジー、自身のラジオ番組でグウェン・ステファニーへの思いを語る「ずっと大きなインスピレーション」


 ホールジーが今週、ラジオ・アプリAmpで新番組『Halsey: For the Record』を公開し、初回でグウェン・ステファニーへの尊敬の念を語っている。
 2022年10月17日に公開されたエピソード1で、「グウェンは間違いなくそういうアーティストの一人ですね。自分の音楽が誰の影響を受けているかと聞かれたら」とホールジーは述べており、「グウェンはずっと自分にとって大きなインスピレーションであり続けています。ステージで白いタンクトップを着てローライズ・パンツを履いたり、髪を頭のてっぺんで二つのお団子にしたり、自分でメイクをしたりしているのは、グウェンが昔も今もそうしているからです。彼女は確か化粧品会社も持っていますよね。グウェンに感謝」と続けている。
 ホールジーはさらに、「毎晩ステージに上がる前に、(米カリフォルニア州の)ザ・フォーラムでの【トラジック・キングダム・ライブ】を見るんです。正直に言うと、そういう意味でもインスパイアされているんですよね。ノー・ダウトのレコードは“トラジック・キングダム”で、私のは“ホープレス・ファウンテン・キングダム”。そういう小さなパンくずの跡があちこちにあるんですよ」と明かしている。
 エピソード1のプレイリストには、ノー・ダウトの「スパイダーウェブス」(『トラジック・キングダム』収録)、PJハーヴェイの「ダウン・バイ・ザ・ウォーター」、英ロック・バンドBOAの「Duvet」、ホールジー自身の「ユー・アスクド・フォー・ディス」が含まれていた。
 世界的に大ヒットを記録したノー・ダウトの3rdアルバム『トラジック・キングダム』は1995年10月に、ホールジーの2ndアルバム『ホープレス・ファウンテン・キングダム』は2017年11月にそれぞれリリースされている。両作ともにそのアーティストにとって米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初めての(そして現時点では唯一の)No.1アルバムとなった。グウェンはソロ・アーティストとしては2016年の『ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ・ライク』でNo.1を獲得している。
 ホールジーは8月に、自身がもっとも“dirtbag”(最低)だった頃の写真を投稿するというTikTokの人気トレンド”Teenage Dirtbag”に参加した。グウェンは現在米版『ザ・ヴォイス』シーズン6のコーチを務めている。

あわせて読みたい

  • ホールジー、『ホープレス・ファウンテイン・キングダム』がプラチナ認定に

    ホールジー、『ホープレス・ファウンテイン・キングダム』がプラチナ認定に

    Billboard JAPAN

    5/24

    “原宿ガール”生みの親グウェン・ステファニー 新作リリース&単独来日公演決定

    “原宿ガール”生みの親グウェン・ステファニー 新作リリース&単独来日公演決定

    Billboard JAPAN

    3/3

  • グウェン・ステファニーとブレイク・シェルトンが婚約

    グウェン・ステファニーとブレイク・シェルトンが婚約

    Billboard JAPAN

    10/28

    10年間のブランクを感じさせない、元祖“原宿ガール”グウェン・ステファニーによる色彩豊かな3rdアルバム(Album Review)

    10年間のブランクを感じさせない、元祖“原宿ガール”グウェン・ステファニーによる色彩豊かな3rdアルバム(Album Review)

    Billboard JAPAN

    3/8

  • 豪華アーティスト集結のディズニー新作コンピより、ウットリするような『シンデレラ』の曲公開

    豪華アーティスト集結のディズニー新作コンピより、ウットリするような『シンデレラ』の曲公開

    Billboard JAPAN

    10/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す