King Gnu/あいみょん/miletら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】2日目まとめレポ

2022/08/24 14:46

King Gnu/あいみょん/miletら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】2日目まとめレポ
King Gnu/あいみょん/miletら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】2日目まとめレポ


 ロッキング・オン・ジャパンが主催・企画制作する日本最大級の音楽フェスティバル【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】(以下【RIJF】)が、千葉市蘇我スポーツ公園にて8月6日、7日、11日、12日の4日間にわたり開催された。(※13日は台風接近により開催中止)
 2020年および2021年は、新型コロナウイルス流行の影響でやむを得ず中止となった【RIJF】。今年は開催地を茨城県ひたちなかから千葉県蘇我に移し、できる限りの感染対策をすることで3年ぶりの開催に至った。会場では入場時の検温をはじめ、食べ物を持ち込めるエリアの制限や、スタッフによるマスク着用の声かけ、客席の前方エリアは事前抽選にしてディスタンスを確保するなど、さまざまな感染対策が行われた。
 2日目となる7日のラインナップは、今ヒットチャートを賑わせているアーティストや、ライブハウスを主戦場とする実力派バンドが勢ぞろい。<LOTUS STAGE>のトップバッターには、2020年に初出演する予定だったNovelbrightが満を持して【RIJF】に初登場。開口一番に「ついに来たぜ!」と叫ぶ竹中雄大(Vo.)の好戦的な表情からも、この日のライブにかけるバンドの思いが伝わってくる。【RIJF】の出演をかけたオーディションに落選したことがきっかけで作られた「夜空に舞う鷹のように」など、ライブ映え抜群のドラマティックな楽曲でオーディエンスを沸かせる一方、「愛とか恋とか」のような歌をじっくり聴かせるバラードもためらいなく披露。強気なパフォーマンスとセットリストからは、自分たちの楽曲に対する自信、そしてバンドの底知れぬ野心が垣間見られた。
 「3年ぶりの【RIJF】! 3年間いろいろありましたが、そのすべてを40分に詰め込んで、全員フレデリックのファンにして帰します!」
 そんな頼もしい宣言から始まったフレデリックのライブは、オープニングナンバー「KITAKU BEATS」からライブアレンジをふんだんに盛り込み、<LOTUS STAGE>を揺らす。「40分一本勝負、遊びきれる人どんだけいる?」と「シンセンス」で容赦なくジャンプを煽ったかと思えば、「熱帯夜」ではファンキーなグルーヴを繰り出したり、あらゆるアプローチで畳みかける。2015年の初出演時にも演奏された「愛の迷惑」や、2010年代屈指のフェス・アンセム「オドループ」では、反対方向の<GRASS STAGE>のオーディエンスまでをもクラップで巻き込み、その場にいる全員で音楽を作り出す。その光景は、日本の夏フェスの帰還を象徴するようだった。
 昼下がりの<LOTUS STAGE>には、miletがバックバンドを引っさげて出演。厳かなSEに緊張感が漂うなか、1曲目「inside you」がスタートすると、その神秘的な歌声にオーディエンスは静かに耳を澄ませ、一番を歌い終えたところで客席から自然と拍手が巻き起こった。MCでは一転、「久しぶり【RIJF】! 会いたかったー!」とフランクに挨拶。「Walkin' In My Lane」からはリラックスしたモードに切り替え、ステージ両脇の花道の端まで足を運び、「元気?」と客席に向かって笑顔で手を振る。「Diving Board」では力強く、「Grab the air」では伸びやかに、声色を変えながらその歌声をステージいっぱいに広げるmilet。ライブが始まるころは雲に覆われていた空も、「Grab the air」を歌い終えるころには青空が広がっていた。
 2つのメインステージのうち、<GRASS STAGE>のトリを務めたあいみょんは、ほぼMCなしで計12曲を披露した。オープニングは「君はロックを聴かない」「ハルノヒ」と代表曲を続けて投下し、集まったオーディエンスの心をぎゅっと掴む。中盤はスカのリズムが小気味良い「鯉」、ムーディーな歌唱が印象的な「スーパーガール」、弾き語りからのバンドインで緩急をつけた「愛を伝えたいだとか」など、グルーヴィーなナンバーで“あいみょん沼”のさらに深いところへと引きずり込んでいく。ハンドマイクに切り替えた「夢追いベンガル」では、左右の花道を駆け回りながらフロアも巻き込み大盛り上がり。ラストは「裸の心」を優しく歌い上げ、笑顔でステージを去っていった。
 そして2日目の大トリを飾るのは、<LOTUS STAGE>のKing Gnu。大量のスモークに覆われたステージに勢喜遊(Dr.)が現れ、生ドラムとサンプラーをミックスしながらビートを刻み始める。フロアの期待が高まったところで他のメンバー3人が登場し、そのまま「Slumberland」へとなだれ込むと、何かがはじけたように会場の熱気は一気に覚醒する。今回は新井和輝(Ba.)がコロナウイルス感染のためリモート出演となった【NUMBER SHOT】以来のフェス出演ともあり、メンバーそれぞれ感慨もひとしおな様子。MCではリラックスした表情を見せつつも、演奏は緊張感とエネルギーに満ち溢れていて、オーディエンスもそれに呼応するように腕を突き上げたり、静かに聞き入ったりして彼らの音楽を楽しんでいた。ラストソング「一途」では、常田大希(Gt./Vo.)の激しいカッティングと井口理(Vo./Key.)の歌声が共闘。この日一番の盛り上がりを見せ、大興奮のなか2日目は終了した。
Photo:ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022

