レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、約1億3千万円のライブ収益を寄付

2022/08/16 18:07

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、約1億3千万円のライブ収益を寄付
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、約1億3千万円のライブ収益を寄付


 現地時間2022年8月15日、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(RATM)が、米ニューヨークで行った5公演の収益の一部を慈善団体へ寄付することを発表した。
 バンドはインスタグラムに投稿した声明で「マディソン・スクエア・ガーデンの5公演でファンが購入したチャリティー・チケットによって、100,000ドル(約1億3千万円)が集まった」と発表し「これらの資金はImmigrant Defence Projectに加え、WhyHunger経由で米NYのNeighbors TogetherとThe Campaign Against Hungerへと寄付される」と説明した。
 政治的主張が強いことで知られているRATMはかねてから様々な運動を支持してきた。6月には、女性が中絶を選択することを保護してきた「ロー対ウェイド裁判」の判決を覆す最高裁の判決を受け、米ウィスコンシン州とイリノイ州のリプロダクティブ・ライツ(生殖権)団体に475,000ドル(約6,400万円)を寄付している。
 RATMはフロントマンのザック・デ・ラ・ロッチャが脚を負傷したため、予定されていた英国・欧州ツアーをキャンセルし、その後、マディソン・スクエア・ガーデンで5公演を開催した。キャンセルとなった13公演の中には、英国の【レディング&リーズ・フェスティバル】でのパフォーマンスも含まれていた。彼らのツアーは、2023年2月の米ニューメキシコ州ラスクルーセス公演から再開する。
 ザックがシカゴ公演で脚を負傷する以外にも今回の再結成ツアーでハプニングが起きている。カナダ・トロント公演ではトム・モレロが「キリング・イン・ザ・ネーム」の演奏中にセキュリティ・スタッフになぎ倒されるという事態が発生した。

あわせて読みたい

  • レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの3人が新スーパーグループ結成

    レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの3人が新スーパーグループ結成

    Billboard JAPAN

    5/19

    『1月12日はなんの日?』レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ザック・デ・ラ・ロッチャの誕生日

    『1月12日はなんの日?』レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ザック・デ・ラ・ロッチャの誕生日

    Billboard JAPAN

    1/12

  • ドレイク、NYアリーナ7公演が完売&総収益約16億円を記録 過去のツアー成績と比較

    ドレイク、NYアリーナ7公演が完売&総収益約16億円を記録 過去のツアー成績と比較

    Billboard JAPAN

    10/19

    アタリ・ティーンエイジ・ライオット 新作を3月に世界先行発売、トレイラーも解禁

    アタリ・ティーンエイジ・ライオット 新作を3月に世界先行発売、トレイラーも解禁

    Billboard JAPAN

    1/29

  • ポール・マッカートニーの【ワン・オン・ワン・ツアー】、2017年の総収益が約149億円を突破

    ポール・マッカートニーの【ワン・オン・ワン・ツアー】、2017年の総収益が約149億円を突破

    Billboard JAPAN

    12/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す