【先ヨミ】Creepy Nuts『アンサンブル・プレイ』がAL首位走行中 円神/Adoが続く

2022/09/08 18:42

【先ヨミ】Creepy Nuts『アンサンブル・プレイ』がAL首位走行中 円神/Adoが続く
【先ヨミ】Creepy Nuts『アンサンブル・プレイ』がAL首位走行中 円神/Adoが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2022年9月5日~9月7日の集計が明らかとなり、Creepy Nutsの『アンサンブル・プレイ』が14,054枚を売り上げ、首位を走っている。
 『アンサンブル・プレイ』はCreepy Nutsの3rdアルバムで、配信シングルとしてリリースされた「ばかまじめ」や「堕天」を含む全12曲が収録されている。同作は現在2位と非常に僅差のため、現在の順位をキープできるか注目だ。
 『アンサンブル・プレイ』を追うのは、円神の1stアルバム『O』で、前半3日間で13,521枚を売り上げている。同作は既存曲6曲を含む全10曲入りで、初回限定盤には「スマイル (Album version)」が追加で収録されている。
 前週2位を記録したAdo『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』が3位に続き、Geroの約2年ぶりとなる6thアルバム『Parade』が初動3日間で6,622枚を売り上げて現在4位に付いている。
 そして、5位にはポルカドットスティングレイの約1年9か月ぶりとなる4thアルバム『踊るように』が初動3日間で5,948枚を売り上げて登場している。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2022年9月5日~9月7日の集計)
1位『アンサンブル・プレイ』Creepy Nuts(14,054枚)
2位『O』円神(13,521枚)
3位『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』Ado(9,349枚)
4位『Parade』Gero(6,622枚)
5位『踊る様に』ポルカドットスティングレイ(5,948枚)
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】ONE OK ROCK『Luxury Disease』がアルバム・セールス首位 Ado/Creepy Nutsが続く

    【ビルボード】ONE OK ROCK『Luxury Disease』がアルバム・セールス首位 Ado/Creepy Nutsが続く

    Billboard JAPAN

    9/13

    【ビルボード】ONE OK ROCK『Luxury Disease』で3作連続の総合アルバム首位獲得

    【ビルボード】ONE OK ROCK『Luxury Disease』で3作連続の総合アルバム首位獲得

    Billboard JAPAN

    9/14

  • 【ビルボード】ONE OK ROCK『Luxury Disease』がDLアルバム首位、CMで話題の中島みゆき『Singles 2000』が浮上

    【ビルボード】ONE OK ROCK『Luxury Disease』がDLアルバム首位、CMで話題の中島みゆき『Singles 2000』が浮上

    Billboard JAPAN

    9/14

    Creepy Nuts、タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」初登場 先着でポスター絵柄のポストカード配付

    Creepy Nuts、タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」初登場 先着でポスター絵柄のポストカード配付

    Billboard JAPAN

    8/25

  • Creepy Nuts、TVアニメ『よふかしのうた』OPテーマの新曲「堕天」配信スタート

    Creepy Nuts、TVアニメ『よふかしのうた』OPテーマの新曲「堕天」配信スタート

    Billboard JAPAN

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す