◎イベント情報
【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】
千葉・千葉市蘇我スポーツ公園
8月6日(土)7日(日)11日(木・祝)12日(金)
※13日(土)は台風接近により開催中止
<セットリスト>
■Novelbright
01. 開幕宣言
02. Sunny drop
03. seeker
04. 夜空に舞う鷹のように
05. 愛とか恋とか
06. ツキミソウ
07. 青春旗
08. Walking with you
■フレデリック
01. KITAKU BEATS
02. シンセンス
03. オンリーワンダー
04. 熱帯夜
05. 愛の迷惑
06. ジャンキー
07. オドループ
■milet
01. inside you
02. Ashes
03. Walkin' In My Lane
04. Ordinary days
05. Loved By You
06. Always You
07. Diving Board
08. Grab the air
■あいみょん
01. 君はロックを聴かない
02. ハルノヒ
03. ミニスカートとハイライト
04. 愛を知るまでは
05. 鯉
06. スーパーガール
07. 愛を伝えたいだとか
08. 初恋が泣いている
09. 夢追いベンガル
10. 貴方解剖純愛歌~死ね~
11. マリーゴールド
12. 裸の心
■King Gnu
01. Slumberland
02. 飛行艇
03. Sorrows
04. BOY
05. 白日
06. The hole
07. カメレオン
08. Vinyl
09. Prayer X
10. Teenager Forever
11. Flash!!!
12. 雨燦々
13. 逆夢
14. 一途

あわせて読みたい

  • UVERworld/ワンオク/BE:FIRSTら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】4日目まとめレポ

    UVERworld/ワンオク/BE:FIRSTら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】4日目まとめレポ

    Billboard JAPAN

    8/24

    バンプ/優里/Awichら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】3日目まとめレポ

    バンプ/優里/Awichら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】3日目まとめレポ

    Billboard JAPAN

    8/24

  • YOASOBI/ミセス/サウシーら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】1日目まとめレポ

    YOASOBI/ミセス/サウシーら出演 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022】1日目まとめレポ

    Billboard JAPAN

    8/24

    【#RIJF2015】が開幕、椎名林檎の圧巻ステージにはあの男が&初日のトリは[Alexandros]

    【#RIJF2015】が開幕、椎名林檎の圧巻ステージにはあの男が&初日のトリは[Alexandros]

    Billboard JAPAN

    8/3

  • 【#RIJF2015】前半戦終了! MISIA圧倒的なパフォーマンス、星野源がハッピーに大トリを飾る

    【#RIJF2015】前半戦終了! MISIA圧倒的なパフォーマンス、星野源がハッピーに大トリを飾る

    Billboard JAPAN

    8/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す