バンプ/優里/Awichら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】3日目まとめレポ

2022/08/24 14:46

バンプ/優里/Awichら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】3日目まとめレポ
バンプ/優里/Awichら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】3日目まとめレポ


 ロッキング・オン・ジャパンが主催・企画制作する日本最大級の音楽フェスティバル【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】(以下【RIJF】)が、千葉市蘇我スポーツ公園にて8月6日、7日、11日、12日の4日間にわたり開催された。(※13日は台風接近により開催中止)
 2020年および2021年は、新型コロナウイルス流行の影響でやむを得ず中止となった【RIJF】。今年は開催地を茨城県ひたちなかから千葉県蘇我に移し、できる限りの感染対策をすることで3年ぶりの開催に至った。会場では入場時の検温をはじめ、食べ物を持ち込めるエリアの制限や、スタッフによるマスク着用の声かけ、客席の前方エリアは事前抽選にしてディスタンスを確保するなど、さまざまな感染対策が行われた。
 3日目となる11日は、00年代から【RIJF】を支えてきたバンドと、気鋭のヒップホップアクトが並ぶ異種混合なラインナップに。<HILLSIDE STAGE>のトップバッターを務めた(sic)boyは、この日のラインナップを象徴するようなジャンルの垣根を超えたパフォーマンスで開幕を宣言。オープニングの「Akuma Emoji」から空気を切り裂くようなシャウトを響かせ、「(sic)'s sense」では「ロッキン全然足りねえ!」と強気な態度でオーディエンスを煽る。MCは短めに次々と曲を畳みかけ、ストイックなステージで朝一の<HILLSIDE STAGE>を沸かせた。
 真昼の<PARK STAGE>は、2番手の優里を見に来たオーディエンスで超満員。バンドが「ピーターパン」のイントロをセッションするなか、ギターを抱えた優里が登場。そのまま歌い出しへとなだれ込む。「改めまして優里です! 今日は最後までお願いします!」と丁寧に挨拶し、ハンドマイクに切り替えて「花鳥風月」を披露。いつにも増してパワフルな歌唱が、自身初の【RIJF】への意気込みを感じさせる。
 途中のMCでも【RIJF】への特別な思いを伝えていた優里。ラストソング「ベテルギウス」の終盤では、この日集まったオーディエンスと約束を交わした。「僕は10年音楽をやってきましたが、みなさんに知ってもらえるようになったのはコロナ禍になってからです。いつかみなさんと『ベテルギウス』を一緒に歌える日が来るまで音楽を続けます! だからどうかその日まで、応援よろしくお願いします!」
 3日目の昼は、初回の【RIJF 2000】にも出演し13日には2回目の解散を発表したNUMBER GIRL、【RIJF 2001】より20回連続出演しているPOLYSICS(indigo la Endの代打で出演)、今年は個人とグループでのダブル出演となったKREVAといった、【RIJF】に馴染み深いアクトの名演が続いた。そんななか<HILLSIDE STAGE>には今回が初出演となるAwichが登場し、強烈なリリックとスキルフルなラップで【RIJF】のオーディエンスを圧倒した。
 ライブは自身のルーツをありのままに綴った「Queendom」でスタート。自己紹介とともに「今日はロックだけじゃなくて“ヒップホップジャパン”を感じてほしいと思います」と宣言し、自らの運命を選ぶ権利は自分にあることを歌った「どれにしようかな」、地元・沖縄の子供たちに向けて制作された「TSUBASA」など、さまざまなサウンドで今の“ヒップホップジャパン”をレペゼンする。終盤には「みなさんにプレゼントをもってきました」と、ステージ袖からANARCHYが登場し、「やっちまいな feat. ANARCHY」「WHORU? feat. ANARCHY」の2曲をコラボレーション。まさかのサプライズにフロアは熱狂的な盛り上がりを見せ、【RIJF】に新たな歴史を刻んだ。
 大量のメロイックサインに埋め尽くされた夕暮れの<LOTUS STAGE>。マキシマム ザ ホルモンがステージに現れると、オープニング・ナンバー「maximum the hormone」からヘドバンの嵐が巻き起こる。ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)が「お前らの【RIJF】は今日から始まる!」と叫び突入した「恋のメガラバ」では、ステージもフロアも踊ったり頭を振ったりで大騒ぎ。さらに“蘇我という大海原”を制すべく、午前中に出番を終えたCreepy NutsのR指定が“ホルモンの一味”に参加。「爪爪爪」でまくしたてるようなラップを繰り出し、会場の盛り上がりをますます加速させる。MCでは総合プロデューサーの渋谷陽一氏から「(時間)押すなよー」と釘を刺されていることを話しながら、「でもホルモンはダチョウイズムの継承者だから……」(ナヲ/ドラムと女声と姉)と、オーディエンス全員にジャンプを強要するシーンも。ラストソングの「恋のスペルマ」では、LEDスクリーンに振付の映像が流れ、客席一体となって大団円を迎えた。
 3日目の大トリは、第2回目の開催となる【RIJF 2001】から出演し、これまで何度もトリを務めてきたBUMP OF CHICKEN。SEとともにバンドのロゴがLEDスクリーンに映し出されると、客席からは自然と手拍子が巻き起こる。ステージにメンバーが登場し、藤原基央(Vo./Gt.)がギターを掲げると「アカシア」のイントロがスタート。曲中、藤原が「今日一日楽しんできたかい? 俺たちも仲間に入れてくれよ!」と呼びかけると、オーディエンスは手を振って応えた。
 序盤は「K」「天体観測」と初期の楽曲を連続でプレイ。続く「なないろ」では、藤原がアコースティック・ギターに持ち替え、会場にさわやかな風を吹かせた。最新曲「クロノスタシス」では、淡い水色のレーザーライトが客席まで伸び、幻想的な雰囲気に。「才悩人応援歌」では、イントロで増川弘明(Gt.)のギターの音が出ないトラブルに見舞わながらも、「音が出ないときもある」(藤原)と笑いを誘い、もう一度仕切り直して披露された。
 アンコールを意味するスマートフォンのライトが客席一面を埋め尽くすなか、メンバーが再登場。祝祭感たっぷりの「ray」で3日目の【RIJF】は閉幕した。終演後、藤原が残り、久々のフェス出演に際して、今回のイベントにかかわる全スタッフ、全出演アーティスト、そして来場者全員に感謝を伝えた。

