マライア・キャリー、1995年に別名義で録音したオルタナ・ロック・アルバムのリリースを計画中

2022/09/20 18:15

マライア・キャリー、1995年に別名義で録音したオルタナ・ロック・アルバムのリリースを計画中
マライア・キャリー、1995年に別名義で録音したオルタナ・ロック・アルバムのリリースを計画中


 マライア・キャリーが、2022年9月16日に公開された米ローリング・ストーンのポッドキャストで、1995年にチック(Chick)という芸名で密かに録音したオルタナティブ・ロック・アルバム『Someone’s Ugly Daughter』(サムワンズ・アグリー・ドーター)のリリース計画について語った。
 マライアは最近、自身のボーカルが前面に出ているバージョンを見つけたことを明かした。彼女は、「そのバージョンを探していたんですが、順調に進んでいます。実際に持っているんです。これは私のはけ口で、誰もそのことを知りませんでした。そのボーカル(音源)を探す旅から何が起こるかはっきり決まるまで、ほとんどの人はむしろ知らない方がいいと思っています」と述べている。
 このグランジ時代のスタジオ・アルバムの存在を初めて彼女が認めたのは、2020年の自伝『ザ・ミーニング・オブ・マライア・キャリー』の中でだった。そこで彼女は、エピック・レコードからリリースされたこの音源には、クラリッサ・デーン(Clarissa Dane)という友人の歌声がフィーチャーされており、「Demented」(ディメンテッド)や「Malibu」(マリブ)といったチックの楽曲のミュージック・ビデオも彼女をメインに撮影されていた。これらの音源でマライアはバック・ボーカルを歌っていた。
 この秘密のプロジェクトは、マライアの5thアルバム『デイドリーム』と並行してレコーディングされた。「“オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー”や“ワン・スウィート・デイ”、最終的には“ファンタジー”とか、その時代の楽曲に取り組んでいる間に、たまたまそこにいたギタリストに”これ弾ける?”と言って(歌い)、(チックの楽曲を)書いていたんですよ」と彼女はポッドキャストで明かしている。
 当時彼女は、このアルバムを本当はそのままリリースしたかったという。「どうでもいいや、私だってことを発見してくれればいい」と思っていたそうだが、「でもその考えは、踏みにじられたり、潰されたり、いろいろあったんですよ。(なので)クラリッサが入って、一緒に1曲書いて、ほかの楽曲にも1曲か2曲参加してくれたんです」と明かしている。
 彼女は今、チック名義のアルバムに“第二の人生”を与えることに前向きで、「この発掘されたバージョンは、そう、私たちが聞くべきものになると思うんです。でも他のアーティストが私と一緒にこのアルバムに取り組んでいるバージョンも作っています。このアルバムを中心に何か作るかもしれません。私には意外な面がたくさんあるんですよ」と語っている。

あわせて読みたい

  • マライア・キャリー、双子の子供と恋人が出演する最新MV「ア・ノー・ノー」公開

    マライア・キャリー、双子の子供と恋人が出演する最新MV「ア・ノー・ノー」公開

    Billboard JAPAN

    3/11

    マライア・キャリー、“クリスマス・ソングの女王”らしい豪華なクリスマスについて語る「本物のトナカイがうちに来る」

    マライア・キャリー、“クリスマス・ソングの女王”らしい豪華なクリスマスについて語る「本物のトナカイがうちに来る」

    Billboard JAPAN

    11/19

  • マライア・キャリー、ニューALについて明かす ラスベガス常設公演延長へ

    マライア・キャリー、ニューALについて明かす ラスベガス常設公演延長へ

    Billboard JAPAN

    8/28

    ササミ、日本の妖怪

    ササミ、日本の妖怪"濡女”にインスパイアされた新作『SQUEEZE』を2022年2月に発売

    Billboard JAPAN

    10/27

  • マライア・キャリー、4年ぶりの来日公演レポ到着! 最新アルバムからの楽曲も披露

    マライア・キャリー、4年ぶりの来日公演レポ到着! 最新アルバムからの楽曲も披露

    Billboard JAPAN

    11/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す