 「なんで(今日)フェスができたかわかりますか? 音楽を聞きたいと思う人がいたからだよ。だから音楽は死ななかったんです。フェスを守ったのは君たちです。君たち自身に大きな拍手を!」
Photo:ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022

◎イベント情報
【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】
千葉・千葉市蘇我スポーツ公園
8月6日(土)7日(日)11日(木・祝)12日(金)
※13日(土)は台風接近により開催中止
<セットリスト>
■(sic)boy
01. Akuma Emoji
02. 爆撃機
03. (sic)'s sense
04. Ghost of You
05. living dead!!
06. social phobia
07. Last Dance
08. BLACKOUT SEASON
09. 眠くない街
10. Kill this
11. Heaven's Drive
■優里
01. ピーターパン 
02. 花鳥風月
03. ドライフラワー
04. インフィニティ
05. うぉ
06. 飛行船
07. ベテルギウス
■Awich
01. Queendom
02. Shook Shook
03. NWO
04. どれにしようかな
05. TSUBASA
06. Remember
07. GILA GILA
08. やっちまいな feat. ANARCHY
09. WHORU? feat. ANARCHY
■マキシマム ザ ホルモン
01. maximum the hormone
02. 恋のメガラバ
03. シミ
04. 爪爪爪
05. ぶっ生き返す!!
06. 恋のスペルマ
■BUMP OF CHICKEN
01. アカシア
02. K
03. 天体観測
04. なないろ
05. クロノスタシス
06. 花の名
07. 才悩人応援歌
08. Aurora
EN1. ray

あわせて読みたい

  • UVERworld/ワンオク/BE:FIRSTら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】4日目まとめレポ

    UVERworld/ワンオク/BE:FIRSTら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】4日目まとめレポ

    Billboard JAPAN

    8/24

    King Gnu/あいみょん/miletら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】2日目まとめレポ

    King Gnu/あいみょん/miletら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】2日目まとめレポ

    Billboard JAPAN

    8/24

  • YOASOBI/ミセス/サウシーら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】1日目まとめレポ

    YOASOBI/ミセス/サウシーら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】1日目まとめレポ

    Billboard JAPAN

    8/24

    B'z/マキシマム ザ ホルモン/MONOEYES/Suchmos/Dragon Ash【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】初日レポ<後編>

    B'z/マキシマム ザ ホルモン/MONOEYES/Suchmos/Dragon Ash【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】初日レポ<後編>

    Billboard JAPAN

    8/16

  • ももいろクローバーZ/FLOWER FLOWER/家入レオ/チームしゃちほこ【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】3日目レポ<前編>

    ももいろクローバーZ/FLOWER FLOWER/家入レオ/チームしゃちほこ【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】3日目レポ<前編>

    Billboard JAPAN

    8/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す